スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第351回松本人志の放送室 - 03_1:山ちゃんと菅さん

ダウンタウン松本人志の放送室第351回:山ちゃんと菅さん (1:15~)
松本:もうびっくりするで、昨日。
高須:いや、知ってますよ。僕なんか、あのえっと、ガキ終わりでね、飲みに行かれて。
松本:ガキ終わりで、ええ。
高須:僕ちょっとありましたんで、また打ち合わせが。
松本:ああ、ああ。
高須:はい。
松本:で、俺と山崎と菅さんとヘイポーと大友と柳岡みたいな、そんなメンバーで。
高須:うん。不思議なメンバーやね。
松本:そうなんですよ。
高須:これね、20何年やってるけど初めてでしょ、こんな。
松本:意外とないのよ。
高須:ねえ。
松本:ほいでもう、あのう、ま、結局ね、あんまりはっきりたぶん言えへんほうがいいと思うんですけど、
高須:うん、うん。
松本:ちょっと菅さんが、山崎をちょっとくどきたかったんですよ。ちょっと仕事のことで。
高須:はい、はい、はい、はい。
松本:でちょっと、年末に含めて、ちょっとどうしても山崎にやってほしいみたいなことがあって。でもそれをもうだいぶ前から「もうこれで終わりにする」みたいな。もうこれ言ったらなんのことか、なんとなくわかるでしょう。
高須:大体わかりますけどね。はい、はい。
松本:もう絶対これで終わりにするって、もう前から言うてて。で、この間先週も楽屋でそんな話をしてて、
高須:たまたま何のそんなつもりもなくね、ぽろっとなって。うん。
松本:なんかそんなことなったよな。ほいで、いやこれ菅さんが、もうちょっと山崎をくどきたいんやということで、な。
高須:うん、うん。
松本:で、もしよかったら松ちゃんも、みたいな。俺もどうしようかなあと思ってんけど。いや、なんかみんなでさ、山崎包囲網みたいななんの、いやでしょう。
高須:そう、そう。で、俺もそれ聞いてたから、あ、いややなあと思って。で、僕はもうたまたま先週に、山ちゃんの意思をちゃんと聞いたから。
松本:うん。
高須:なんやったら、もう強く。
松本:うん。
高須:ちょっとあのう、俺らが引くぐらい言うたでしょ。
松本:そうなんですよ。そいでねそう俺、だから俺も山崎にちょっと電話後でしとこかなと思うねんけど、違うねん俺は。
高須:うん、うん。
松本:別にみんなと一緒に山崎をくどくつもりじゃなくて、山崎がいやって言うた時に、ちょっと間に入って、ちょっと俺ぐらいが逆に言うてあげないと。
高須:そう、止めるためやろ?わかる、わかる。俺もそうかなと思うてん。
松本:そう、そう、そう、そう。
高須:まったくの。
松本:うん。そんでね、まあまあもつ鍋やみたいなとこで、うわぁーやって、
高須:うん。
松本:で、もう菅さんが「まあまあ、もうそろそろ」。
高須:うん。
松本:最初1、2時間、1時間強ぐらいかな。まあ雑談もばぁーしつつ、「そいでさ、山ちゃん」言うて。で、「こうこうこう」って言われた時、
高須:うん。
松本:山崎、すぐになんて言うたと思う?
高須:なんて言ったの?
松本:「断る理由はないですね。」
高須:ええー!?
松本:もうびっくりしてもうて!ええっーーって!
高須:考えられへんわ!
松本:もうあいつ、あいつ相手したらあかんで。こっちがばか見るからな。

← 第351回2008.6.21 - 02:オープング | → 第351回2008.6.21 - 03_2:山ちゃんと菅さん


☆クローズアップ Amazon

■山崎vsモリマン
このトークの半年後、08年大晦日年越しSPで「山崎vsモリマン 大メインクライマックス」が開催!1998年に始まり、この大晦日で10年目!二人の熱い真剣勝負はもちろん、「いにしけの昔からー!」の山ちゃんの名台詞に神聖な(?)踊り、遠藤斉唱や外国人トレーナー、ダイナマイト四国、大笑いする浜ちゃんのドSブリ…。見所はキリがないほど!「ガキDVD第6巻」には長年の名勝負がたっぷり4時間超!
もっと詳しく見る


年越しSPでは、久しぶりの戦いを前に山ちゃんは高田道場で特訓!小池栄子ちゃんの花束贈呈をはじめ、ゲストも企画も豪華盛りだくさん!数々のスペシャルマッチも実現!菅総統率いる「スガッスル」、スペシャルレフェリーのケンコバさん、そしてダイナマイト四国のピンチに「ちょっと待ったー!私の元ダーリンをいじめるやつは許さないー!」とキューティー元四国がサプライズ参戦!

松ちゃんも「よっしゃー!」、浜ちゃんも「山ちゃん行けっー!!山ちゃん!山ちゃん!」と大声援!いつもならヘタレな山ちゃんも、「ほんとの山ちゃん祭りはここからじゃー!」と大復活!笑いを追及し続ける戦いの記録がここに詰まっています。

【Disc.2】こちらも盛りだくさん!
★過去の名作リベンジマッチ2本をパッケージ!
 ~2006.8「伝説のスーパーファイナルリベンジマッチ」
   2007.10「奇跡のスーパーファイナル引退リベンジマッチ」
★みんなで選ぶ山崎vsモリマン!至極のベストシーン
★ビッグ対談が実現♪山崎邦正vs菅賢治

※さらに第15巻「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」とセット購入で「ガースー黒光新聞社」特製グッズがもらえます♪
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/840-1f93664b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。