スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第306回松本人志の放送室 - 15_1:ショージさんは天才!

ダウンタウン松本人志の放送室第306回:ショージさんは天才! (39:00~)
松本:まだまだ、でも、長いですからね。
高須:まだまだ長いです。
松本:ショージ兄やんが、まだオ○○ーしてるらしいですからね。
高須:あ、
松本:ええ。
高須:まだまだやなあ。ショージさんは。じゃあ。
二人:あははははははは。
高須:僕、でもね、
松本:山崎が聞いてんて。ショージ兄やんに。「オ○○ーとかしてるんですか?」

高須:何、何を聞くねんな、もう。ショージさんに。
松本:「うん、してるよ~」って言うたらしいですよ。
高須:あはははははは。
松本:「でも、想像はもう無理やわ~」って言うてたらしいけど。
二人:あははははははは。(パン、パン、パン、パン、パン、パン、パン←手を叩く音?)
高須:うわあー。もう、ショージさん大好きや。俺。
松本:ははははははは。
高須:もうね、天才や思うねんな。
二人:ははははははは。ははははははは
高須:天才やで!あの人。
松本:ははははははは。
高須:吉本に天才がおるなあー!
松本:ショージさんな。
高須:うん。あんな人おらへん。
松本:うん。
高須:あの人は天才やわ。
松本:うん。はははは。
高須:もっと、わかってほしい。世の中の人が。
松本:あはは、そうやな。
高須:うん!

高須:俺、だって、もう、打ち合わせで、「ガキ」でね、
松本:うん。
高須:もう、ちょいちょいしゃべってますけど、
松本:うん。
高須:ショージさんのシリーズやる時に、
松本:うん。うん。
高須:もう、打ち合わせがホンイキなんですよ。声が。茶店で。
松本:なるほどー。
高須:茶店でホンイキでしゃべるんですよ。「こらー!」っつって。
松本:うわあー。なるほどなあ。
高須:それを周りの人に気にせずしゃべってるから、もう、おっかしくてしゃあないねんって。
松本:うーん。うーん。
高須:ほんで、乗ってくんねん。
松本:乗ってくんねんな。
高須:周りがクスクス笑ってくると。
松本:ええ。
高須:喫茶店やけども、
松本:うーん。
高須:ものすっごい勢いでしゃべるから。で、ちょっと笑い出すねん。ウェイトレスさんとか。ぼんぼんぼんぼん。
松本:みたいやね。
高須:おもしろいですよー!
松本:でも、本番は半分以上忘れてんねやろう?
高須:ははははは、半分以上忘れてる。
松本:打ち合わせしたこと。
高須:そうや。
松本:あー、
高須:なんでやろ。飛んでんねん。
松本:あはははははは!
高須:「あのおもしいところ、飛びはった」と。
二人:あはははははは!
松本:びっくりするらしいで!
高須:びっくりすんねん。
松本:すっとーん!抜けてるらしいで。「えっー?!」って。
高須:そうやねん。「あそこ、あんだけ調子良かったのに」。
松本:あはははははは!
高須:「あのくだり、がっさりないなー」みたいな。
二人:あはははははは!(パン、パン、パン←手を叩く音?)
高須:だから天才なんですよ。やっぱし。
松本:ね。
高須:それでも、違うことがドカーン!とおもしろいんですよ。
松本:そう。そう。そう。そう。そう。
高須:いやあ、おもしろい。「でも、あのくだりは絶対あった方がええのになー」。
二人:あはははははは!
松本:「それでも、あのくだりだけは!」っていうのも、
高須:「くだりは」、
松本:なかったりするねんな。
高須:そうやねん。「あのくだりは3連チャンであんなおもろかったのに」いうのが、
松本:うわあー。そうなんですよね。
高須:飛んで行くんですよねえ。
松本:うん。
高須:だから、まだ、やっぱし、新鮮なまましゃべれるんですよ。あの人。
松本:うん。うん。うん。
高須:どきどきしてしゃべれるんですよ。だから、おもしろいんですよ。
松本:だから、おもろいんやな。
高須:うん。
松本:いやあ、すごいなー。
高須:子どもなんですよね。こんなこと言うと、僕が、失礼ですけど、
松本:うん。
高須:僕らが言うのは。
松本:うん。
高須:すごい、子どもが何かおもしろいことを思いついてしゃべるような感じでしゃべりはるんですよ。
松本:うん。俺は、でも、いいと思うねん。
高須:すごい。
松本:で、ガキのあのショージ兄やんの企画、今まで何回ぐらいやったかなあ。
高須:3回ぐらいですね。
松本:もれなく視聴率悪いやんか。
高須:はい。
松本:で、それ、はははは、
二人:あはははははははは!
高須:ただ、おもしろいですよ。
松本:ただ、おもしろいねん!
高須:俺はもう、声出して笑うもん。
松本:俺もそう思うねん。だから、ええねん!
高須:ええねん。
松本:知るかあ!やねんな。
高須:知るかあ!ですよ。あんな素晴らしい天才をね、
松本:ええ。
高須:世に出さへんわけにはいかないですもん!
松本:そう。そう。そう。そう。で、また、視聴率悪いの込みでおもろいもん。
高須:あはははははは!
松本:はははははは。ね。
高須:そうですね。
松本:ええ。
高須:当日、頭から1回、頭入れて、入れ直してるはずなんですけどね。
松本:いやあ、ほんまにねえ。
高須:いやあ、おもしろいです。ショージさんはやっぱりね、
松本:うん。はははは、
高須:最高ですね!
松本:うん。はははははは。うん。

◇関連トーク:ショージさん、大好き!
2007.5.19放送 第294回松本人志の放送室 - 04_1:村上ショージさんはすごい

← 第306回2007.8.11 - 14:3人の中で一番長生きしたい? | → 第306回2007.8.11 - 15_2:ショージさんは天才!


☆クローズアップ Amazon

■村上ショージさん.1
06年に「誰にも望まれることなく始まった」忍者教室。それから放送室でも「ショージさんはすごい」とトークされた海賊、そして炎天下のパイロット、雪の中でのピエロ、ゴーストバスターズ、唐沢さんも参加した舞妓はん、ドラキュラ等続き、09年7月には闘牛士教室が放送。その時「実はね、DVD出すことになりました!マネージャーはもう少し待ちましょう言うねんけど、もう出したくてたまらんから」とアピールしていたのが左の「ギャグ図鑑 ベストは尽くしました」。中川家やハローバイバイも出演3時間半を超える芸暦32年の集大成!お二人が称える芸人・ショージさんが創り上げた「奇跡」をぜひ!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/820-8cb894c2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。