スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第306回松本人志の放送室 - 14:3人の中で一番長生きしたい?

ダウンタウン松本人志の放送室第306回:3人の中で一番長生きしたい? (36:50~)
高須:だから、僕はね、1つね、僕がちょっと嬉しいのは、
松本:うん。
高須:昔から、あなた、知ってるわけですよ。
松本:うん。
高須:言うたって、小学校、6歳から知ってるわけですよ。
松本:うん。
高須:浜田なんか4歳から知ってるわけですよ。
松本:でも、誰か一番先死ぬんですから。
高須:そうなんですよ!せーの、どん!じゃないわけですからね。
松本:せーの、どん!じゃないんですよ。1位かもわからないし、2位かもわからんし、3位かもわからん。
高須:これがまたね、
松本:ね。
高須:微妙ですよー。
松本:しかも、ダントツ1位いうこともありますから。
高須:ありますからね。
松本:ダントツ3位ってこともありますしね。
高須:ありますよー。
松本:ええ。
高須:だから不思議な気持ちになるんやろなー。特別な。またこれ変わったね。
松本:で、この場合の順位は、必ずしも1位がいいわけではない順位ですからね。
高須:なるほど。
松本:もしかしたら、3位の方がええかもわからんし、2位がもしかしたら一番ええんかもわからんしね。
高須:そうですねえ。
松本:ええ。でも、僕は、もう、1位でいいですけどね。
高須:一番早く死にたい?
松本:ええ。
高須:そうですか。
松本:あの、ダントツはちょっと、、、嫌やけど。
高須:うん。ある程度の年なったら。
松本:ええ。ええ。そうですね。
高須:はー。僕はもう、長生きしたいですねー。
松本:せやろう?
高須:はい。真逆ですね。
松本:ダントツ3位になりたいんやろう?
高須:はい。
松本:もう、めちゃくちゃや。
高須:ダントツではないですよ。僕も。ダントツ止めてください。ダントツは一人っきりになってまうから。ははは、浦島太郎現象なるから。
松本:いやあ。もう、あのう、ね。長寿日本一、世界一とかいう、いろいろやってますけどね、
高須:うん。
松本:おめでたいみたいな感じにしてますけど、
高須:うん。
松本:あれもねー、ほんとに寂しいと思いますよ。
高須:そうすかね。
松本:語り合える人間がいないですからね。
高須:うーん。
松本:ある意味。
高須:そうですねー。
松本:ええ。
高須:何よりね、やっぱりね、娘、
松本:嘘つき放題ですけどね。でも。
高須:あー。こうやった、ああやったっつうのがね。
松本:ええ、ええ。
高須:誰もわかりませんからね。
松本:もう、もう欠席裁判やりたい放題ですよね。
高須:あははははは。いや、それ、
二人:はははははは。
高須:それ、やりたいって、誰が聞いてくれてんの?その話。
松本:ええ。はははは。

◇関連トーク
若い松ちゃん、浜ちゃんは衰えた?!
2008.8.16放送 第359回松本人志の放送室 - 02_1:松ちゃんは21歳

← 第306回2007.8.11 - 13:60歳の時の2本撮りは「何ラルやったっけ?」 | → 第306回2007.8.11 - 15_1:ショージさんは天才!


☆クローズアップ Amazon

■7年間
2001.10.4にスタートした放送室。当時、お二人は30代。終了までの7年の間に、それはいろいろ変わったことも(笑)。「絶対花粉症なんかならない」と言っていた松ちゃんが点鼻薬を絶賛したり、禁煙したり。たかすちゃんは人間ドックや胃カメラをトークしたこともありました。

お二人の長年の歴史を感じながら聴くのもまた楽しい放送室。CD-BOXは松ちゃんの企画とアイデアで、第1回目から時系列通りに収録されています。ぜひお二人の声で聴いてみてください。全10巻、完全限定生産です。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/819-0fd4ea00

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。