スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第307回松本人志の放送室 - 01:今週の曲とサマリー

【サマリー】
今週の第一声は、何度も言ってる?「松ちゃんバイスクールでーす」。夏休み明けの収録、松ちゃんは頭の皮がむけてるようで「毎年なんですけどね」。夏休みは10日ぐらいあり、昨日、明け一発目の収録だった「ガキ」の話。マネージャー織田さんから当初、笑い飯の企画の後トークもあると言われていたが、前日にないと聞き「種火」を切って「ちょっと軽い感じ」で入ったところ、実はトークもあるとわかり、急遽しなくてはいけなくなった「着火」のしんどさを訴える。「まあ、まあ、このラジオ聴いてる人にだけはわかってもらえたら」。

4日間ぐらい行っていたという沖縄旅行の話。メンバーは宮迫さんと山崎さんと「結局、あずみ、連れて行って」、そして後輩芸人・おにぎりさん。そのおにぎりのものすごいいびきの話。ガキで「いびき企画」を予定しつつ、たかすちゃんも「すごく会いたいですね、今。山ちゃんがすごいはまったらしく、『天才現るですよ』って、えらい俺に言ってるんですよ」。ボディガードに徹する?おにぎり。そして、そんなおにぎりの恋の話も。失恋にひどく傷ついた様子なものの、夜にはやっぱり「ウァァッー!プッシュ~」。結局、同行メンバーみんなうるさくて「いやあ、大変やったなあー」。「男同士の旅っていいですね。いい夏休みですなー」とたかすちゃん。松ちゃんも「今回、沖縄はほんま楽しかったんで。帰りたくないなあ」。お天気もずっと晴れ、東京も晴れてると、先日の雨が多いトークをぼやく。

「何かありましたかねえ」と、先日の選挙のこと。有名人の立候補、選挙に出る人の志に疑問を呈す。日本はどんどん大変になると憂うたかすちゃんに、「また、そんな暗い話するの?自分」と松ちゃん、「いやいや。じゃあ、ええ話しましょうか?イルカが出ましたな、荒川に。かわいらし~イルカが出ましたな」、「はははははは。もう、ええわ。そんなやったら、俺、その国の話するわ。しょーもない!」。動物、はたまたUFOまで、異なる動きをするものについて新説をトーク。話はどんどん展開し、たかすちゃん「バシバシきてるやんか。種火点いてるやんか、ちゃんと」、松ちゃん「昨日点けてきましたから。夜、一応切るんですけども、昨日のことがあるんで、今回切れへんかった」、「はははははは」。

松ちゃんから「ちょっと聞いてくれる!こんな経験ありますか」と、台所で新品の「そうめんつゆ落として割ったんですよ」。「鬱陶しいでー!」と、台所に濃縮つゆが飛び散った悲劇を振り返り再現。怒りの矛先は、放送作家さださんが松ちゃん宅で飲んだワインにも向き、そのために「グーン!なって、ガラーン!なって、パーーン!なったんですよ」とシーキビな状況にため息。たかすちゃんは果物屋さんのご実家から送られてきた桃にまつわる失敗談を披露。腐らせる前に食べなくてはという焦りに、「果物は一人暮らしの男にちょっと脅迫よね」と、松ちゃんも好きなマンゴーの話。「もったない」をど忘れするたかすちゃんに、「そんなもんが出えへんのかいな!…あんまウケてへんな」、「二人だけで笑ってるやん」、「はははははは」。改めて今回の沖縄旅行でのマンゴーをトーク。たかすちゃんの問題を解決してくれたお父さんに「うちの親父は天才やから。果物屋の」、「何をいまさら親父を上へ上へと持ち上げとんねん」、「あははははは」。

「腹立つで言うとね」と、続いては松ちゃんが最近買ったDVDレコーダーの話。「大変やで。また大変なことなってるで」と、その機能のややこしさを挙げる。半身浴をしながら観るという意外な番組をはさみつつ、いろいろ苦労して録画したあげく、結果「このDVDは再生できません」メッセージが表示され、「どないやねーんっ!」。「松本vs電化製品」の苦悩。

曲明けは、キャビンアテンダントに電話番号を渡されたという山ちゃんに「絶対嘘やん」と疑惑。タカアンドトシのタカさんの交際ニュース。たかすちゃんから「芸人ってギャアーって言われる時期ってありますな」と、続いて芸人が「売れる」ということについて。追っかけなどで騒がれるのが落ち着き、それでもテレビで仕事ができ、ご飯を食べられるのが本当に売れているということだと松ちゃん。しかし、昨日の「ガキ」収録時、松ちゃんの追っかけがいたことが判明。「これはよくわかんないですけどね」と照れる松ちゃんに、「もう、自分、やらしい。ダウンタウンって、こういうとこあんねん!」とツッコむたかすちゃん! 話はそのまま「HEY!HEY!HEY!」でフットボールアワー岩尾さんにいじられた浜ちゃんへ。珍しく食い込まれた浜ちゃんに、二人とも「おもしろかったー」。ココリコやフットボールアワーのボケとツッコミ、SとMの関係を探る。岩尾さんに切り返す浜ちゃんに「ああいうとこ、もうちょっと、浜田が許したらおもしろなんねんけどなあ」と松ちゃん。

変わっては、「映画ってね、やっぱ、一生懸命撮っとかなあかんなと思ったんですよ」と、山口百恵さんの映画「絶唱」の話。以前から百恵ちゃんファンだったことをたびたびトークしてきた松ちゃん。今週も「大好き」「テレビの特集を録って観た」と、百恵ちゃんと三浦友和さんが共演した名作を語る。戦争で離れ離れになってしまった男女が、互いを思いあって、同じ時間に同じ歌を歌う…。なんともいいシーンだが、「ええシーンなんですけど、百恵ちゃんのでこに、ずっとハエがとまってるんですよ。なんで撮り直せへんねんと!」 。百恵ちゃんの超多忙なスケジュールなどを想像するも、ワンカットワンカット大事に、もう1回行こうと言う勇気が必要だと二人。「ハエに歩かれるって。うんこか百恵ちゃんのほっぺたぐらいしか」というたかすちゃんの暴言(?)に、松ちゃん「おいっ!言い過ぎやぞ!」。フォローに入るたかすちゃんを「俺、知らんからな」と笑いながら、「さようならー」とエンディング

← 第306回2007.8.11 - 01:今週の曲 | → 第307回2007.8.18 - 02:3台目の松ちゃんバイスクール


☆今週の曲 Amazon

■居酒屋 / 木の実ナナ&五木ひろし
1982年リリース。作詞はその才能を放送室でも語られた阿久悠さん、作曲は沢田研二さんの「勝手にしやがれ」やアニメ「名探偵コナン」の曲を手がける大野克夫さん。いまだカラオケでも人気のデュエットの定番です。左のアルバム「R39」に、「男と女のラブゲーム」 「愛が生まれた日」「3年目の浮気」「カナダからの手紙 」「別れても好きな人」「もしかしてPartII」などなど、おなじみのデュエット曲とともに収録されています。
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/824-154e2342

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。