スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第208回松本人志の放送室 - 05:「1人で寝んの怖いねん」

ダウンタウン松本人志の放送室第208回:「1人で寝んの怖いねん」 (15:35~)
松本:山崎も、でも、いびきかくようなってねー。
高須:あ、太ったからね。
松本:うん。
高須:太ったからやろう。
松本:だから、もう、誰と寝てもうるさいんや。
高須:うーん。俺もいびきかくからね。
松本:うん。
高須:酒飲んだら。もう。
松本:と言って、俺、1人で寝んの怖いんでね。
高須:うん。
松本:2部屋取ってたんですけど。
高須:1人で寝んのが怖い?
松本:1人で寝んの怖いねん。
高須:えー?!
松本:あかんねん。俺。
高須:よそ行ったら?
松本:うーん、まあ、そやな。
高須:へたれやなー!
松本:あの、ひどい時は家でもあかんねんけどね。
高須:ええっー?!
松本:ちょっと明るい感じに。
高須:「あれ?今日ちょっとおかしい。何か嫌な感じがする」。
松本:うん。ある、ある、ある。あんねん。
高須:そういう時あるやんか。
松本:あんねん、あんねん。
高須:それは、
松本:あの、ちょっと、本で怖いの見てまうと、
高須:ある、ある。ある、ある、ある。うん。
松本:しばらくあかんようになんねん。
高須:そのイメージが付きすぎるからな。
松本:そう。付きすぎて。
高須:どこおっても、「あれ?」、
松本:やろう?
高須:「何かおかしい。嫌や。」
松本:うわ。もう、それ、もう、めっちゃあんねん。
高須:あ。それはほんまにあるんやろうな。
松本:あんねん。
高須:何かほんまに。
松本:俺、だから、
高須:うん。
松本:すごい嫌やったんが、
高須:うん。
松本:例えば、
高須:うん。
松本:なんか、女が泊まりに来るでしょう?
高須:はははは。うん。
松本:ほいでね、
高須:うん。
松本:基本的には真っ暗にしたいねん。
高須:うん。うん。
松本:そっちのほうがゆっくり寝れんのは、
高須:寝れる。間違いない。
松本:もう、もう、わかっとんねん。
高須:うん。わかってる。
松本:それはわかっとんねんけど、
高須:うん。
松本:1人の時に、
高須:うん。
松本:真っ暗にすんのは、やっぱ、ちょっと怖いねん。
高須:ええっー?!
松本:怖いねんな。でも、女が泊まりに来た時は、あのう、1人じゃないから、
高須:うん。
松本:怖ないねん。
高須:うん。
松本:その時は、
高須:うん。
松本:もう、真っ暗にできんねん。
高須:なるほど。
松本:で、「うわあ。真っ暗にできるわー」と思うねんけど、
高須:うん。
松本:ちょっと、そのう、女がさ、
高須:うん。
松本:夜中にぱっと起きて、
高須:うん。
松本:トイレみたいな行きよるやんか。
高須:うん。行く。行くね。
松本:その間、ごっつ怖いねん。
高須:ええっー!?
松本:目覚めてまうねん。で、早よ戻ってこいやって思うねん。
高須:ちょっと。
松本:でも、もう、眠たいねん。
高須:うん。ははははは。
松本:今、ちょっと目開いただけなんで。
高須:ははははは。
松本:怖いねん。
高須:なんやねん。
松本:でも、眠たいねん。
二人:ははははははは。
高須:腹立つわー。
松本:早よ戻ってこいや!みたいに、でも、もう、
高須:目は、うん。
松本:目はもう、ぐらんぐらんきてんねんで。
高須:ぐらんぐらん。はははははは。
松本:でも、怖いねん。
高須:なんやねん!それ。
二人:ははははははは。
高須:ああ、そう。
松本:ない?
高須:そこまで怖いの、僕、ないですね。
松本:いや、俺も最近は大丈夫やねんで。
高須:あー。
松本:でも、ホテルはあかんねん。
高須:ああ。そう?
松本:ホテルはあかんねん。やっぱり、ちょっと、1人で寝れへんねん。

◇関連トーク:松ちゃん宅のこわーい?!話。
2008.5.24放送 第347回松本人志の放送室 - 03_1:大なり小なり | その2 | その3

← 第208回2005.9.18 - 04_2:松ちゃんの夏休み沖縄旅行~あずみのいびき | → 第208回2005.9.18 - 06_1:体罰を考える


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/938-76ba02e2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。