スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第381回松本人志の放送室 - 08:東野さん

松本人志の放送室第381回:東野さん (50:30~)
松本:これ、あいつのええとこでも悪いとこでもあんねんけど、
高須:うん。うん。
松本:人間のことを興味はあるんやけど、
高須:うん。
松本:基本的に、
高須:うん。
松本:あのう、なんやろうな、そこまで人間を、
高須:うん。
松本:信じてないから、
高須:うん。うん。
松本:誰とでも2人で飯行けんねん。
高須:そうやねんな。
松本:あいつって。
高須:俺、びっくりしたもん。
松本:うん。
高須:2人っきり?!って思ったもん。
松本:だから、人見知りとかないねん。あいつ。
高須:まじで?
松本:極端な話、別にほんまに扇風機でもええねん。大型のちょっとした扇風機でもええねん。
高須:おー。なるほど。なるほど。
松本:こいつ、首振りよんなーぐらいのことやねん。
高須:うん。
松本:それだけであいつは飯食えんねん。だからなんやったら、ずっと漫画読んでてもええねんもん、あいつ。
高須:それ、言うてたもんな。
松本:うん。
高須:いや、それ、
松本:だから、逆に言うと誰とでも飯行けんねん。あれ。
高須:それもすごいけどねえ。
松本:ええ。そんなやつに、俺もう3回ぐらい連続で断られてるけどね。
高須:あははははは!飯?
松本:うん。
高須:それ、よっぽど嫌がられとるがな。
松本:あはははははは。いや、でも、ほんまに。

◇関連記事:東野さん登場、「すべらない話 ザ・ゴールデン」&「新喜劇」!
「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」リリース!
50周年!吉本新喜劇「ギャグ100連発」

◇関連トーク:東野さんにまつわるトークあれこれ。
2006.2.11放送 第228回松本人志の放送室 - 06:今年の運勢トップ10入り!?
2008.1.26放送 第330回松本人志の放送室 - 06:年末特番のダウンタウンの運勢順位 | 11_1:力のある者の戦い~「あの泣いたくだりかいな」 | その2:「力のある人間はそこと戦っていくしかないから」 | その3:「やりすぎコージー」の場合 | その4:「やりすぎコージー」の場合 | その5:ダウンタウンど新人の頃 | その6:松ちゃん「M-1」出場?! | その7:「めっちゃ泣いてたもんな」
2008.8.2放送 第357回松本人志の放送室 - 03:東野さんを誘ったら
2009.2.14放送 第385回松本人志の放送室 - 07:「柳田という男」

← 第381回2009.1.17 - 07:アメトーーク | → 第381回2009.1.17 - 09_1:後輩への思い


☆クローズアップ Amazon

■東野さん
「あいつ殺されたらしいで。」― 兄からの久しぶりの電話は、十三年前に失踪した父の死を告げるものだった。数年ぶりに顔を揃えた家族四人は、時間を取り戻すように語りだす。一つ屋根の下で暮らしたあの頃のことを…。その笑えぬ事件の数々とは?
松ちゃんには「人間を信じてない」と言われ、「人を愛したことがない男」の異名?!を持つ東野さんが「7割の作り話と3割の実話」と語る小説「泥の家族」。テレビで見せる「お笑い」の顔とは異なる才能に輝いています。
もっと詳しく見る


そしてこちらはおなじみの「やりすぎコージー」。スタッフには放送室のディレクター長谷川さんも名を連ねています。松ちゃんは年末特番の感想を何度かトークしたり、また今ちゃん、東野さん、ジュニアさんらMCの立場について「東野が一番伸び伸びできる。今田がもし辞めたら、今度、東野がきつなってくるよ。で、今度ジュニアがすっごいやりやすくなってくる」と語っています。そんな分析を思いながら観てみると、またおもしろいかも。新作も続々リリースされています!お見逃しなく!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/402-091f64d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。