スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第246回松本人志の放送室 - 08_3:尼崎思い出の味~金蓮寺.その2

高須:あれはうまかったなあ。
松本:あれ、あのう、くじ引きみたいなんで何枚かわかる、
高須:そうやねん。
松本:あのう、ね。
高須:そう。
松本:4枚やったら、あのう、
高須:あれは、
松本:練乳をね、
高須:そう。かけて。
松本:間に全部。
高須:あれがうまかったあー。
松本:ああ。あれ、俺、もう。腹いっぱい食いたかったな。
高須:俺も腹いっぱい食いたかった。あんなん、なかなか食われへんねん。あれー。
松本:うーん。
高須:あんなんあったなあ。もう、子どもだましもええとこやなあ。
松本:ええ?
高須:あの、こんな紙に、
松本:うん。
高須:筆みたいなん持たされて、
松本:うん。
高須:で、なんか、水みたいのつけてバッーと描いて、
松本:うん。
高須:テカテカ光る砂みたいなんビヤァーかけて、フワ~ってやって、なんかこう、絵にするようなやつあったよな。
松本:知らん。
二人:はははははは!
高須:もう、大体、待ってる時から、
松本:はははははは。
高須:どの辺で言おうか、言ってもらおうかなーって、俺も考えてる自分が情けないわ。
二人:ははははは。
松本:浜田も知らんと思うで。
高須:うん。もう、浜田も知らんわ。これは。
二人:はははははは。
松本:嘘。知ってる
高須:知ってるやろう?
松本:あははは、知ってんねん。
高須:あれ、ええやろう?
松本:あれはね、
二人:あははははは。
高須:あれ、ええやろう?
松本:あれ、気持ちよかってん。
高須:あれ、気持ちええねんて!
松本:ごっつい大事にしてたもん。
高須:そうやねん!
松本:もうね、使い切りたくないから、
高須:そうやねん。終わったら、
松本:もう、小出しに、
高須:終わったら、こうやって混ざらへんように、
松本:もう、できる、そう!そう!そう!そう!そう!
高須:やろう?
松本:あったなあー。
高須:あれでどんだけ砂ビヤッとかけて、サラサラやって。おっさんがえらいうまいねん。
松本:そう。そう。そう。そう。おっさん、うまいことやりよんねん。
高須:な。
松本:うん。
高須:富士山の絵とか描きよんねん。うわあーつけて、
松本:あー。
高須:がばーっと。あれ、
松本:で、最後、何かビニールみたいなんに、こう、入れてね。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:もうそれ以上、砂落ちひんようにね。
高須:それは知らん。
二人:あははははは!
高須:それは知らん。ビニールは入ったことないわ。そんなん。
松本:いや、いや、いや。あった、あった。
高須:あれはあったやろう?
松本:あった。
高須:あれ、よかったやろう?
松本:そんなん、やってたなあ。

← 第246回2006.6.17 - 08_2:尼崎思い出の味~あかつき、金蓮寺 | → 第246回2006.6.17 - 09:尼崎で放送室計画~「『山里ホルモン』は外されへんで」


☆クローズアップ Amazon

■美味しいお店
この後も懐かしの味トークは続きます。放送室では他にも松ちゃんが旅した福岡や名古屋など、美味しいものの話がたくさん出てきました。「すべらない話」を松ちゃんと共に生み出した、フジテレビ随一のグルメと名高い佐々木プロデューサーは「すべらない飯」の数々をまとめてリリース!松ちゃんと一緒に長年かけて実際に食したお店が一冊に!大勢で安くおいしく、きまずい上司との初メシ、仲良くなりたい同僚とのゴハン、ばったり会った同級生と…。いつどんなシチュエーションでも間違いなしの「使えるお店」がたっぷり紹介されているほか、すべらないお店選びの法則や松ちゃんの一言もあります!
佐々木はメシのことばっか考えとるからなあ。- 松本人志


人志松本のすべらない話のプロデューサー将佐々木のすべらない店
【掲載内容】
すべらない店選びの十則
すべらない料理+お店の紹介(佐々木Pによる「どんなときに食したのか」の解説)
人志松本のひと言付き!
プロデューサー将佐々木のすべらないお蔵だし
将佐々木のまさかと思ったすべった店  などなど!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/742-55516c47

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。