スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第307回松本人志の放送室 - 08_3:そうめんつゆの悲劇

松本:もうねー。
高須:すごいですねー。
松本:いや、それかってね、もう、考えたら、あの、もう、振り返ったら、だんだん人が腹立ってくんのですよ。
高須:なんでやの?
松本:で、あのう、さだっているでしょう?
高須:うん。
松本:あの作家のさだが。
高須:うん。うん。うん。
松本:あいつが家にね、
高須:うん。
松本:前、来た時にね、
高須:うん。
松本:もう、ワインを飲んでいきよったんですよ。
高須:いいじゃない。
松本:僕、あんまワイン飲まないんですけど。
高須:うん。
松本:で、白ワインのあの長いやつ、あるでしょう?あの、
高須:うん。うん。うん。
松本:一番オーソドックスなやつ。
高須:うん。うん。
松本:あれ、飲み残してね。
高須:うん。
松本:ほいで、あのう、もう捨てたらええのに、
高須:うん。
松本:コルクをグイッー刺して、
高須:イッーっと無理から刺して。
松本:もう1回、飲もうとしてるんですよ。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:で、そのコルクがもう、
高須:うん。
松本:刺さりきってないんで、
高須:うん。うん。
松本:結構、出てもうてるんですよ。
高須:うん。出てもうてるね。
松本:それをグイーンって、強引に冷蔵庫の横のとこに入れてて、
高須:うん。冷蔵庫の横のとこに入れて、棚のとこに入れて、うん。
松本:そうめんつゆを入れた、
高須:うん。
松本:コーナーが、
高須:うん。
松本:若干、せり上がってもうてるんですよ。
高須:あー!押されてもうてね。
松本:それが、ははははは。
高須:うん、はははは。
松本:それでそうめんつゆを取ろうとした時に、
高須:うん。引っかかって。
松本:元々、あまくなってたもんやから、
高須:うん。うん。うん。
松本:グーン!なって、ガラーン!なって、パーーン!なったんですよ。
高須:ははははは、
松本:もう、さだが腹立って。
高須:いや、さだはええやんか。ははははは。
松本:はははははは。
高須:あなたが注意深くしてれば、大丈夫やったんですよ。
松本:ははははははは。
高須:あはははは。あなたがやってへんから、だめなんですよ。
松本:はははは。
高須:うわあ。それは夜中にきびしいなあー。
松本:シーキビでしょう?
高須:シーキビやなー。

◇関連トーク:「もうね。聞いてくださいよ。」
2008.8.2放送 第357回松本人志の放送室 - 04:松ちゃんの失敗

← 第307回2007.8.18 - 08_2:そうめんつゆの悲劇 | → 第307回2007.8.18 - 09:松ちゃんが観る意外なテレビ


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/837-8fd31d73

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。