スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第210回松本人志の放送室 - 06:松ちゃんの厄払い~「絶対、ばち当たるで」

ダウンタウン松本人志の放送室第210回:松ちゃんの厄払い~「絶対、ばち当たるで」 (10:45~)
松本:でも、ちょっとねー、張り切りすぎられて。ちょっと、タレントやからって張り切ったんちゃう?向こうの人。
高須:あー、そう。
松本:あの「♪ブゥ~」、あれ、なんちゅう楽器?あれ。あのう、何?あのマリンバみたいな。マリンバじゃないな。なんや、あの、「♪ブゥ~ ウゥ~ ブゥ~ ウゥ~」みたいなやつ。
高須:ああ、雅楽みたいな、なんか、そのー、笛みたいな。♪ヒュ~ヒュ~。
松本:あれを「♪ブゥ~」。あれ、生演奏やねん。
高須:うん。ええやんか。あれ、
松本:ごっつ、ごっつい音で吹くねん。
高須:うん。うん。ええやんか。
松本:ほいで、横で、なんかその、手を何回叩いて(パンパン←手を叩く音?)、何回おじぎせえみたいなことを、
高須:え?!
松本:言うんや。
高須:自分ら、そんなことがあんの?
松本:そう。言われんねんけど、
高須:うん。
松本:もう、それがうるさすぎて、何言うてるかわかれへんねん。
高須:あー。そら、あかんわ。
松本:で、「あ、はい。はい」みたいな。もう、ちょっと勘で、ははは、
高須:うわっ。
松本:勘でやってるから(パンパン←手を叩く音?)、あれかって、
高須:それも、もう、
松本:果たしてどこまで。
高須:全然、入って行けてへんちゃう?門、門の中まで。
松本:いや、ちょっとね。そうやねん。
高須:神さんの。
松本:そうやねん。だからね、ちょっと、ちょっと向こうは向こうで、ちょっとアップアップしてた部分はね。
高須:え、自分んらのとこの、あのう、それはどうやんの?こう、パンパンとか手で叩いたりするの?
松本:なんかやってたで。
高須:俺らんとこは、もう、行ったらもう、ずっと受身やもん。ずーっと聞いてるだけやもん。
松本:うわあー。
高須:基本、貰うだけや。
松本:Mコースやんか。
高須:Mコース。やられるだけやねん。俺らは。もう。
松本:あー。あかんわ。
高須:攻める、攻められへんねん。
二人:あはははははは。
松本:絶対、ばち当たんで。自分。厄払いをこんな風俗、
高須:自分のやん、そのMコースって。そのう、おか、神様のそういうことに関して、
松本:「おか」?
二人:はははははは。
高須:おかみさん、
松本:おかみさん?
二人:ははははははは。
高須:神様の、
松本:誰がおかみさんやねん!
高須:あははは。
松本:はははは、ばち当たるで。
高須:誰も「おかみさん」言うてへん言うねん。
松本:はははははは。
高須:そんなな、自分な、神様にそんなMコースとかSコースとかな。
松本:ははは、ははは。
高須:でも、基本、うちはせやねん。もう、全部、あの、やられるだけやねん。
松本:ははははは。うん。うん。
高須:神さんが、もう。全部やってくれんねん。
松本:なんか、笹みたいなんで、
高須:あ、
松本:なんか、そんなんとかもあったり。
高須:そんなんとか、太鼓でバーンバーンバーン。もう、ものすごいアップテンポの太鼓が入ってくんねん。
松本:はははははは。
高須:太鼓やねん。基本。打楽器やねん。うちは。打楽器?
二人:はははははは。
松本:うん。
高須:そう。
松本:まあ、まあ、気になるようでしたら。
高須:うーん。まあね。まあ、俺、もういいはずですよ。
松本:うーん。
高須:1963年はもう終わりでしょう。今年で。
松本:やったらいいんですけどねえ。
高須:ややこしいなー。
松本:まあ、でも、一応誕生日ということでいいんじゃないですかね。
高須:うーん。だから、僕は12月なんで、
松本:うん。うん。うん。うん。
高須:だから、ちょうど12月過ぎて、もう、
松本:あ、自分、じゃあ、まだ全っ然、厄やんか!
高須:そやねん。
松本:本厄、
高須:いや、自分の計算で言うたらな。
松本:「こちらたかす、本厄真っ只中!」やんか。
高須:なんやのそれ?
松本:ははははは、
高須:その、ははは、その、なんか言いたいねんけども。
二人:はははははは。
高須:なんか、あれやろう?ドラマのタイトルみたいに言いたかったんやろう?
松本:言いたかったー。
高須:あのう、あれやんなー。あのう、あのう、
松本:言いたかったなあー。
高須:「こちらたかす、本厄真っ只中ですぅ」。
二人:ははははははは。
松本:いや、ほんまに。
高須:いやあ、もうー。
松本:だから、僕も誕生日終わってね、
高須:うん。
松本:ちょっと、もう、生まれ変わったんですよ。ものすっごいアグレッシブに。
高須:まだ、でも、後厄は残ってるでしょう?
松本:まあ、でも、
高須:あと1年。
松本:ちょっと、もう、そんなん言うててもしゃあないんで。
高須:知らんでー。後ろからどーん!来るで。でっかいのが。
松本:もう、それもう気にしてたら、もう、な。
高須:うん。まあ、まあ、そら、そうやな。
松本:うーん。

← 第210回2005.10.1 - 05:キム兄の厄払い | → 第210回2005.10.1 - 07:清水Pの話


☆クローズアップ Amazon

■松ちゃんの厄払い
「ガキ」では浜ちゃんとのトークも!左の「DVD第9弾 笑神降臨伝・傑作トーク集!」に収録。ダウンタウンでの語りも必見です!他にも「松ちゃんvsゴキブリ」「浜ちゃんとの出会い」などなど、さすが放送800回突破記念版、極上の全24話を収録。もちろん特典の「ブリーフの貴公子」岡本ちゃんの勇姿の数々&浜ちゃんが大笑いする「紙芝居」も最高です!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/860-e25ced55

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。