スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第306回松本人志の放送室 - 05_2:そろそろ年末の話~「笑ってはいけない」のあり方

ダウンタウン松本人志の放送室第306回:そろそろ年末の話~「笑ってはいけない」のあり方 (6:35~)
高須:だから、
松本:うん。
高須:それは「笑ってはいけない」と同じなんですよ。しゃべってましたけど、
松本:おう。
高須:「笑ってはいけない」も、
松本:うん。
高須:もう、その、どこに笑いを隠しておくかっていうのは、もう、
松本:(ブー ←おならの音)
高須:…あ、もう、
松本:はははははは。
高須:「そんなくさい話はいらん」と。
二人:はははははは。
松本:違うやんか。その、
高須:何?
松本:「もっと行け」っていうことやんか。その、
高須:どういうことよ。
松本:ははははは。(パン←手を叩く音?)
高須:「もっと行け」ってことで、はははは、屁こかれたら。
松本:「ハッ!!」ってことやん。
二人:あははははは!
高須:あ、馬のケツ叩いた感じ?
松本:そう。そう。そう。そう。そう。
高須:が、今のブー?
松本:「ええや、ええや、ええやないかー!」っていうことやんか。
高須:あー。はははは、ブーっていうのは?
松本:「ハッ!!」ってことやんか。
高須:あー。はははは、それやったらええけども。
松本:ええ。ええ。ええ。はははは。
高須:いや、それでね、
松本:うん。
高須:いや、前までは、
松本:うん。
高須:なんか、キョカ、教科書開いてもね、
松本:うーん。
高須:ロッカー開けてもね、
松本:うん。
高須:まさか何か隠してあるとは、笑いが埋めてあるとは思ってないわけでッ…すよ。
松本:うーん。うーん。はははは。
高須:それが、
松本:うん。
高須:もう、やっぱし、なんかあるんやろなあって、いてる人ももう、見てる人も思ってると、
松本:うーん。
高須:やっぱね、かけるのが難しいんですよねー。
松本:うーん。
高須:トラップ。だんだん、だんだんね。
松本:そうか。
高須:うん。だから、まあ、、、やっぱ、同じことをどんどんやってくのは難しいねえ。
松本:難しいなあ。
高須:で、求める人はもっと求めるでしょう?
松本:うーん。
高須:そら、前よりもっとおもしろいものを、
松本:うん。
高須:っつうのは、これ、維持するだけでも大変やのに。
松本:うーん。
高須:難しいですよ。松本さん。
松本:まあ、でも、前よりそんなにおもしろくなくてもいいんじゃないかですね。
高須:あははははは!
松本:はははははは。
高須:もう、なんか、吹っ切れてますねー!
松本:あのう、いや、違うんですよ。「吹っ切れてる」っていうか、
高須:うん。
松本:あのうー、、、文句ばっかり言いますよ。言うやつは言いますよ。それは。
高須:なるほど。
松本:そんなやつらの意見を聞いてたらね、
高須:うん。
松本:こっちの軸がぶれていきますからね。
高須:あー、なるほど。
松本:ええ。
高須:うん。うん。
松本:そんなもん、あのう、放っといたらいいんですよ。観たこともない人、まだ、いっぱいいるんですから。
高須:あー。そうは言ってもね。
松本:そっちへ、もう、気持ち持って行かないとだめですよ。
高須:なるほど。
松本:ええ。
高須:そんな新しいもん、新しいもん、
松本:いや、
高須:全部新しくせい!言われてもね。
松本:いや、いや。ほんまに、ほんまに。あほかっていう話なんです。
高須:あほか。どんだけ~!や。ほんま。それこそ。
松本:いや、ははははは、ほんまに。ほんまに。
高須:いや、ほんまにですよ。はははは、これ。
松本:いや、いや。ほんまにそうですよ。
高須:これ、今の何もおかしないですよ。MIKKO。
松本:いやあ!おかしない。あのう、ほんま、今、
高須:MIKKOさんが。
松本:全然、俺は大丈夫やと思うよ。ははははははは。
高須:あははははは、「俺は大丈夫やと思う」って。ははははは。
松本:だから俺は今のは大丈夫やと思うけどね、
高須:うん。
松本:リスナーはどう思ったか知らんよ。そこでそんなん言うかって思ったかもしれません。でも、僕は全然、今のはいいと思いますよ。
二人:ははははははは。
松本:MIKKOさん。
高須:MIKKOさんが今、出たのになー。まあ、ええわ。
松本:ええ。
高須:いや、まあ、まあ、そういうこともあってね。
松本:ええ。うん。
高須:やっぱ、難しいなあ。お笑いっつうのは。
松本:ま、楽しますことができるなら、やったらいいしね。
高須:まあ、そうですね。
松本:もう、自分が楽しめないなら、もう止めたらいいですしね。
高須:なるほど。
松本:ま、それだけのことですよね。
高須:なるほど。
松本:うん。
高須:こっちも楽しめるぐらいで作ってないといかんとことですな。
松本:うん。まあ、そうやねえ。
高須:うーん。
松本:結局、自分たちが楽しめるかどうかですよ。
高須:あら!
松本:うん。
高須:ええこと言いますね。
松本:はははははは、ええこと言いますよ。それは。
高須:うん。

◇関連記事:そしてこの年末、「笑ってはいけない病院24時」!
DVD収録内容のまとめ:「ガキの使い」DVDが300万枚達成!~第12巻情報

← 第306回2007.8.11 - 05_1:そろそろ年末の話~「M-1」「すべらない話」 | → 第306回2007.8.11 - 06:映画の不思議


☆クローズアップ Amazon

■2007年の「笑ってはいけない」
このトークがあった2007年の年末、2年連続で「ガキ 笑ってはいけないシリーズ」の大晦日SPが放送されました。「ガースー付属病院」を舞台に、初めて5人全員での24時間(詳細)。ガーターベルトがセクシーな浜ちゃん、おかまチックな田中さん。蝶野さん登場!板尾さんのブラックジャ~ク♪二人っきりのダウンタウンの会話、浜ちゃん「なあなあ、自分なんで結婚せえへんの?」「子供は欲しないの?」。…挙げたら切りがないないほど見どころ満載。DVDには未公開もたっぷり!菅さんのあのモノマネ、最高です!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/803-f10a927b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。