スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回松本人志の放送室 - 09:河童を見た~「正直言うわ」

松本人志の放送室第47回:河童を見た~「正直言うわ」 (31:25~)
高須:それ、自分が、
松本:うん。
高須:カッパやって言うたのは、
松本:うん。
高須:水かきのみを見て言うてるわけやろう?判断したのは。まず皿は、皿のようなものがあったとかなかったとか。
松本:それは正直言うわ。
高須:うん。
松本:それは嘘。その、全然そんなのなかったよ。皿とか。
高須:はははは。なんや、こいつ。また、これ、
二人:ははははは。
高須:物的証拠が1つ減ったな。
二人:はははははは。
高須:どないしていくつもりや。
松本:じゃあ、じゃあ、正直言うよ。
高須:うん。
松本:ほんまに、
高須:うん。
松本:その、指かき。水かき、
高須:うん。水かき。うん。指かきって。はははは。
松本:ぽい、ぽいのが見えたっていうことだけやで。
高須:あら。きた、きた。
松本:これを要約していくと。
高須:あははははは!どんどん、うん、シェイプアップしていくと。話を。
松本:シェイプアップしていくと。
高須:していくと。うん。水かきみたいなものが見えた。
松本:が見えたっていうだけのことやね。
高須:なんでそれがカッパやの?
松本:知らん。
高須:うわあ。自分、やっぱり辛いでー。これ。
松本:あははははは。
高須:ははははは。今後、言っていくのは。
二人:あははははははは!
松本:でも、俺はこのラジオやから、
高須:いやあ。いやあー、いかんー!
松本:俺はこのラジオやから、
高須:うん。
松本:ね。
高須:あえて。
松本:あえて、
高須:うん。
松本:本音で、今、しゃべったけど、
高須:うん。
松本:これからテレビでも、
高須:うん。
松本:どんどん脚色して入れていく。
高須:あははははは!でも、今のが原形ね。
松本:うん。ほいで、嘘つくなと。あのラジオ聴いたんや俺はって言うやつが現れたら、
高須:うん。うん。うん。うん。うん。
松本:俺は殴る。
高須:あははは。なんでやねん。
二人:ははははははは。
高須:なんでやねん!
二人:はははははは。
高須:それは。
松本:今日、ここだけで正直に言う。
高須:はははは!まあな。
松本:ほとんど見てないに近い。
高須:はははは、せやろう?
松本:うん。
高須:自分、だからもう早めに。
松本:あはははははは。
高須:見てみい。みんな、もう情けないいう顔してるで。
松本:今日、今日だけやで。
高須:自分、だからあかんて。
松本:特別やで。
高須:うん。もう言うたらあかんな。
松本:もう絶対に、もう言うたあかん。
高須:今日帰ったら、もう考えとかなあかんで。
松本:もう考える。
高須:いろんな形で。
松本:もう考える。もっと、
高須:もっとおもしろくする。
松本:もっといろいろ、もっとおもしろく考える。
高須:な。
松本:うん。
高須:俺な、ほんまに、ははは、
松本:うん。
高須:何度も聞いて、完成度低いのに、
松本:低い。低い。
高須:なんでこれ推していくんやろうな。
松本:低い、低い。
高須:はははははは。
松本:この話、何回かしたけど、いっつもやっぱ心の中に、
高須:うん。
松本:弱いなあ~とは思ってるよ。
二人:あはははははは!
松本:いや、低い。
高須:なあ!
松本:俺のいろいろ、その、持ち駒の中でもかなり。
高須:中でも、かなり低いやろう?
二人:あはははははは!
高須:せやのに、なんでこれ推すんかなあって。俺の中では、
二人:あはははははは!
高須:すっごい不思議やったのよ。
松本:うん。うん。うん。うん。
高須:やっぱり、そうかあ。

← 第47回2002.8.22 - 08:河童を見た~「ほんまのほんまやからね」 | → 第47回2002.8.22 - 10_1:「UFO見たのはほんまやで」


☆クローズアップ Amazon

■放送室
「本音」たっぷりの放送室!「松本組」浜ちゃんのこと今ちゃんキム兄ロンブーの話や、大ヒット映画「千と千尋」、後に「○○な話」でも披露する「カッパと遭遇」の裏話、そして「ごっつ・オジンガー」橋爪さんを想って…。ここでしか聴けない10時間!ぜひお二人の声で雰囲気ごと楽しんでください。完全限定発売です。
もっと詳しく見る



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/643-f690802c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。