スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第375回松本人志の放送室 - 04_1:「笑ってはいけない新聞社」の収録裏話

松本人志の放送室第375回:「笑ってはいけない新聞社」の収録裏話 (9:10~)
高須:いやあ。疲れたと言いますと、松本さん。
松本:はい。
高須:「笑ってはいけない」、どうでしたか?ロケ終了ってことで。
松本:「笑ってはいけない」。だからもうほんとに、
高須:はい。
松本:まあ今年でもよかったなと思うのは、
高須:はい。
松本:次の日からめっちゃ寒なったでしょう。
高須:そうなんですよね。
松本:あの日までは割と、言うても、
高須:暖かかった。
松本:まだ我慢できるぐらいの感じやったから。
高須:そうなんですよね。
松本:いやあ、あれには救われたねえ。

高須:どうですか?松本さんから見て、この今年はどれぐらいのもんですか?
松本:いや、まあ、よかったと思うんですけどね。
高須:まあまあ、よかったですか?
松本:うん。まあ、よかったと思うんですけど、ちょっと前半、走りすぎたよね。
高須:ああ。まあ、そうですね。
松本:ええ。
高須:前半いろいろなもの。いや、あのね、
松本:うん。
高須:あの辺しか、
松本:うん。たぶんゲストがあれでしょう?
高須:時間決められへんから。
松本:で、今度真ん中ガバッと空いて、今度深夜はまたこう、呼べるみたいな。
高須:ははははは。ようわかってますなあ。あなた、この業界わかって、
松本:そう。真ん中ガバッと空くから、あそこは疲れるわ。
高須:違うねん。あのね、演者さんが大きくなると、時間あんまりこう、待ち時間があったりとかできへんわけですよ。
松本:うーん。
高須:大体この入りで、これでお願いしますみたいな。
松本:まあ、そうやろうなあ。
高須:うん。ほいで、まあなんとなく、ほいで芸人さんとかはちょっと後半ね、
松本:うん。
高須:いろんな仕事終わって集まるのがこの時間、みたいなところで、
松本:うん。うん。
高須:どうしてもそういうシフトになってくるんやけどね。
松本:うん。うん。いや、まあ、
高須:まあ、でも、おもしろかったと思いますよ、僕らも。
松本:うん。うん。
高須:ああ、おもしろかったなあつって、みんな言うてたんですよ。
松本:まあ、そうやね。
高須:まあまあ、よかったんちゃいますかと。
松本:うん。うん。よかったんちゃいますか。
高須:ほいで、あの、ヘイポーもね、やっぱおもしろく。
松本:うん。
高須:あのう、
松本:あ、ああ。
高須:もう全然ひらばの1本なんかも平気で、
松本:乗り越えてきた。
高須:この間のと、また違う色出してきた言うたからね。これ。
松本:ああ。なるほどねえ。
高須:これもう、どうしようか言うてんねん、これ。あそこの枠だけでも、
松本:入れへんのちゃうかと。
高須:入られへんのちゃうんかって。あれはまたひらばで、
松本:ちょっと、ほいでまあ、別にあれやけど、大丈夫?*****(音消し)、逆に全然おいしないことになってへん?
高須:全然。
松本:大丈夫?
高須:大丈夫です。
松本:うん。
高須:まあ、これまだ*****っていうのは止めといてくださいね。まだね。
松本:ああ、ああ。わかりました。うん。
高須:でもまあ、あのう、おもしろいです。
松本:あ、俺は知っててもええけど、オンエア的にしんどいんか。
高須:そういうことですね。
松本:ああ。
二人:ははははは。
高須:ちょっと。自分。
松本:ええやんか。そんなこと別に。
高須:しっかりしてへんなあ!
松本:あはははは!ええやんか、そんなもん。
高須:見てへんなあ!足元が。
松本:はははは。このラジオをね、聴いてる人にはちょっとぐらいわかったぐらいの、 
高須:もう。うわ、うわあ。うわ、うわ、うわあ。
松本:ちょうどええとこじゃないですか。
高須:あかん、あかん、あかん。
二人:あはははは。
高須:グラグラやんか、もう、自分。
松本:ははははは。
高須:しっかりして。もう。

← 第375回2008.12.6 - 03:山ちゃんのはったり | → 第375回2008.12.6 - 04_2:「笑ってはいけない新聞社」の収録裏話


☆クローズアップ Amazon

■ガキ「笑ってはいけない新聞社」
このトークの3週間後、08年大晦日年越しを飾ったのが「ガキ 6時間SP」!今回の舞台は「ガースー黒光新聞社」。さすが初の大型特番。怒涛の仕掛けが次々に!美人記者?!藤原さんに導かれ乗車したバスに始まり、深夜はヘイポーの新たな迷言「どうしたの~?!」が響き渡る!DVDには恒例のみんなで振り返る「あの時は…」ももちろん収録されています!
もっと詳しく見る


そしてこの年は同時に「山崎vsモリマン」も再び!小池栄子ちゃんの花束贈呈をはじめ、ゲストも企画も豪華盛りだくさん!菅総統率いる「スガッスル」、スペシャルレフェリーのケンコバさんに世界のナベアツ、助っ人?のタイガーマスク、北斗晶さん。ダイナマイト四国のスペシャルマッチには、「私の元ダーリンをいじめるやつは許さないー!」とキューティー元四国がサプライズ参戦!過去の名作リベンジマッチ2回や、みんなで選ぶベストシーン、山ちゃん&菅さんビッグ対談など特典も◎。「笑ってはいけない新聞社」とセット購入で「ガースー黒光新聞社」特製グッズがもらえます♪
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/320-7c91aa13

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。