スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第356回松本人志の放送室 - 01:今週の曲とサマリー

【サマリー】
今日のラジオネームから「アイスノンってなんやねん?」と「おかしなことば」についてでスタート。

たかすちゃんの高校の同窓会での出来事に「年を取ると同じ世代を体験した人たちが貴重に思えてくるんですよ」と松ちゃん。たかすちゃんも「この世に生きてる人は全員がそうですからね。そのうちじゃないですよ、今でもそうですよ。ここに生きてる、だからね国で争ってるけど、この時代を生きてる『同士』ですよ。同じ時に生きた動物も全部そうですよ、花も。この時代でしか巡り合ってないんですよ」と語る。「『どんだけ』熱く生きるかなんですよ!」に、松ちゃん「どんだけ~」「おもろいもんでさ、今が一番でも実はおもろかったりするじゃないですか。もうかなり通の楽しみかたですけどね。この間もリンカーンにHG来たけど、1回も腰振れへんからね。だからほんまは今、楽しいとこなんですけどね。今、僕、ゲッツちょっとおもろいんですよ。そういう時期があるから」と語る。たかすちゃんは「ちょっとおもしろい」とはなわの弟・ナイツの話。

「年齢なのかな」といかを食べる大変さ。たかすちゃんがゴルフに行った時にキャディさんが干した手袋がダメになってしまった話に、あるべき対応を論ずる。

たかすちゃんが「『ビジュアルバム』の一京、二京、三京。あのコント好きやったな」。「いや、だからね。ほんまはああやって、いいコントをもっと作っていきたいって気持ちもあるんですけどね」と松ちゃん。

今週の曲「昭和枯れすすき」から、「ナイスムーンサルト!」。吉本とテレ東のイベントについて。「お笑い芸人って、ことばのやくざやね。何にも言わさへんように持ち込むんですよ。暴力じゃないですよ。でも「ことば」という壁とパンチで、相手立たれへんようにしてまうねん。すごい武器やね。手数が早いやつもいてるし、パンチ一発ボーン打ち込んで周りがほんまやと思って囲んでもうて、一人っきりにさすこともできるしね。「ことば」ってすごいんやなと思ってね」とたかすちゃん。話題の鼠先輩「ギロッポン」の生みの親・斉藤さんのこと。松ちゃんも「ヘイポーが観れるのは、ガキだけですからね」。電波少年にゲストで呼ぼうかとなったことがあると続き、もう一度松ちゃんの「どんだけ~!」。最後は映画について語り、エンディング。


ダウンタウン松本人志の放送室第356回:オープニング
松本:あー、どうもー。まっ、松ちゃんコンディショナーです。
高須:どうもー。高須に向かって撃てです。

← 第355回2008.7.19 - 01:松ちゃんの今年の夏休み | → 第356回2008.7.26 - 02_1:松ちゃんの「どんだけ~」


☆今週の曲

■昭和枯れすすき / さくらと一郎
1974年の大ヒットデュエットソング。
「♪貧しさに負けた、いいえ世間に負けた・・・二人は枯れすすき」
高須:すごいな。二人をね、男と女を枯れすすきに例えれんのが。
松本:いやあ、すごいね。
高須:もう、ちょっとコントにできるな思って。この曲の。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/64-7e76edbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。