スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第374回松本人志の放送室 - 04_1:「パパと呼ばないで」

松本人志の放送室第374回:「パパと呼ばないで」 (13:45~)
松本:あなたも結構好きでしょう?「パパと呼ばないで」。
高須:はい、はい、はい、はい。
松本:全部、持ってます?
高須:全部持ってないです。
松本:なんやねん、こいつ。
高須:なんや、あんたが一番、
松本:全~然、あかんやん。
高須:いや、言いたいだけやん。
二人:ははははは。
松本:あの、僕、全部持ってるんですよ。
高須:はい。はい。
松本:ええと、1話からあれ40話ぐらいまでかなあ。

松本:ほいで、やっぱ僕はもうほんとに好きで。
高須:うん。
松本:いまだにちょこちょこ観返すんですよ。
高須:あ。うん。うん。うん。
松本:もうこれだけはもう、僕はもう、一生たぶん続けると思うんですね。
高須:よう観ます?何回観てますか、もう?
松本:もう、そうですねえ。もう30回ぐらいは観てるんじゃないかな。
高須:ええっー?!
松本:はい。観てると思いますね。
高須:なんぼほど好きなん。「パパと呼ばないで」。
松本:そうでしょう。ほいでね、特に僕の好きな回が、
高須:うん。
松本:あのう、まあ、言ったことあると思いますけども、
高須:うん。
松本:「猫ふんじゃった」なんですね。
高須:うん。うん。うん。うん。うん。
松本:まあ、他にもいっぱい、
高須:うん。
松本:僕ん中でA、B、Cランクがあるんですよ。「パパと呼ばないで」では。
高須:うん。うん。うん。うん。うん。
松本:で、Aランクっていうのが、やっぱ5、6本あるんですけど、
高須:うん。ああ、30ん中で。
松本:その中でも、
高須:うん。
松本:さらに特Aが、
高須:特Aが。
松本:「猫ふんじゃった」なんですよ。
高須:はい、はい、はい。
松本:知ってます?「猫ふんじゃった」。
高須:いや、知らないです。
松本:もう、なんやねん。こいつ。
高須:いや、いや、いや。
松本:全~然、あかんやん。
高須:いや、言うてや、それ。
松本:あのね、
高須:うん、うん、うん。
松本:あの、チー坊が、
高須:うん。うん。
松本:あの、ピアノほしいって言うんですよ。
高須:あ、なんか。あ。
松本:で、右京さんがおもちゃのなんか子供のピアノを買うんやけど、
高須:ああ、あった、あった。うん。
松本:「こんなのピアノじゃない」、言うて。
高須:はい。はい。
松本:チー坊はもう、あのう、「大きいのがほしい」みたいなこと言うんですけど、
高須:そう、あった。その回ええな。
松本:「そんなこと言うなよ」、みたいなこと言うんですよ。
高須:その回、泣くねん。
松本:で、そうこう言うてるうちに、ね。ね。
高須:その回、ええ。
松本:そこでもう、あのう、だから公園で、
高須:はい。
松本:なんか、お金持ちの夫婦にみたいな、
高須:うん、うん。
松本:なんかこう、なんかなんかしてるんですよ。
高須:うん。うん。うん。
松本:そこでひょんなことから出会って、
高須:うん。うん。
松本:「うちに来ない?」みたいなことで、来たらピアノがあるんですよ。
高須:うん。あって。
松本:「うわあ。パパ、ピアノだー!」言うて。
高須:うん。
松本:「いつでも弾いていいのよ」みたいなこと言われて。すんごいきれい、いいお母さんで。お父さんがいて。
高須:うん。いいなあって。
松本:でもお子さんがいてないんですよ。
高須:うん。
松本:で、「このぐらいの子供が、もうほんとほしいです」、みたいなこと言うんですよ。
高須:うん。うん。
松本:「僕みたいなもうこんな独身の、結婚してないのに娘、」、自分の娘じゃないんですよね、姉ちゃんの子供ですから、あれは。「こんなんなるのに、ほんとの子供ほしい人にはできない。世の中ってねえ」、みたいなこと言うんですけども。そうこうしながら、ピアノがもうあるもんやから、チー坊はもうそれからしょっちゅうそこ遊びに行くようんなって。めっちゃお母さんも優しいし、お金持ちで、ケーキ焼いてくれたりなんかして。もう、だんだんもう、そっちがええ感じなってくるんですよ。
高須:なってくんねん、これ。こっからええとこや。
松本:こっからいいとこなんですよ。
高須:こっからいいとこですよ。

← 第374回2008.11.29 - 03:放送室CD-BOXの特典はin武道館DVD! | → 第374回2008.11.29 - 04_2:「パパと呼ばないで」


☆クローズアップ Amazon

■パパと呼ばないで
東京の下町を舞台に当時7歳の杉田かおるさん演じるチー坊が、石立鉄男さん演じる叔父・右京さんに引き取られ一緒に暮らしはじめ…。全40話の温かなホームコメディドラマです。

松ちゃんの大好きな「Aランク」「ネコふんじゃった」は第11回。初期の「ガキ」の企画でも、松ちゃんはこのドラマを紹介し号泣していました。

この後のトークでは、石立鉄男さんについて「どっかで息づいてるんですよ。子供ん時、ずっーと観てきたから。たぶん僕の芸風の中にも何個か、何個か入ってますよ」と思いを語っています。今観ても感動の名ドラマ、名演技です。

1話完結で観やすいところもお勧め。特典映像として新撮されたお二人へのインタビュー「パパとチー坊のないしょ話」も必見!秘話がたっぷりです!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/307-35031476

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。