スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第92回松本人志の放送室 - 07:ワイドショーへの怒り

松本人志の放送室第92回:ワイドショーへの怒り (19:15~)
松本:またそうや。俺、昨日も「ガキ」で言うてもうてんけど、また思い出したわ。
高須:ははは。
松本:「ジャスト」。
高須:ははははは。今からちょっとしばらく、あの、松本さんの、
松本:うん。
高須:これなんか、うっぷん晴らすタイムに。これね。ははははは。
松本:はははは、うっぷん晴らすんじゃないねんけど。もう、ええ加減にせなあかんよ。なんかね、「ジャスト」でね。「ジャスト」ってあるやろう?
高須:うん。番組ね。
松本:TBSか何かの。
高須:うん。うん。うん。
松本:そら、ほんま訴えたろうかな思ってね。俺が何や都内にマンションが5つか6つぐらいあるみたいな。
高須:うん。
松本:俺が直接見たわけちゃうねんけど。
高須:うん。誰かから聞いたんやな。それは。
松本:ない!言うねん。
高須:まあなあ。俺、知ってんのは、1、
松本:1個だけやんか。
高須:あ、もうあれなくなったんや。
松本:1個、幡ヶ谷のやつ1個やんか。
高須:あれね。
松本:あれを買ったんや。
高須:そうやな。
松本:で、今はちゃうとこに住んでるけど。
高須:ああ。賃貸やからな。今な。
松本:それまだ、まあ売れてないというか、別に、
高須:うん。売る気もない。
松本:まあそんなに強気、強く売ってるわけでもないんで。
高須:うん。うん。
松本:だけやんか。
高須:まあ、そうやな。
松本:それもう全部言うてるやんか。
高須:うん。
松本:5つぐらい、え、最近では何やまた芝浦のほうにどうたらとかさ。
高須:ああ、そう。
松本:で、事務所に問い合わせたら何やまあまあ、それはプライベートなことなんでみたいに言われたみたいな、
高須:うん。
松本:まあ、それは取りようによっちゃあ、もう認めてるみたいな。
高須:まあ、そうやな。
松本:絶っ対、事務所に問い合わせてへんからね。
高須:まあな。
松本:だって、事務所に問い合わせたらわかるもん。
高須:うん。
松本:田島に代われや、田島に。
高須:うん。
松本:全部知ってるわ。
高須:まあな。
松本:ないって。はっきり言うやんか。
高須:あれなんで、その、その誤報は許されんのやろうな?
松本:なんでその誤報は許されんの?
高須:テレビで、
松本:いや、「松本、そない怒らんでええやんけ」って思われるか知りませんが、
高須:うん。
松本:違うんですよ、これ。これね、下手したらこれね、税務署とか動くんですよ。
高須:うん。まあ、そらそうですね。「あれ?」
松本:「隠し財産やんけ」ちゅう話でしょう?
高須:「そんなん、うち聞いてへんで。」
松本:「聞いてへんで」って。
高須:「そんなに持ってるの?」
松本:「そんな持ってるの?」いうて税務署がやね、変にこうやられたらやね、
高須:うん。
松本:もうかなわんがな、それが。
高須:はははは。かなわんねや、それ。別にええやんか。
松本:いやいや、違う。違う。
高須:払ってるやん。毎年。
松本:税務署っていうのは動いた以上、絶対何かしはるから。あの人らは。
高須:はははは、何で敬語なんの?そこ。
松本:ここは敬語にしとかんとあかんやん。
高須:ははははは!
松本:あの人たちは。きっちりした人たちやから。
高須:まあな。しはるからなあ。
松本:しはるから。それは。
高須:うん。それはそれでな。なんでそこで、はははは。
松本:全然、痛くもない腹さぐられてやね。そんなもん。で、変なきっかけ作るなっちゅう話やねん。
高須:そうやねんな。「あれ?」
松本:これ、もし俺、タレとか嫁はんでもおってやな、
高須:うん。
松本:「あんた」ってなって、
高須:ああ、えらい問題や。
松本:これ大問題になったら、どう、誰が責任取ってくれんねん。
高須:「あと3つ、どこにあんのよ?!」
松本:「どこにあんのよ」って、「聞いてへんでー」ってなってみ。
高須:ほんまやなあ。
松本:やろう?
高須:うん。ああ、そう。
松本:これは軽々しくそんな、あの、しかもこれ「間違い」じゃないやろう。もうそこまで行ったら。確信犯やんか。
高須:まあな。
松本:「間違い」じゃないよ、それ。
高須:まあな。うん。うん。うん。うん。
松本:もう完全にわざと、「嘘」ついてるわ。
高須:うん。うん。そら、そうやわ。
松本:誰と間違うてんやいう話や。そんなら。
高須:はい。はい。はい。はい。
松本:すいません、間違いましたって、
高須:芝浦のほうはな。
松本:うん。
高須:そんなことまでわかってるわけやからな。
松本:誰と間違うてんねん。
高須:へえー。ああ、そう。
松本:うん。
高須:まあ、でもまあー、その人たちはもうなんか面白半分なんやろうけどな。たぶん。
松本:面白半分かどうか知らんけど、
高須:うん。
松本:それはちゃんと調べてやらんとあかんわ。
高須:うん。まあまあ。
松本:悪い傾向やで。ほんまに。
高須:まあな。
松本:スポーツ新聞だけなんか貼り出してそれ読んで、それがいかにも事実みたいな。ほんまにおまえら裏取ったんかいう話やねん。
高須:うん。
松本:で、それが事実じゃなかったら新聞側の責任して、
高須:うん。
松本:自分らは「いや、書いてたから読んだだけです。」
高須:うん。うん。
松本:な。
高須:うん。うん。うん。
松本:なんやねん!
高須:いや、でも俺ちょっとは、その、
松本:ワイドショーはある種、週刊誌とかスポーツ新聞よりタチ悪いな。あいつらは。
高須:いや、でもスポーツ新聞もなんかその、連動してるけどな。
松本:うん。

← 第92回2003.7.3 - 06:たかすちゃんは「変わってるなあ」 | → 第92回2003.7.3 - 08:ハプニング!

まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/583-c3d5bf07

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。