スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第210回松本人志の放送室 - 01:今週の曲とサマリー

【サマリー】
今週は松ちゃんの挨拶に大笑いするたかすちゃんに、「おもしろかった?」とスタート。後年なのかどうなのか二人の厄年について。「完っ全にド本厄」と懸念する松ちゃんが「DX」の西田さんとキム兄と行った厄払いの話。金額の異なる祓いがあることを風俗に例え、自ら「なんちゅうばち当たりなことを言うたんやー!」。祓いのコースの違いは渡される物の中身が違うとのこと。たかすちゃんは「おしるこ入ってたわ」、松ちゃんはクッキー。でも、そのクッキーにもちゃんと念が込められていることが書かれていたそうで「拝んで焼き上げました。外はさっくり、中は拝んでみました」と笑い、またも「絶対、ばち当たるわ!」。「もう聞き飽きたでしょうけど」と、「ガキ」などでもトークしたキム兄の厄払いの話。二人よりも学年は1つ上なのに、結局「前厄~~ バア~~~ン!」。厄払い中に流れる雅楽のような音色が大きすぎて、祓っている間にするべき動作の説明がいまいち聞き取れなかったと松ちゃん。「え?パンパンとか手で叩いたりするの?俺らんとこは行ったらもう、ずっと受身やもん。ずーっと聞いてるだけやもん」と驚くたかすちゃんに、「Mコースやんか」とまたまた風俗に例え「絶対、ばち当たんで」

後厄が残っているお二人は、それでも「気にしてたら、もう」とアグレッシブにと言いつつも、いろんなことがありすぎると、松ちゃんはマネージャー松井さんへの「イライラでもないねんけど、はははは」気になった話。「考えるヒト」のCXで、いつも楽屋で食事を摂るが、その日は済ませてお腹いっぱいで入ると、机の上に「ジュ~」と熱々の鉄板焼きハンバーグが。「イラッ~して。下げろ言うて」、たかすちゃん「松井、かわいそうやー」、「はははははは。でも楽屋開けてな、ジュ~言うてたら腹立つで。かわいそうやったかな」。続いて話は「清水、悪いで」と放送室ではおなじみ清水さんの話。その場にいた清水さん、最初は松井さんを「やったな。ええこっちゃ」と誉めていたのに、「はあ…怒られました、清水さん食べはりますか?」とその後声をかけた松井さんに「俺はいらん!」。たかすちゃんも「いや、もう、ようわからへんねん」と、くりぃむしちゅーのロケでの清水Pの行いを訴える。

たかすちゃん「何かありましたっけ?」、松ちゃん「うーん。何かあったかねえ」。ディレクター長谷川さんの腸閉塞を心配。

変わっては松ちゃんから「選挙行った?」。投票に行ったと言うたかすちゃんは「行かなだめですよ」と、行かなかった松ちゃんに「参加することに意味がある」と説く。松ちゃんは演説などでは立候補者がほんとにええやつなのかどうかわからない、闇雲に入れるぐらいなら行けへんほうがええんちゃうかなと自論を。お二人ならではの立候補者の人柄を本当に見分ける方法。「ほんまは絶対そっちのほうが、人柄とか絶対見えてくんねんけどなあー」と、政見放送や演説に惑わされない一票の考え方をトークした。嫌いな政治家についても。社民党の福島みずほ党首、辻本清美氏に「ごっつ腹立つねん」。「そういう意味じゃないけども」と、今週の曲「待っている女」。

曲が明けては、沖縄旅行で撮影したDVDをみんなで観ようと山ちゃん夫婦宅を訪れた時のエピソード

たかすちゃん宅にお二人の中学時代の旧友・ミウラさんが泊まりに来た話。「昔話はええねん。やっぱり」と大成中学校の頃のこと。笑いではミウラさんが通っていた名和小学校より、松ちゃんたちの潮小学校が優れていたものの、「戦闘力的な、体力的な部分でものすごい劣ってる感じはあったやんか」。一番手にならない境遇に「だから、ずーっとそういう境遇やねんな」と松ちゃん。悪かった尼高。旧友『勝木』さんなど、「なんでそういう悪いやつってそんなええ名前なんやろな。それは、俺、考えたことある。『松本』はあかんやろうって思ったもん、やっぱり。なんかね、『人志』も、俺、あかんねん。ホイップクリームみたいな感じ」、「いや、そんな綺麗もんちゃうやろう」と、二人で「はははははは」。わんちゃんこと和田さんが中学時代に番だった時のヘタレは話。松ちゃんが伊東さんと遊んでいた時の思い出話も。

再び「何かありましたか?」から、話題は「ガキ」罰ゲームへ。朝早く、台風にも襲われたが「やりよるな。やっぱ、おもろいな」と太鼓判。回を重ねる「笑ってはいけない」シリーズ、今回の舞台は「ハイスクール」。作り手として「やっと、いろんなことがわかった」とたかすちゃん。松ちゃんも「俺は、まあ、前回よりおもしろいかなあ」と語る。「それだけやっぱり金も労力もかかってますけど」と言う松ちゃんに、たかすちゃんから驚きの「すでに700万赤字やねんて」。「くちびる西高校」を作り上げるまでの大変さや、台風での強雨のための苦労。今回は勝者浜ちゃんが鬼指令官、罰を受けるのは松ちゃん、山ちゃん、ココリコのお二人。24時間挑む中、「ごっつい蒸し暑い」「トラックがヴワーン!」の教室でも構わず眠る山ちゃんに「ほーんまにうらやましい」。「『今夜がやまだっー!』言うてるとこで、『グゥ~、グゥ~』って寝てんねんで」。さらに学生役のNSCの子たちへ「絶っ対笑うたらあかん!」「校歌も全部覚えさして」と、たかすちゃんから稽古の苦労が語られ、松ちゃんは「700万の赤字かあ」とつぶやきエンディング。

← 第209回2005.9.14 -  | → 第210回2005.10.1 - 02:「おもしろかった?」


☆今週の曲 Amazon

■待っている女 / 五木ひろし
演歌の大御所、五木さんの4作目のシングル。一般的な演歌とは異なり、ポップな乗りの曲です。307回では木の実ナナさんとの不滅のデュエットソング「居酒屋」も。左は大阪新歌舞伎座で行なわれた芸能生活40周年記念公演。この曲をはじめ、「川の流れのように」「SAY YES」「いとしのエリー」「世界に一つだけの花」などの貴重なカバーも収録されています。ラストのじょんがら三味線大合奏まで、「日本の歌、ここにあり!」と言える全49曲、圧巻のボリュームです!
もっと詳しく見る


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/852-7d67a94f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。