スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第246回松本人志の放送室 - 10_1:尼崎思い出の味~「松屋」の優しさは健在

松本人志の放送室第246回:尼崎思い出の味~「松屋」の優しさは健在 (47:40~)
高須:あれと、あのう、「松屋」みたいな。場所変わりましたけど、
松本:うん。
高須:「松屋」やったっけ?あの、まつや、まつ…何とか。うーん。立ち食いうどん。駅前の。
松本:知らん。
高須:ここでも言うてくるんか。
松本:あははははは!
高須:もう、さすがにもう、そろそろええのかなと思って。
松本:あははははは!
高須:あの、前を短くしたんやけど。
二人:あははははは!
松本:違う、
高須:ここで、
松本:言う気なかってんけど、
高須:うん。はははは。
松本:自分がなんか目で、
高須:違うねん!俺は、
松本:「もう1回、いく?」みたいな、
高須:いや、どう?いや、俺は、
松本:感じをしたよね?絶対。
高須:したけど、あ、だから、
松本:だから、俺、「じゃあ、わかった。」
高須:違う!はははは、
松本:「俺、そんなに乗る気ないけど、」
高須:違う!違う!違う!違う!
松本:「じゃあ、じゃあ、いくわ」みたいな。
高須:いや、俺、ほんで、俺、自分からも言うたし、
松本:うん。
高須:もう、これで終わりやなと思った、
松本:うん。
高須:終わりやなと思って、早く、
松本:うん。
高須:早く終わったんやんか。
松本:うん。
高須:店じまい。ぱっと。
松本:うん。
高須:なら、自分、乗ってきたから。勝手に。
松本:知らん。
二人:はははははは。
高須:なんやねん。
松本:いや、そうなんですよ。「松屋」なんですよ。
高須:「松屋」。あの立ち食いうどん、まだあるんですよ。
松本:えっ?!
高須:ありますよ!あの場所はちょっと、ちょっと変わってますよ、場所は。で、「松屋」っていうのは、名前ちゃんとあって残ってますよ。
松本:あー、そう。
高須:あのね、やっぱりなんとも言えへんおばちゃんなんですよ。前も言うたけど、自分もそうやったけど、
松本:うん。
高須:こう、食われへんかったら、だし入れてくれるやろう?
松本:うん。
高須:まだそういうような感じですよ。
松本:それだけは健在なんや。
高須:うん。
松本:優しさだけは健在やね。
高須:そう。
松本:健在優しさなんや。
高須:優しさだけは健在や。
松本:健在優しさなんや。
高須:いや、優しさだけは健在や言うてんの。
二人:はははははは。

← 第246回2006.6.17 - 09:尼崎で放送室計画~「『山里ホルモン』は外されへんで」 | → 第246回2006.6.17 - 10_2:尼崎思い出の味~ぶたのお好み、ますだのハムカツ


☆クローズアップ Amazon

■尼崎の思い出
2001.10.4のスタート以来、幼馴染で今も仕事仲間の松ちゃん・たかすちゃんのトークがたっぷり聴けた放送室。CDは当初、「怒り編」「思い出話編」などダイジェスト版を予定していたところ、松ちゃん自身が「そうじゃなくて、1回目から順に聴けるように」と企画、「なるべく安くする」とこだわり完成。
尼崎のこと、子どもの頃の思い出や、「リンカーン」「ガキ」「ごっつ」などなど番組の裏話、恋愛や結婚のこと、笑いやテレビへの思い、そして浜ちゃんの話もたくさん!様々なトークがこれだけ詰まって、CD1枚 570円。ぜひ、お二人の声で雰囲気ごと楽しんでください。完全限定発売です。
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/744-4397f10c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。