スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第163回松本人志の放送室 - 06_2:初オンエア「チキンライス」

松本:初めて聴いた。
高須:いい曲でしょう?
松本:すごい。
高須:ねえ。いい曲でしょうって俺が言うのもおかしな話ですけども。これ。
松本:いや、すごいね。
高須:うーん。やっぱ、マッキー、ちゃんとね。
松本:ねえ。だからな、俺、初めてかもわからんねん。あの、こういう、、、言い方悪いけど自分の中で納得してへんものを提出したのね。
高須:あー。はい。はい。
松本:要するに。
高須:うん。
松本:そのう、、、前も、まあ、ちらっとそんなこと言うたかもしれんけど、
高須:うん。
松本:詩に関しては、俺は100%納得してないねん。
高須:うん。
松本:で、どっかで思うたのよ。
高須:うん。
松本:できるわけないなって。
高須:うん。だからこの辺でええやろうと思った。
松本:そうやねん。あのう、「この辺でええやろう」…、まあ、そうやねん。この辺でええねやろう、やけども、
高須:うん。
松本:こんなもん、俺が100%、100点の詞を書ける、その技術がないんやから。
高須:うん。知らんがなと。
松本:はははは、知らんがなと。
高須:うん。
松本:だから、ある種こんだけ、まあ、未完成なものを提出したのって、俺、初めてで。
高須:うん。
松本:いや、こういう、
高須:でも、こう聴くと、
松本:うん。
高須:その、「あ、うるっとくる」とかっていうのも、
松本:ええ?
高須:みんな言うてるよ。何人か。
松本:うーん。
高須:「あー、なんか、こう、じーんとくるなあ」とかっていうのは。
松本:あー。だからね、やっぱりね、未完成でもええねんな。未完成でも一生懸命やってたら伝わんねんな。
高須:そう、そう。俺、あのう、最初、松本のを見た時に、
松本:うん。
高須:あのう、あ、泥臭いと思ったのよ。ある種。
松本:うん。
高須:ああ、やっぱり、その、時代感とあの地域性と言うか、まあ、俺らが尼で育った、俺もわかるから。あ、ちょっと泥臭いとこ入ってんねんな。だから、こうやって、これぐらいのことの詩をマッキーはどんな歌にするねやろうと思った時に、
松本:うーん。
高須:マッキーが入ったら、
松本:うん。
高須:まあ、マッキーのメロディに乗したら、
松本:うん。
高須:やっぱり、くさみがないねん。
松本:あのう、あれやわ。
高須:ことばに。
松本:ほんとにね、あさりの潮、あの、砂吐かすみたいなね。
高須:そう。
松本:1回洗面器に、一晩つけてたみたいな、
高須:いや、ほんまに。ほんまに。
松本:感じやな。はははは。
高須:ほんまに。
松本:いや、ほんま、ほんま。
高須:あの、字で見ると、
松本:うん。
高須:すごく、こう、泥臭い部分もたくさんあんねんけど、
松本:うん。
高須:それがほんまにな、
松本:なんやろう?でもね、基本的にはあんま、何にも変わってなくて。
高須:変わってないねんな。だから、それがすごいと思って。
松本:俺、もうちょっと詩変えてなって、全然ええからって言って。
高須:うん。いや、あのメロディ。松本の、あの、最初の詞も、
松本:うん。
高須:そのアルバムには入ってありますよ。
松本:うん。
高須:アルバムって言うか、その、CDの中には、
松本:うーん。
高須:販売、発売されるやつには入ってますよ。

← 第163回2004.11.11 - 06_1:初オンエア「チキンライス」 | → 第163回2004.11.11 - 06_3:初オンエア「チキンライス」~未完成の素晴らしさ


☆今週の曲 Amazon

■チキンライス / 浜田雅功と槇原敬之
「HEY!HEY!HEY!」にマッキーが出演した際に企画が生まれ、2003.11.17にリリースになったクリスマスソング。放送室では、松ちゃんが沖縄で詞を書き、曲はマッキーが北海道で作り上げたことなども語られました。「貧乏って何って考える へこんだとこへこんだ分だけ笑いで満たすしかなかったあの頃」
CDには松ちゃん直筆のオリジナル詞の封入も。ジャケットの撮影場所はダウンタウンと高須さんの母校・潮小学校です。
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/990-37097b8e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。