スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第211回松本人志の放送室 - 05_2:懐かしの作品~懐かしさに負けないもの

ダウンタウン松本人志の放送室第211回:懐かしの作品~懐かしさに負けないもの (12:20~)
松本:やっぱり、最初の懐かしさだけで終わってまうねん。
高須:そうですね。
松本:ね。だから、昔のバラエティでも、まあ、別になんやとは言いませんけど、
高須:うん。うん。
松本:「あれがまたDVDで復活」とか言うて、
高須:うん。
松本:あのう、なんや、正直ね、
高須:うん。
松本:「ごっつ」「ガキ」が売れてるからって調子乗ってやりますけど、
高須:うん。
松本:観れるかっちゅう話なんですよ。果たして。
高須:観れるでしょう。
松本:いやあ!僕は観れないと思いますね。いや、まあ、その、物によりますけどね。
高須:ブッー!
二人:はははははは。
高須:まあ、
松本:「ごっつ」「ガキ」は観れますよ。
高須:うん。
松本:やっぱり、それは、
高須:うん。
松本:懐かしさだけのもんじゃないですから。
高須:うーん。まあね。そう。そう。おもしろいものを追求してますから。一応ね。
松本:そう。
高須:あんまり、流行り廃りじゃないもので。
松本:懐かしさに負けてないですから。おもしろさが。
高須:うん。

◇関連トーク:「ごっつ」DVD化にあたり、作品を振り返る。
2003.5.15放送 第85回 - 03_1:「ごっつ」のDVD | その2 | その3

← 第211回2005.10.8 - 05_1:懐かしの作品~「前略おふくろ様」「ジャイアントロボ」 | → 第211回2005.10.8 - 06:北の国から」の感涙シーンは?


☆クローズアップ Amazon

■ガキの使い
このトークの3年後、宮迫さんたちが暴露話を披露した「芸能部」や、笑瓶さん率いる「レスリング部」の裏話が一早くトークされたのが「笑ってはいけない新聞社」。放送室終了前、08年大晦日に放送されました。さすが初の大型特番「年越し6時間SP」。美人?!藤原記者に導かれて乗ったバスに始まり、深夜はヘイポーさんの新たな迷言「どうしたの~!」が響き渡る!怒涛の仕掛けが次々登場!左のDVDでもう一度★恒例の「あの時は…」ももちろん収録されています!
もっと詳しく見る


そして同時に「山崎vsモリマン」も再び!小池栄子ちゃんの花束贈呈をはじめ、ゲストも企画も豪華盛りだくさん!菅総統率いる「スガッスル」、スペシャルレフェリーのケンコバさんに世界のナベアツ、助っ人?のタイガーマスク、北斗晶さん。ダイナマイト四国のスペシャルマッチには、「私の元ダーリンをいじめるやつは許さないー!」とキューティー元四国がサプライズ参戦!過去の名作リベンジマッチ2回や、みんなで選ぶベストシーン、山ちゃん&菅さんビッグ対談など特典も◎。「笑ってはいけない新聞社」とセット購入で「ガースー黒光新聞社」特製グッズがもらえます♪
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/907-10c2971d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。