スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第207回松本人志の放送室 - 08_1:山ちゃん~「魚ってそういないですね」

ダウンタウン松本人志の放送室第207回:山ちゃん~「魚ってそういないですね」 (7:00~)
松本:ちょっとね、
高須:はい。
松本:こいつらもね、
高須:うん。
松本:こんな風に見えましてね、
高須:うん。
松本:意外と忙しいんでね。
高須:もう、早くしないと、
松本:電話する時間もね、限られてきてるんですよ。
高須:ちょっと電話してみましょうか。
松本:ええ。ええ。はい。はい。
高須:大阪ですからねー。(山ちゃんに電話)
松本:大阪か。いや、これ、嫌やなあ。俺も何度かこういう電話かかってくる体験したことあるけど、意外と嫌やで。
高須:嫌でしょう。
松本:現場の空気、前後があんまわからんしね。
(♪プルルルル)
山里:あ、マスマスー。
二人:あはははは。 
高須:ちょっと待って。これ、
松本:自分、テーマ、はははは、
高須:テーマ言わんと。これ。ごめんねー。
松本:あはははははは!あはははははは!
山里:はい?
高須:山ちゃんのテーマ、魚類ね、魚類ね。ごめん、ごめん。
松本:あはははははは!
山里:あ、すべてが悪い方へ行ってしまいましたか?
高須:ごめん、ごめん、ごめん、ごめん!
松本:あはははははは!(パン、パン、パン、パン←手を叩く音?)かわいそう!はははははは。
高須:山ちゃん、ごめんねー。
松本:あははははは!
山里:あー、いえ、全然、もう。あー、入り口でつまずいてしまったー。
高須:あははははは。
松本:いや、いや、いや、いや!君が悪いんやないんや。
高須:大丈夫。
山里:はい。
松本:君が悪いんやないんやけどな。
山里:はい。
高須:はじめまして。高須です。
山里:あ、どうも、はじめましてー。私、山里と申しますー。
高須:あー、知ってる、知ってる。僕、テレビ観てるよー。
山里:あー、ありがたいお言葉でー。
二人:あはははは。
山里:ええ。
松本:よろしくね。
山里:あ、よろしくお願いしマスー。ははははは。
松本:松本やで。この間、ありがとうね。
山里:あ、
松本:「DX」。
山里:先日はありがとうございました。ほんとにもー。
松本:どんな感じやった?本番。
山里:いや、すごくねー、
二人:うん。
山里:緊張してしまいまいて。
二人:ええ。
山里:もうね、皆さん、あのう、僕なんかとね、
松本:うん。
山里:クラゲものにならないぐらい、すごい人がいたんでー。
高須:「クラゲものにならない」、なるほど。
山里:はい。
松本:はははははは。
高須:そう?俺は全然やれてると思うけども?
松本:うーん。大丈夫やったで。
山里:いやあ。いや、そんな、もうね、そんなお二人からそんなイカしたことを言ってもらえると思わなかったんで。
高須:ははははは。
松本:しずちゃんは何か言うてた?
山里:しずちゃんもですねー、
松本:うん。
山里:あの時、もう、会場の雰囲気がよすぎて、
二人:うん。
山里:おもしろいことがヒラメくヒラメくって言って。
高須:あー。「ヒラメく、ヒラメく」?
松本:はははははは。
山里:ヒラメく、ヒラメくって言ってまして。
高須:はあー。すごい。そうやったんや。なるほどね。
松本:あ、そうなんやー。それ、よかったわ。
高須:うん。
山里:正直ね、ほんとに、
高須:山ちゃんて、いくつなの?
山里:僕はですね、
高須:うん。
松本:うん。
山里:28歳です、タイ。
高須:あはははは。
松本:はははははは。
高須:え、どこ出身?
山里:はい。あのう、千葉県です。
高須:あ、千葉県やね。
山里:はい。
高須:びっくりした。なんか、
松本:あ、そこは普通なんや。
高須:ははははは。
松本:はははははは。
高須:いや、なんか、ほら、
山里:はい。
高須:なんか、なまりが出た感じがしたから。
松本:うん。
山里:あ、そうですね。ちょっとなまりが入ってるんで。
高須:ああ、そうなんや。
松本:おー。おー。おー。
山里:母方が九州のほうなもんですタイ。
高須:あー、ははははは、なるほどね。
松本:ははははははは。
山里:はい。そうですタイ。
高須:母方が、はははは、九州?
松本:やのに、「タイ」なんや。
二人:あははははは。
山里:そうですタイ。
高須:なるほどね。
山里:はい。
松本:え、この世界入って来たんは?もう、何?学生からすぐこっちに入って来たわけ?
山里:そうですね。あのう、大学の時に、
松本:ええ。
山里:あの、ちょっとね、
二人:うん。
山里:このままじゃ人生だめだと思って、
二人:うん。
山里:カレイに舞いたいなんて思って、
高須:ほう。
松本:ははははは。
山里:この業界に、
高須:なるほど。
山里:飛び込んだんです、タイ。
高須:あはははは!
松本:ははははは、
山里:はい。
高須:出てるで!また。
松本:はははははは。
山里:あ、また出てました?
高須:なまりが。
松本:はははははは。
山里:すいません。ほんとに。
高須:注意せんとー。
山里:いやあ。
松本:へえー。
山里:はい。
高須:はははははは。
松本:ほいで?
山里:はい。
松本:もう、何?コンビは元々しずちゃんと組んでたんかいな?
山里:いえ、違うんです。あのう、元々は
高須:うん。
山里:僕は、
高須:うん。
山里:1人でやってたんですよ。
高須:へえー。
松本:ほおー。
山里:はい。そのう、1人で、あの、「イタリア人」っていう芸名でやってまして。
二人:うん。
山里:それでその時に、あの、1回もうけたことがなくてですね、
二人:うん。
山里:これはやばいなと、
二人:うん。
山里:思いまして、
高須:あはははは。
松本:ええ。
山里:しずちゃんっていう人を誘いに行ったんですタイ。
二人:ははははは!
松本:長いこと出てないなあー。
高須:あははははは!
松本:はははははは。
高須:ずーっと見ながら、もう、足元探り探り歩いたけど。
山里:あははははは。
高須:落ちてなかったなあ!
松本:はははははは。
山里:落ちてなかった。いやあ、魚ってそういないですね。ここら辺には。
二人:あはははははは!
松本:言うな。それを言うな。
高須:あはははははは!
山里:はい。
高須:なあ。

← 第207回2005.9.11 - 07:今日は第4回カプリチョーザ杯!~バッファロー吾郎竹若さん | → 第207回2005.9.11 - 08_2:山ちゃん~「まさかのハマグリでした」


☆クローズアップ Amazon

■南海キャンディーズ山里亮太さん.1
多彩に活躍するしずちゃんに見下げられたりしていますが、ピンで出演している「神さまぁ~ず」などは山ちゃんのド変態キャラが最炸裂!中でも「インスタント女王様」は深夜らしさ満点で最高です。初のM-1本戦出場のネタもとてもおもしろかったのを覚えています。左のベストDVDに収録されています!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/873-62140e57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。