スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第305回松本人志の放送室 - 12_1:「ガキ」釣り企画~浅野忠信さん

ダウンタウン松本人志の放送室第305回:「ガキ」釣り企画~浅野忠信さん (51:25~)
高須:何かありましたかねー。最近でねー。あ、浅野君がまた、、、ベネチア?これ。
松本:うん?
高須:ベネチア映画祭に出てんねや。この間も釣りのね、時に、
松本:ああ。
高須:ちょっと、俺、笑うてもうてんけど。
松本:うん。
高須:あなたも一緒に笑ってましたけども。
松本:うん。
高須:始まる前に、1人で弁当食ってましたね。
松本:あー。あー。あー。あれは素、
高須:あれなんですか?
松本:素でしょう?あの人。
高須:あれね、ナチュラルなんですよ。
松本:ええ。
高須:全然、奇をてらってないでしょう?
松本:うーん。
高須:あの男ね。
松本:不思議やね。
高須:俺ねー、浅野君ってすごいなあと思って。
松本:うーん。
高須:ほいで、全然かっこ、あの、あの人からする、まあ、言うたらね、
松本:うん。
高須:すごい人じゃないですか。まあ、言うたら。
松本:うん。
高須:あんまりテレビ出ないし。
松本:うん。
高須:ね。
松本:うん。
高須:映画もすごい、たぶん、立場で、
松本:うん。うん。
高須:出られてるし。
松本:うん。
高須:で、CMもね、
松本:うん。
高須:ものすごいええCMね。
松本:まあ、そやね。
高須:そやのに、「ガキ」の釣り来たら、もう端っこのほうでスタッフさんと一緒におるみたいな感じの。
松本:安っい弁当、食ってたな。
高須:安っい弁当、1人で座って食ってたな。あはははは。
松本:うん。
高須:で、全部食べてたよ。
松本:全部食べてたな。
高須:うん。
松本:あのう、ほんまにもう、あのつけあわせのひじきみたいのまで食べてたよな。
高須:ははははは、食べてたよ。ほいで、周りみんなスタッフおるから、
松本:うん。
高須:気い遣う。誰かスタッフ。あの人にね、
松本:うん。
高須:その、マネージャーとかおるんかな思ったら、1人っきりやったやろう?
松本:うん。あー、意外とその辺、ほったらかしやな。
高須:みんな見てる前で、1人で入ってたもんな。
松本:うん。うん。
高須:すごいな、彼は!と思って。
松本:不思議やねー。
高須:あの子は。俺、やっぱ、好きやな。
松本:うん。
高須:おもしろいな。あんなん見てると。
松本:うん。
高須:変わってるなあと。
松本:変わってるね。
高須:変わってる。
松本:あれはあれで変わってるわ。
高須:変わり者やな。
松本:うん。
高須:あれはー。わかれへん。つかみどころがないわ。
松本:うん。
高須:まあ、ちょこちょこしゃべってたけど、
松本:うん。
高須:この間も。
松本:うん。
高須:なんか、ね。
松本:うん。
高須:1人でおるから。
松本:うん。
高須:わー、はははは、しゃべったけど。
松本:うん。
高須:つかみどころがないわ。
松本:でも、釣りは好きなの?
高須:いや、「ガキの使い」が好きなんやて。で、「ガキの使い」出るようにさしてもらってるのが、これやから、
松本:それやったら、もう、七変化やったらええやんか。
高須:それはいい。そういうのは、やっぱ、困ってんねやろう。
二人:ははははははは。
高須:そこはやっぱり、
松本:さすがに七変化はやれへん。
高須:七変化は、なんか、
松本:うん。
高須:ちょっと。
松本:うん。
高須:まあ、まあ、それは事務所的なんかはわからへんけど、ははははは。
松本:うん。
高須:うん。何かあるみたいよ。

← 第305回2007.8.4 - 11:ヘイポーさんは「ガキ」のイボ | → 第305回2007.8.4 - 「ガキ」釣り企画~「『ガキの使い』っていつまで続くんかな」


☆クローズアップ Amazon

■浅野忠信さん
日本にとどまらず国際的にも評価されている俳優であり、ご自身も「224466」など監督。トークにあるベネチア映画祭は、オダギリジョーさんと共演した「サッドヴァケイション」にまつわるものかと。映画へのこだわりとは逆に、「ガキ」で見せる柔和で優しい笑顔が素敵です。初めてゲストを招いた「すべらない話拡大SP」にも、「この番組が大好き」と出演されています。左は宮藤官九郎さんとタッグを組んだ「鈍獣」。浅野さんのインタビューも収録されています!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/794-a0331674

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。