スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第369回松本人志の放送室 - 07:どうでもいい話

松本人志の放送室第369回:どうでもいい話 (51:50~) 
高須:あなたがね、
松本:はい。
高須:前、言うてた、その、どうでもええ話。
松本:どうでもええ話。うん。
高須:あれって難しいですね。いざ、しゃべろうと思うと。
松本:ああー。あの、いわゆる、
高須:どうでもええ感が。
松本:すべる話でもないんですよ。
高須:ないからね。
松本:うーん。
高須:ちょっと実になる、なってる感じで、でもそんなもん、おまえだけの話やがなみたいな空気もありつつ、
松本:でもノスタルジックな感じが入ってくるとだいぶ、
高須:おお、そうですか。
松本:あのう、どうでもいい話に拍車がかかるんじゃない、
高須:ああ。
松本:どうでもいい加減が、あのう、拍車がかかるというか。
高須:ほう。ほう、ほう。
松本:許されるようになるような気がしますね。
高須:ほう、ほう、ほう。
松本:ノスタルジックな話って、やっぱ好きなんですよ。
高須:みんなね。
松本:「ああ、なんかな、これ、別に何もないで。」
高須:うん。
松本:「何のオチもないで」って言いながら、
高須:うん。はい、はい、はい。
松本:「小学校ん時にな」って言われて、
高須:って言われたら。
松本:それだけでちょっとこう、引き込まれる感じ。
高須:引き込まれてくね。
松本:で、ちょっと自分ん中にもそんな感じの、「ああ、なんかそれ似た感じあったなあ」っていうのだけで、もう十分。
高須:どうでもいい。
松本:そんなんで番組ができたらおもしろいよね。でもね。
高須:おもしろいよね。
松本:うん。
高須:どうでもええ話ってね。
松本:どうでもええ話。

← 第369回2008.10.25 - 06:ガキの使い「タクシー企画」での山ちゃん | → 第369回2008.10.25 - 08:松ちゃんのどうでもいい話


☆クローズアップ Amazon

■人志松本のゆるせない話
松ちゃんが「『すべらない話』でできない話。ちょっと社会に対して不満、怒り方を楽しむ」と立ち上げたのが「人志松本のゆるせない話」深夜に4回のみ放送され、後に「人志松本の○○な話」を生むことになった名トーク番組がDVD上下巻揃ってリリース!100項目ある「怒りのテーマ」は、出演者自らが本番直前まで厳選! 初回限定版には未公開のオープニングトーク本番直前の楽屋トーク、直後の舞台裏トークなどのマル秘映像が付いています!

【上巻】~第1弾と第2弾放送分を収録
21話 + 23話のボリューム!
放送室でトークした「横取り店員」も♪
未公開トークもたっぷり17話!
1時間半超のボリュームです!

◆初回限定特典~40分超の特典映像!
◇初収録直前の控え室
◇第1弾本番終了直後
◇2弾本番終了直後


【下巻】~第3弾と第4弾放送分を収録
こちらも23話 + 26話のボリューム!
未公開トーク12話も!
1時間半超のボリュームです!

◆初回限定特典~こちらも未公開の特典映像がたっぷり!
◇第3弾本番終了直後
◇第4弾完全未公開オープニングトーク
◇第4弾本番終了直後
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/257-7cc41150

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。