スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第388回松本人志の放送室 - 05:7年の間に

松本人志の放送室第388回:7年の間に (10:25~)
高須:このね、7年間というのはすごいなと思いますよ。
松本:はあ。
高須:あなたは花粉症なんか絶っ対ならへんと、
松本:はい。
高須:あんだけ言うてたあなたが薬飲むようになってますからね。
松本:いや、まあ、まあ。
高須:だから人生っていうのは、何があるかわからんなあーと思いましてねー。
松本:いや、そんなん言い出したら、煙草もそうですしね。
高須:煙草もこの、この時やったっけ?
松本:煙草、これ始まった時はもう、
高須:あ、そうやわ。
松本:すぱすぱ吸うてましたから。ほいで、この、
高須:もうね、
松本:汚い、ははは、汚いって、
二人:あははははは。
高須:ちゃんとしとるわ、ここ。ちゃんと。
松本:あははははは。
高須:いろんな人、しゃべっとんねん。ここで。
松本:まあ、汚い方のね、
高須:うん。
松本:いや、きれい方と汚い方で言うと、汚い方じゃないですか。
高須:まあ、きれい方いうか、新しい方と古い方ね。
松本:ああ、まあ、まあ、古い方イコール汚いですからね。
高須:まあまあ、ははは、ちょっと汚れてますけどね。
二人:あははははは。
松本:そのスタジオに、
高須:うん。うん。
松本:されたんですから。
高須:いや、そう、煙草吸ういうことでね。
松本:煙草吸うてた。そう。そう。そう。
高須:そうです。びっくりしましたよ。あれも。
松本:そう。
高須:あなたのせいで、あっち行かれへんねや思って。
松本:そう。そうです。
高須:でも意外とこれはこれで、こっちでもええねん。
松本:もう止めてるんですよ。もう、煙草とっくに止めてるんですけど、
高須:うん。うん。
松本:もう戻してもらえない。
高須:あの、本社のほう行かれへんやろう?
松本:幽閉されてるみたいな感じですよ。これもう。ははは。
高須:そうやねん。あっちの本社の、
松本:本社の、ええ。
高須:あのええ感じのほう行きたいなあ。
松本:行けないんですけどね。
高須:ねえ。
松本:ええ。
高須:天井の高いとこ。
松本:もう結局行けず終いですけどもね。ええ。
高須:まあまあ、いいじゃないですかね。それはそれで。
松本:はい。
高須:いや、そうですかあ。そんなこともあって。7年の間に、煙草止め、
松本:止めて。
高須:花粉症になり。
松本:ははは。まあ、なってないですけどね。
高須:うん。まあ、ええわ、それはもう。しんどいわ。そこはもう。
二人:あははははは。

← 第388回2009.3.7 - 04_2:終了への思い | → 第388回2009.3.7 - 06_1:落語はすごい


☆クローズアップ Amazon

■放送室
2001.10.4にスタートした放送室。終了してしまうとは・・・・・・本当に残念で寂しいです。放送開始から7年半。おもしろいのはもちろん、ラジオでしか聞けないような時事に関する話も新鮮で、「そういう見方や考え方もできるんだな」と学びになりました。08年には松ちゃんご自身の企画でCD-BOXが連続リリース、本もこれまで4巻発行されています。CDは完全生産限定、本も在庫が少ないようなので、改めてご紹介します。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/497-3abeac58

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。