スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第385回松本人志の放送室 - 02:落語について

松本人志の放送室第385回:落語について (24:10~)
高須:最近、落語を聞いてるんです。
松本:あ、これ、奇遇ですねー。奇遇ですね。
高須:そうですか?
松本:はい。
高須:あなたも?
松本:僕もあのう、枝雀(しじゃく)さん全部集めたろうと思って。
高須:ああ、枝雀さん聞いてるんですか、今?
松本:はい。
高須:枝雀さん、何聞きました?
松本:いや、まだ聞いてないですよ。
高須:集めたろうかなと思ってる、今、展望しゃべっただけ?
松本:そうですよ。
高須:ええっー!?
二人:ははははははは。
松本:「高須、海は広いのおー」っていう話ですよ。
高須:何を言うてんねん。おい。
二人:ははははははは。
松本:まだ船も買うてないですよ。
高須:ちょっと待てよ、おい。
松本:あはははははは!
高須:俺もう同じように、てっきり船乗ってる思ったもん。
松本:あはははははは。
高須:一航海してきたのかと思って。
松本:ああ、ごめん、ごめん。双眼鏡覗いてただけ。
高須:こわ!
松本:あはははははは!
高須:こわ!はははは、一緒に日本を作られへんわ。こんなやつと。
二人:あははははは!
松本:「じゃけー」は言ってますけどね。あははははは。
高須:あははは。違うがな。はははは。ちょっとぐらいは船に乗ったことある台詞やがな。
松本:あははははは。
高須:奇遇や言うのは。
二人:あはははははは。
高須:考えられへんわ、自分!
松本:ははははは。

◇関連トーク:放送室終了告知の回でも、思いを語っています。
「枝雀さんはすごい。鳥肌立つね。で、ちょっと泣きそうなるね。すごいですよ。」
2009.3.7放送 第388回松本人志の放送室 - 06_1:落語はすごい |
08_1:「松本人志はそこを目指すしかないんですよ」

← 第385回2009.2.14 - 01:オープニングと今週の曲 | → 第385回2009.2.14 - 03:落語について~枝雀さん、志ん朝さん、談志さん


☆クローズアップ Amazon

■落語.1 桂枝雀さん
枝雀さんはお二人と同じ兵庫県出身。1973年に桂枝雀を襲名し、師匠の米朝さんと並んで上方落語界を代表する存在になりました。次のトークで松ちゃんが「映像もあったほうがええかなあ」と語るように、高座での身振り手振りがとても魅力的。残念ながら1999年に自殺で亡くなり、その姿をDVDでしか見られなくなってしまいました。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/466-f622b58f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。