スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第369回松本人志の放送室 - 03_3:キングオブコント2008を終えて

松本:いやでも、まあまあ、まあ、あの、いろいろありますけど、もう決め方なんてないから、正解の。
高須:いや、ないから言うても。
松本:でしょう?
高須:そりゃ、そりゃやっぱり。まあもちろん、でも、
松本:だから、
高須:ええように変えていかんとね。
松本:うん。
高須:その、その、固執してもしゃあないから。
松本:そうや。だから、
高須:うん。
松本:結局、言われるもん。吉本の組織票やって。もうM-1でも、いっつも言うでしょう?
高須:ああ。
松本:言う人は。
高須:まあ、まあ言う人は言うてるけどもね。
松本:うん。でもそんなこと言われたって。ほいで今度来年、吉本以外が優勝したら「今回は変えてきよった」みたいなこと、どうせ言われるやろうしね。
高須:うん。まあね。
松本:ええ。ほいで、またやっぱり吉本やったら、「また吉本や!」ってまた言いよるしね。まあだから、何にしても言うから。
高須:うーん。なるほどね。
松本:うん。
高須:あのね、やっぱね、それと一つだけあんのは、
松本:うーん。
高須:なんでこのコントが?とか、なんでこいつが、こんななの?とかってあんねんけど、
松本:うーん。
高須:実際、出来不出来、その日の、ほんまその日によるとこもあるやんか。
松本:うーん。
高須:ある程度よ。もちろん力ある人間は、何回やっても、そらそうやっていうのはあるけど、
松本:うーん。
高須:この日調子ようないなあとか、えらい調子よかったないうの、やっぱあるからね。
松本:うーん。
高須:乗ってるのか、何やわからんけど。
松本:うーん。
高須:ほいで、やっぱりその、あ、ああ俺はこいつ入れたかったなあっていうのあん、あるしね。
松本:うん。
高須:それはもう、しゃあない。もう、みんなの意見やから。
松本:いや、まあ、そんなこと言い出したら、なんで一番決めなあかんねんいう話なってくるしね。どんどん追求していくとね。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:だから、ま、やるんやから、やるって決めたんやから、
高須:うん。
松本:そりゃあ、あの、どうやって決めるかっていうのはいろいろ決め方あってね、
高須:そう、そう。
松本:まあ、いろいろ、やっていくしかないですよ。
高須:ないです。
松本:で、M-1も今、形変えて、変えて、今、あれになって。
高須:うん。
松本:まあ、僕、あれでも正解やとは別に思えへんし。
高須:うん、まあね。
松本:そう。正解ないからなあ。
高須:うん。でね、俺は、ま、ほんま思うのは、その日の一番やなと思うねん。
松本:うーん。
高須:これ、日ちゃうかったら、あ、ロバートやで、とかね。TKOやで、とかあるかもしれん。
松本:ロバート、もう1本観てみたかったけどね。ちょっとね。
高須:うん。もう1本のやつね。うん。
松本:うん。うん。
高須:確かにね。僕はあのう、好みでいくと、
松本:うん。
高須:ほんとにもう、好みね。
松本:うん。
高須:僕の好みでいくと、それはやっぱりね、あのう、コントん中に、
松本:うん。
高須:有名人が出てくんのって、僕はあんまりちょっとね、
松本:まあ、せやな。俺もあんまり好きじゃない。
高須:あんまり好きじゃないんですよ。
松本:あと、漫才に手帳出してくんのも嫌いやねん。
高須:ああ。
松本:ちょこちょこ、おるでしょう。
高須:ああ、なるほどね。
松本:あれ、意味わからへん。
高須:うん。だからなんかそういうものが、なんか自分ん中の好き嫌いあるやんか。
松本:うーん。
高須:だからあれで言うと、俺、ロバートのコントが一番、俺的には好きなんよ。
松本:うーん。
高須:あのう、「トゥートゥトゥー」。
松本:ははは、どんなやったかな。ははは、どんなやったっけな。
高須:トゥー、えー、トゥートゥートゥー。
松本:あれも悩んだんやろう?でも。2個、2本あるうちの、
高須:そうやねん。
松本:どっちを先やるか言うて。
高須:そう。そう。そう。そう。
松本:で、まあ結果論やけど、
高須:そう。
松本:観た人は、どっちも知ってる人は、
高須:うん。
松本:あのう、違うほうやったんちゃうかって。
高須:ちゃうかって、俺らは思ったんや。
松本:うん。
高須:でも、変えてきたん。やっぱし。
松本:うーん。
高須:みんなが知ってるやつよりも、やっぱしあんまりネタやってないやつを見せたいと。
松本:うーん。
高須:芸人がチェックするから、初めてのもんぶつけたいっていうか、
松本:うーん。
高須:あんま観てないもの、ぶつけたいっていうのが生理やったみたいやな。だから、みんなそうよ。
松本:いやあ、難しい。難しい。
高須:うーん。あれがたぶん大御所が、M-1みたいな大御所が決めたりとか、
松本:うーん。
高須:あのう、一般の人が決めたりとかすると、ネタ変わってくると思うねん。
松本:もう一般はないで。もう、一般に決めさすんはもう絶対ないで。
高須:いや、もちろん、もちろん。そんなん別に、あるとは言うてないやんか。
松本:もう絶対ない。
高須:まあ、そんなんやったら、そう、違うはずやねんけど、
松本:うん。
高須:要は自分たちと同じような芸人、まあ、現役の芸人が観るから、
松本:うーん。うーん。
高須:やっぱしね、あんまやってないものをぶつけたいっていうのがあるみたいやね。
松本:うーん。
高須:みんな。
松本:いや、そりゃそやねん。
高須:うん。
松本:あのう、知ってるネタを、
高須:うん。
松本:玄人の前で観せるのが、ものすごい照れんねん。
高須:うん。だから、みんなそれ変えてくんねん。決勝に持ってくんねん、それを。
松本:うん。うん。
高須:だから、あ、それ変えてまうの?ってのはやっぱ、
松本:うん。
高須:こっちから、でも言われへんから。
松本:それ、もうしょうがないねん。照れんねん。で、わざとちょっと間外したりすんねん。それ、わざとやってもうたりすんねん。
高須:それはよくないなあ。
松本:ほんまはこの間、ちゃうねんけどな。でも、ちょっとわざと、ちょっと今、外したいねんって。
高須:それは止めて。あのう、
松本:うん。
高須:歌手が、もう、名曲変えんのと一緒やねん。
松本:予定調和みたいな。そやねん。いや、そやねんけど、
高須:うん。
松本:これはなあ、うーん、だから、ま、あのう、玄人が客席で観てるいうのもまあ、確かにやりにくいもんはやりにくいわな。
高須:ははははは。

← 第369回2008.10.25 - 03_2:キングオブコント2008を終えて | → 第369回2008.10.25 - 03_4:キングオブコント2008を終えて


☆クローズアップ Amazon

■キングオブコント2008
松ちゃんが「芸人がピュナ部分を信じたい」と、演者自らが採点する新たな試みで行われたコントNO.1決定コンテスト。準決勝の顔ぶれはNON STYLE・インパルス・ドランクドラゴン・次長課長・FUJIWARA・サバンナ・ハリセンボン・天津・・・。強豪ぞろいの中、決勝に残ったTKO・バッファロー吾郎・バナナマン・ロバートら8組が、08.10.5に生放送で史上初のコント日本一決定戦を戦いました。未公開の準決勝ネタや舞台裏をたっぷり記録して左のDVDに収められています!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/249-eadae3c4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。