スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第47回松本人志の放送室 - 06_1:河童(カッパ)を見た

松本人志の放送室第47回:河童(カッパ)を見た (24:00~)
高須:「れ」ですよ。「れ」。
松本:「れ」。
高須:「連休」な。
松本:うーん。そうやなあ。
高須:「れ」。
松本:「霊体験」が俺、ないのでねー。
高須:自分ないの?
松本:いっつも困んのよね、こういうのって。
高須:自分なんかよう昔、
松本:うん。
高須:若気の至りで「河童(カッパ)見た」とか言うとったな。UFO見たとか。
松本:ちょっと自分、よう言うわ。
高須:若気の至りで。
松本:あはははは。
高須:ゆるーい嘘ついとったな。ゆるーい嘘。
松本:ははははは。
高須:まあ、そんなもんもありかみたいな時期やったんかもしれへんけども。
二人:はははははは。
松本:もう、力出えへんわ。もう、あんまりにも情けなすぎて。
高須:そういうパターンやろ?だから。
二人:ははははは。
高須:「力出えへんわ、もう情けなすぎて」っていうのでもっていくネタなんや。
二人:はははははは。
松本:100%、
高須:うん。
松本:100%、
高須:うん。
松本:カッパは見た。
高須:うわ。辛いなあ、それ。それ言うてかなあかんねんで、これ。死ぬまで。
松本:ははははははは。
高須:辛いでー。もう、ええって。もう、ええって。ほんまに。
松本:ほんまに見たんやから。
高須:おるわけないやんか。
松本:いや、そう、だから俺言うてんねやんか。
高須:うん。
松本:じゃあね、
高須:うん。
松本:じゃあな、
高須:うん。じゃあ、
松本:見てへんのに、何で俺見たって言うてんの?
高須:いや、そういうこと好きなんやろう。脅かしたいの?そう。
二人:あははははは。
高須:ちょっとした軽い笑いがほしいんや。
二人:ははははははは!
高須:そんなことも言うてみたったんやな。
松本:見てもせんのに見た。
高須:うん。
松本:しかもカッパみたいなベタなものをね、
高須:そう。俺、だからびっくりしたんや。
松本:でしょう?
高須:なんでカッパなんか言うねや。
松本:これ、ちょっと俺のこと考えて。
高須:うん。
松本:俺のこと知ってるでしょう?
高須:めちゃめちゃ知ってるがな。
松本:ね。
高須:うん。昔から知っとるがな。
松本:結構ベタを嫌う人間じゃないですか。
高須:うん。うん。うん。
松本:カッパなんて。そんなね、
高須:いや、そらそうよ。俺、びっくりしたよ。それはしんどいでー、ここ何年かずっと言ってくの。
松本:そうやろう?
高須:うん。
松本:そうやろう?
高須:うん。
松本:そやったらノスタラダムス見たって言うほうが、
高須:うん。
松本:なんかまだ「あれ?こいつなんかくっとるな」っていう、なんかこう、
高須:はははは。
松本:ネタっぽい感じがあって「おう、おう、おう、ちょっと心引かれるやん。どこで見たんや」って思うやんか。

← 第47回2002.8.22 - 05_2:「一人ごっつ」 | → 第47回2002.8.22 - 06_2:河童(カッパ)を見た


☆クローズアップ Amazon

■放送室
初期の頃の放送室は、毎回キーワードをお二人で上げつつトークされていました。第1回目が「あ」2回目は「い」から始まるワード。47回目の今回は「れ」「恋愛」についても赤裸々にトーク!CD第5巻に収録されています。他にも「松本ファミリー」について、「千と千尋」のこと、そして「ごっつ・オジンガー」橋爪さんを想っての話など、ここでしか聴けないトークがぎっしり!ぜひお二人の声で聴いてみてください。完全限定発売です。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/638-142da773

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。