スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第246回松本人志の放送室 - 05:普段の力~「このバンド辞めたいんやけども」

松本人志の放送室第246回:普段の力~「このバンド辞めたいんやけども」 (25:00~)
高須:平常心って大切や思いませんか?ほんまに!
松本:うん。そうね。
高須:うん。なんか、「あれ?今日、なんかあかんなあ」っていう日と、「あれ?今日、ええなあ」っていう日とあるでしょう?なんか。いろんな。
松本:まあ、集中力やな。
高須:もちろん、集中力なんですけど、
松本:うん。
高須:それをも、それもやっぱし、
松本:凌駕するほどの、
高須:うん。やっぱり、気持ちを、
松本:うん。
高須:ああ、でも、1日1日でも、まあ、その時その時、
松本:いや、そうなんですよ。
高須:気持ちってあるなあと思って。
松本:いや、そうなんですよ。で、僕、もう、腹立つのがオリンピックとか観てたらね、「普段の力が出えへんかった」みたいなことを言うんですよね。
高須:うん。うん。
松本:まあ、これ、もちろん、そのう、フォローの意味も込めて言うとるんでしょうけど、そんなもんはもう、ばかばかしい話でね、
高須:うん。
松本:みーんな普段の力、
高須:うん。
松本:出たらな、
高須:うん。
松本:それはおまえ、みんな、言やあメダル獲れんねん。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:結局、普段の力出し大会なわけやんか。
高須:うん。いかに平常心を保って、
松本:そういうことなんですよ。
高須:うん。いい成績出るように、自分をコンディション整えるかってことやからね。
松本:そう。そう。そう。だから、日本の選手が金メダル獲った時も、他の国のやつが普段の力出えへんかったんや。
高須:そういうことや。ええこと言う。
松本:ねえ?
高須:なるほど。
松本:それをなんか、日本人があかんかった時だけ、
高須:うん。
松本:「普段の力さえ出せれば」みたいなさ。
高須:ほんまや。ほんまや。やっとや!今日。やっと今日、声出たわ。ボーカル。
松本:よかったー!
高須:もう、マイク入ってへんのかな思うたもん。ずっと。
松本:よかったー!
高須:いつ、
松本:スピーカー壊れてんのかな思って。俺。
高須:いや、もう、リズムも合ってへんからやな。1テンポ遅れて歌ってるからやな。
松本:あははははは!
高須:「大丈夫かな?今日のボーカル。」
松本:よかったー。でも、客はええ客やったでー。
高須:いや。広いから、わかってへんねや。
松本:はははははは。
高須:「ひとし、大丈夫か?今日」と思って。
二人:はははははは。
高須:いや、ほんまそうですよ。
松本:そうなんです。
高須:その通りですよ。

松本:あれ、腹立つねん。「普段の力、出えへんかった」って。
高須:まあなあ。普段の力って、ほんま難しいねん。
松本:うん。
高須:な。
松本:うん。
高須:それは、それがいつでもぽんと出たらええねんけど、それをね、
松本:うん。
高須:お笑いって、絶対出ると思われてるやろう?
松本:絶対出ると、なぜか思われてんねん。
高須:あれ、なんで?
松本:ねえ?
高須:絶対出る!と思われてるやん。
松本:イチロー、松井でも三振はすんのになあ。
高須:する時あんねんで。絶対出る!と思われてるやろう?
松本:なんであかんねん?いう話なんですよね。
高須:絶対出なあかん!って、
松本:いや、だからね、俺はね、もう、そう思ってるんですよ。もう、最近は。
高須:うん。
松本:もう、思いっきり三振するとこ観したろうと思ってるんですよ。
高須:うん。絶対そうやんね。
松本:うん。
高須:だって、そうやないと、絶っ対そんな、
松本:関係あれへんもん。
高須:関係あれへんって、思っとかなあかんよね。
松本:うん。いや、ほんとそうなんですよ。
高須:いや、そう、そう思いますよ。じゃないと、
松本:そんなもん、いつでもヒットなんか打てるわけあるかー、ぼけー、みたいな話です。
高須:って、思っとかんと、
松本:ええ。ええ。この三振を見よ!みたいなね。
高須:ああ。え?そんなに見せるの?
二人:はははははは。
松本:この三振ばっかりを見よ!みたいな。
高須:おお。この無様な三振を見よ!
松本:この無様な三振を、
高須:見よ!
松本:そう。そう。そう。そう。
高須:なるほど。
松本:バット持ってない、この姿を見よ、みたいなね。
高須:え?
松本:例えるならやんかー。ヘイ!たかす!
高須:いや。もう、はははは、俺んとこは、もう。
二人:はははははは。
高須:ギター、大変やん。
二人:はははははは。
高須:いきなりピース渡るから、もう大変やわ。
二人:あはははははは。
高須:ちょっと、もう、話があんねんけど。もう、ちょっと、このバンド辞めたいやけども。
二人:あはははは。
松本:なんでやー!?
高須:いや、もう、ちょっともう、ボーカルが。
松本:青天の霹靂やで。こっちにしたら。
高須:あはははは!ボーカル、おまえに、
松本:気に入ってくれてる思うてたから。
二人:あはははははは!
松本:気に入るわけないやろう。
高須:なんか困ったら振ってくるボーカル、嫌やで。そんなもん。
二人:ははははははは。

← 第246回2006.6.17 - 04_7:運は飲み干しちゃだめ~「ヘイ!ひとし!」 | → 第246回2006.6.17 - 06:左卜全さん「老人と子供のポルカ」


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/735-8e6c0af6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。