スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第231回松本人志の放送室 - 03_6:山ちゃんの奇病~「霊感めいたもんも出てくる」

松本人志の放送室第231回:山ちゃんの奇病~「霊感めいたもんも出てくる」 (11:55~)
松本:「霊感めいたもんも出てくる」みたいなこと言うてたで。
二人:ははははははは。
松本:そうなったら。
二人:はははははははは。
高須:何に憧れとんねん!
二人:はははははは。
松本:美輪さんは何から始まったんや!ほんなら。
高須:いや、ほんまやで。美輪さんも同じストロークと思ったら大間違いや。
二人:あははははは。
松本:アプローチがな。
高須:アプローチが違うわ!
松本:アプローチが全然違うやんか。
高須:そら、違う、違う。
松本:びっくりしたわ、俺。
高須:プロセスが違うねん。山ちゃんとは。全然ね。
松本:いやあー。
高須:でも、それ取ったら美輪さんになれると思ってる、山ちゃんの純粋さも、また、これ、すごいでしょ?
松本:なれると思っとる。いや、ほんまに、ほんまに。いや、しかももう、そのままやねんで。
高須:はあー。
松本:言うてることが。髪の毛を、もう、
高須:染めて。
松本:染めて。
高須:うん。
松本:カチューシャ的なものも付けて。
高須:で、ぎゅっと付けて。あははははは!
松本:付けたら霊感的なものも生まれるし、
高須:的なものがついてくる。うん。
松本:「シャンソンは習う」って言うてんねん。
高須:習うと。美輪さんやん!
二人:あははははははは!
松本:いや、これラジオ聞いてる人ね、山崎は笑かそう思うて言ってると思うでしょう?
高須:うん。
松本:これがね、山崎のことをわかってないですわ。
高須:そう。そう。そう。そう。
松本:甘い。
高須:本気やからね。
松本:彼は本気やから。

← 第231回2006.3.4 - 03_5:山ちゃんの奇病~「シャンソン習う」 | → 第231回2006.3.4 - 04:「生声を聞かしてやりたかったよ」


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/685-2e3c5ab8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。