スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第231回松本人志の放送室 - 03_2:山ちゃんの奇病~「めっちゃ気持ちいいんですよ」

■松本人志の放送室第231回:山ちゃんの奇病~「めっちゃ気持ちいいんですよ」 (2:40~)
松本:ほいでー、
高須:うん。
松本:病院行ったら、
高須:ほう。
松本:病院も、ははは、
高須:うん。
松本:結局、たらい回しみたいなことで、
高須:はははは。わかりませんと。
松本:もう3軒ぐらい行っとんねんけど。最後はもう、高須クリニックの高須先生まで頼ったんやけど、
高須:あはははは。
松本:あのう、これは、
高須:うん。
松本:病気あるんですって言われて。
高須:うん。
松本:これね、1万人に1人の。
高須:どうなんの?結局。
松本:あのね、勃起した時に、
高須:うん。
松本:ごっつ痛いねんて。

松本:とにかく痛いねんて。勃起した時に。
高須:はあー。
松本:でね、
高須:うん。
松本:もう、それをね、真剣やねんで、あいつは。
高須:うん。うん。真剣。
松本:真剣に言うねん!
高須:うん。
松本:もう、その、「勃起した時に、」
高須:うん。
松本:「無茶苦茶痛いんですよ」って。
高須:うん。うん。うん。
松本:で、そのう、「でも、だんだんそれは慣れてきて、」
高須:うん。
松本:「最初はごっつ痛いんですけど、」
高須:うん。
松本:「だんだん慣れてきて、」
高須:うん。
松本:「その最後イク瞬間は、」
高須:うん。
松本:「めっちゃ気持ちいいんですよ」って言うねやんか。
高須:うん。あははははは。
松本:で、だから、もう、あははははは。
高須:ええやんか。別に。
二人:はははははは。
松本:「ええやんけ!別に」って言うて。
高須:ええやんか、それ、別に。うん。問題ないやんか。
松本:「問題ないやんけ!」って言うねやんか。
高須:うん。うん。
松本:「でもね、これね、1万人に1人の病気なんですよ。」
高須:ほんまかいや。それもー。
松本:ほんでね、「もう高須先生もさじ投げてね、もう、これ治しようがない」って言うて。
高須:え?海綿体がどうなってんの?
松本:海綿体がわかれへんねや。なんかカチカチになってんねやー。
高須:その「カチカチになってる」いうのがわかれへんわ。
松本:なんか、あの、どっかなんか3軒ぐらい医者行って、
高須:うん。
松本:もう最終的には、もう、袋パンパンなるぐらい、あのう、なんかあのう、何?薬グワー渡されてんけど、
高須:うん。
松本:それもなんか漢方的なもんで、
高須:うん。
松本:もう、こんなもん気のもんですけどねって言うて渡されたらしいで。
二人:あははははは!


← 第231回2006.3.4 - 03_1:山ちゃんの奇病 | → 第231回2006.3.4 - 03_3:山ちゃんの奇病~「美輪さんみたいになろうと」


☆クローズアップ Amazon

■山崎邦正さん.2
山ちゃんと言えば外せない「ガキの使い 山崎vsモリマン」。08年大晦日には年越しSPも。放送室ではその半年前に、山ちゃんと菅さんの衝撃的な決定秘話がトークされていました。左のDVDには98年からの全6試合が3時間のボリュームで完全収録!松ちゃんに「一番の観客」の言われるほど楽しむドS浜ちゃん、「おまえ、天才やな!」と叫ばれた奇跡の瞬間などなど、一瞬も目が離せない歴史の記録です!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/680-f96829a5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。