スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第162回松本人志の放送室 - 07_2:「子どもってあほやなあ」~エア自転車

ダウンタウン松本人志の放送室第162回:「子どもってあほやなあ」~エア自転車 (24:15~)
高須:俺の親父が、前、言うたかな、俺の親父が沢田研二やったらいうの思ったことあったもん。1回。
松本:はははははは。
高須:俺の親父が沢田研二やったら、みんなが見に来て、
松本:はははははは。
高須:「ジュリーや、ジュリーや」言われて。
松本:あはははははは。
高須:で、俺がその子どもで、
松本:あはははははは。
高須:どんな感じでいくかみたいなとこまで。
松本:ジュリーの子どもやいうことで。
高須:ジュリーの子どもやいうことで、
松本:うん。
高須:どうやってええ感じでいくかみたいな感じの、リアルに考えたことあったわ。俺。
二人:ははははははは。
高須:ジュリーの子どもやったらなあーと思ってたもん。俺。
二人:あはははははは!
松本:自分がジュリーにはなれへんかったんや。
高須:なれへんかった。俺、ジュリーの子ども、親父がジュリーであってほしかったんや。俺の親父が。
松本:あー。なるほどなー。
高須:うん。そういう下で、学校行きたかってん。小学校へ。
松本:そういう触れ込みのもとね。
高須:そう。で、みんな、あんまり言えへんけど、
松本:うん。
高須:「実はあいつ、ジュリーの息子や」言うて、「えっー!?」って。
松本:「もう、あんまり、」
高須:「あんまり言わんといてな。」
松本:「あんまり、言わんといてな。」
高須:でも、女の子は、
松本:うん。
高須:もう、ほぼ、ごっつ、ごっつ俺の見る目が違うみたいな。
松本:あ、ばれてんねや。
高須:「やっぱりジュリーの子は違うな」みたいな感じでちょっとモテる、みたいな。
二人:はははははははは。
高須:あほやで。
二人:はははははははは。(ドン、ドン←机を叩く音?)
高須:俺、そんなこと、俺、思ってたわ。
松本:あったなー。
高須:あったなあ。
松本:俺、ほんまに改造人間にされたい時あったなー。
高須:ははははははは!
松本:ははははははは。
高須:あー。
松本:「連れ去られへんかなあー」って。
高須:あー。
松本:「こんな道迷ったら、」
高須:はははははは。
松本:「この、こんな道に入ったら、」
高須:「ひょっとして?!」
松本:「ひょっとしたら、ショッカーに連れ去れるんちゃうんか?!シャレならんわー!」思いながら歩いてたよな。
二人:あははははははは。(パン、パン、パン、パン←手を叩く音?)
高須:あほ丸出しや。
松本:「これ以上は、ほんーまにシャレならん」と。
高須:「やばい」。うん。あった、あった。「こっから先は、ほんま、やばいかもしれへんで!」っていうの、あったよな。
二人:はははははははは。(ドン←机を叩く音?)
高須:そんなん思ってたなあー。
松本:ライダー少年隊に入りたかったやろう?
高須:入りたかったよー。
松本:「俺が入ったら、」
高須:うん。
松本:「ほんーまにライダーの」、
高須:うん。
松本:「役に立つ」と思ってたもん。
高須:うん。「右腕になる」と思ったもんな。
松本:はははははは。
高須:「いいことできるのに。俺ー」と思ったわあー。
松本:はははははは。
高須:思ったなあー。
松本:思ったなあー。はははは。
高須:ものすごい、思ったわあー。
松本:あほやもんなあ。
高須:うーん。
松本:はははは。
高須:やっぱ、夢を持ってたんやな。ある意味な。
松本:ある意味、持ってたよ。
高須:子どもの頃って、すごいな。
松本:うん。
高須:もう、今、そんなこと思えへんやんか。誰も。
松本:だって、俺、言ったやろう?
高須:何?何?
松本:自転車欲しくて、
高須:うん。
松本:買ってもらわれへんかった時に、
高須:うん。うん。
松本:自転車乗ってたもん。自分で。
高須:ははははははは。
松本:町内。
高須:怖いなー。
松本:ほんまにこいで、こいで走ってたもん。
高須:こわあー。あははははは。こわあっー!
松本:ははははは。うん。
高須:もう、こうやって?
松本:こう、こいで走ってたよ。
高須:えっー?!
松本:ほいで、あのー、薄暗なったら、足でガシャンってやってたもん。
高須:うわあっー!
松本:あのー、
高須:怖い子や!この子。
松本:あれをな。あれ、何ていう名称か知らんけど、
高須:うん。
松本:あれをガシャンってやってたもん。
高須:うん。
松本:で、あれがガシャンなんねんな。
高須:うん。なる。なる。
松本:ほいで、あれが、
高須:「あれ、あれ」って、わからへん。
二人:ははははははは。
松本:あれがタイヤにすれて、
高須:うん。
松本:ウーン、
高須:ウーン。
松本:いうて、点くやんか。
高須:なる。なる。なる。点く。点く。
松本:あれをしてたもん。
高須:えー?!自分。
松本:あれをな。あれ。
高須:いや、「あれ」多いっつうねん。「あれ」。
二人:はははははは。
松本:やってたなあー。
高須:いや、でも、そんなんおかんが見たら、なんか、こう、愛おしいんやろなあ。「人志、かわいらしいなー」って思う、
松本:切なーくなったかなあ。
高須:なったと思うで。
松本:そうかあー、、、そうやなあー。
高須:曲、行っとこか。えー、「ひまわり娘」。伊藤美咲。あ、咲子。
松本:うわ。あはは!伊東美咲、
伊東美咲
高須:伊東美咲言うてもうた。
二人:あはははははは!
高須:伊藤咲子。
松本:ははははははは。

◇関連トーク
ジュリーをものまね!
2008.8.23放送 第360回 - 03:斬新!松ちゃんのものまね04:たかすちゃんもものまね?!

「改造人間にされたくて」。
2008.8.23放送 第360回 - 08:その頃、松ちゃんが憧れていたもの

← 第162回2004.11.4 - 07_1:子どもってあほやなあ」~「ヒトシ マツモート!」 | → 第162回2004.11.4 - 08_1:給食の思い出


☆クローズアップ Amazon

■ジュリー
「ガキ」に登場した岸部四郎さんもメンバーだったザ・タイガース、そしてソロでも熱狂的な人気を博したジュリーこと沢田研二さん。色艶を感じさせる歌声だけでなく、当時は画期的だったメイクや独創的なファッションも常に話題の的。左はなんと全80曲、6時間半のベストライブ!放送室で流れた「勝手にしやがれ」をはじめ、「ストリッパー」「カサブランカ・ダンディ」「時の過ぎゆくままに」「TOKIO」…。大ヒット曲がたっぷり!今聴いても、ほんとカッコイイです!
もっと詳しく見る


■ライダー少年隊
仮面ライダーは、悪の組織ショッカーにさらわれ改造人間にされてしまうも仮面ライダーに変身し立ち向かい戦う活躍を描いた物語。巨匠・石ノ森章太郎さん原作です。主人公の本郷猛を、今週トークの挙がった藤岡弘、さんが演じています。松ちゃんは第360回でも「改造人間にされたくて人気のないとこ歩いたりしたことありますけど」とトークしています。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/973-699cb028

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。