スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第182回松本人志の放送室 - 10_4:お笑いでのポジショニング

高須:いや、ほんまね、それ、
松本:いや、ほんまやで。
高須:そういう人おるなあ。いや、自分の周りにいてる?あの、芸人で。
松本:あのうー、浮き芸をもう少し、
高須:うん。
松本:あのうー、
高須:広げたら。
松本:具体化していきたいんやけども、
高須:はい。はい。はい。はい。
松本:えー、関根さんっていうのは浮き芸じゃないんでしょう?
高須:いや、でも、ちょっと浮き芸の位置をまだ持ってんねん。で、
松本:あっちもあるやんか。
高須:フェアウェイ寄りやけど。
松本:浮き芸じゃなく、
高須:うん。
松本:うー、、、グリーン狙いじゃない、
高須:うん。
松本:人っておるやんか。
高須:おる。おる。おる。おる。おる。
松本:あのう、あのグループがあるやんか。
高須:「あのグループ」、どのグループ?
松本:あのグループ。
高須:どのグループよ?だから。
松本:だから、関根さんとか、
高須:おるよ。おるよ。
松本:今田とか、
高須:おるよ。
松本:あの辺のグループおるやんかあー。
高須:でも、今ちゃんと、
松本:あの辺のグループも、なかなかあれ。
高須:今ちゃんと、
松本:うん。
高須:関根さんは微妙に立ち位置が違うで。たぶん。
松本:うん。
高須:関根さんって、もっと自由で、すべってもええみたいな感じやもん。
松本:あー。関根さんはもっと、もっとそうか。
高須:そうや。だから浮き芸入ってんねん。ちょっと、あの、気質は。
松本:そうやなああ。
高須:すべってもええねん。ものまね何でもすんねんもん。
松本:うん。今田は、やっぱ、あれほど、
高須:やっぱりな、はめてくるから。すべられへんから。今ちゃん。
松本:爪先立ちみたいなとこあんねん。
高須:爪先立ち、ははははは、みたいなとこあるから。
松本:トゥーシューズや。
高須:そう。べた足で来られへんから。
松本:でも、それって、みんな、ほんまにそうやろうと思ってやったわけでもないと思うのよなあー。
高須:ないねん。だから、そういう人って、そのなあ、もう、神様の授かりもんやねん。そのキャラは。
松本:俺な、だからな、あのう、おもしろいと思うよ。で、俺、好きやけど、
高須:うん。
松本:くりぃむしちゅーも、
高須:うん。
松本:ちょっと、どうなんかなあっていうとこが、ちょっとあってね。
高須:くりぃむは、
松本:くりぃむは、やっぱり、ラフにおったほうがよかったのに、
高須:そうやねん。
松本:なんか、こう、グリーンに出されたなあって感じがすんねんなあ。
高須:そうやねん。有田がほんまは浮き芸の位置におったのよ。でも、もう、有田、なんか知らんけど、浮き芸でやってたらあかんみたいな位置にされてもうてん。
松本:されてもうてん。
高須:丸裸にされてもうてん。ばっーと1回。
松本:そうやねん。
高須:この服着いって、服変えられてもうたんや。
松本:ははははは。うん。
高須:したら、ちょっと、あれ?自由さがなくなったなと思われてまうねん。かわいそうに。
松本:自由さがなくなった。
高須:勝手にやってたのに。
松本:自由さがなくなった。
高須:好き勝手やってたのに。
松本:そう。
高須:そうやねん。
松本:な。
高須:今、アンタッチャブルも、山崎も、
松本:うん。
高須:結構、そう、浮き芸やったのに、
松本:はい。はい。はい。
高須:ちょっとこう、
松本:はい。
高須:フェアウェイ行けって言われて、
松本:わかります。わかります。
高須:身動きとられへんようになってきてんねん。
松本:わかります。
高須:な。
松本:わかります。
高須:で、今、一番ええ感じでおんのが、
松本:うん。
高須:俺は、なんか、矢作やなあと思って。
松本:ああー。
高須:おぎやはぎの矢作がなんか、
松本:ええなあ。
高須:自由やなあ、こいつ。
松本:でも、あいつらは、やっぱり、くりぃむしちゅー、
高須:になりたい。
松本:になりたいとは思ってると思うねんねえ。
高須:そら、そうやねん。ゴールデンほしいし。そら、そうやねん。そこに甘んじておろうとは思えへん。
松本:そら、そうやな。そら、おいしいもん食べたいもんね。
高須:食べたい。濱口もそうや。どっちか言うたら。よゐこの濱口も、あれ、どっちか言うたら、もう、
松本:うん。うん。
高須:別に、
松本:うん。
高須:フェアウェイ行かへんけども、
松本:うん。うん。
高須:自由でええと。
松本:うん。だから、、、うーん。
高須:難しいねんな。
松本:難しい。本人の望む望まざるに関わらず、
高須:そうやねん。
松本:「売れちゃう」みたいなことがあるからなあー。
高須:難しいなあ。
松本:うーん、、、
高須:だから、笑いでいくと、どの時の、あのう、まあ、有田がええかって言うと、
松本:うーん。うーん。
高須:そのう、ラフの時の有田の方がほんまおもしろかったと思うわ。
松本:うーん。
高須:ど真ん中で、「有田、さあ、おもしろいこと言ってくれ!」って言われると、
松本:うん。
高須:違うもん。有田の芸風って。
松本:うん。そうやねん。
高須:ふわふわしてる時に、すっと「おまえ、もうええねん」って言うて、
松本:うん。
高須:ボケとんねんもん。
松本:うん。そうやねんなあ。
高須:うーん。だから難しいな。
松本:いやあ、難しい!
高須:難しい。
松本:だから「うれる、うれる」言うて、購買の「売」の字を考えてまうねんけど、果物の「熟れる」の場合があるんですよ。
高須:おおー!
松本:ね。もう、これ、腐ってきますからね。これ。
高須:なるほどー。
松本:早よせんと。
高須:なるほど。なるほどね。
松本:どう?これ!
高須:…え、どういうこと?
松本:このように、
二人:あははははははは!
高須:大体で攻めてくるけども。
松本:あはははははは!
高須:ははははは、大体でわかれみたいなこと言うけども、
二人:あはははははは。
松本:図2を見てもろうたら、わかる通り、
二人:ははははははは。
高須:だから、言うてくれ言うねん。
二人:ははははははは。

← 第182回2005.3.24 - 10_3:お笑いでのポジショニング | → 第182回2005.3.24 - 10_5:お笑いでのポジショニング


☆クローズアップ Amazon

■関根勤さん
関根さんは「笑ってはいけない新聞社」でもまのまねを披露!そして「生まれ変わるなら優香ちゃんの赤ちゃん」などなど妄想トークも魅力。左はそんな関根さんが「妄想だけでやりきる」ライブ「妄想力」。お客さんが投げかけるお題に即興で返す!そこにあるのは妄想という創造力だけ!「東」「西」「南」「北」がリリースされています。企画は放送室でもおなじみの倉本美津留さん。また「アメトーーク」第5巻の関根さん特典も必見です!
もっと詳しく見る


■くりぃむしちゅー
「邪悪なお兄さん・海砂利水魚」だったお二人。さまぁ~ずと同じくウッチャンの番組企画で改名し、その後大ブレイクしました。左は4年間続いた初冠番組「くりぃむナントカ」。くりぃむ自らが企画、本人もサプライズ登場した「長渕ファン」「堀越のりちゃん」…深夜らしいはっちゃけぶりが最高!大木アナもかわいいです♪
もっと詳しく見る



■よゐこ濱口優さん
「リンカーン フレンドリーダウンタウン」などで共演。珍しくコンビそれぞれに「すべらない話」にも登場します。左はミランカで限定配信されたトークライブ「よゐこの大事なこと、全部決めます!」。リハーサルなしで舞台に登場、ゲストもなし!テレビではなかなか観ることのない二人のトークを堪能できる1本です。本番前の様子や打ち上げなど、オフショットも満載です!
もっと詳しく見る



■アンタッチャブル、おぎやはぎ
おぎやはぎのお二人とは「リンカーン」で頻繁に共演。アンタッチャブルも「説教先生」に登場しました。山崎さんは「すべらない話 ゴールデンSP」にも。「アメトーーク」主演の回では、憧れはダウンタウンと語っていました。左は、他アンジャッシュ、ドランクドラゴンとの「バカヂカラ」豪華メンバーの新作コントが満載です! アンタッチャブルの 「~っていうか、断わりゃよかった。」ではトークも存分に楽しめます!
もっと詳しく見る



■今田耕司さん
放送室では、そのきれい好きさ、「ごっつ」でのエピソード、また松ちゃんから珍しく厳しく、でも温かい思いなどが語れた今田さん。09年、「しんぼる」の沖縄での記者会見直後に行われた「ダウンタウンDX SP」では久しぶりの共演が話題になりました。「やりすぎ公式ブック」は限定で生写真がもらえます♪
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/925-663c3bdf

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。