スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第360回松本人志の放送室 - 04:斬新!松ちゃんのものまね

ダウンタウン松本人志の放送室第360回:斬新!松ちゃんのものまね (31:20~)

♪青春に悔いはない / 森田健作

高須:いやあ、ええ歌やねえ。森健。
松本:懐かしいねえ。
高須:いや、ええわあ。
松本:いや、でも、高須さんがそんなに森田健作をリスペクトしてるとは。
高須:いやもう俺と浜田も、兄貴、兄貴と。
松本:へえー。
高須:慕ったもんですよ。森田健作さん。まあ、「俺は男だ!」。
松本:ちょっとじゃあ、あのう、ものまねしてくれるかな。
高須:いや、ちょっとほんま。松本さん。それとこれとはまあ全然違うわけで。
松本:「吉川君」でええやんか、じゃあ。
高須:いやいやいや、「吉川君」、
松本:「吉川君」ってよう言うてたでしょう?
高須:いやいやいや、どんな感じでやるやつ?
松本:それを言うとんねん。
高須:どのこと?どのこと?
松本:それを言うてる。
高須:俺、そこわからんわ。どういうこと?森田、
松本:「吉川君」ってよう言うてたやん。
高須:「吉川君」ってどういうこと?
松本:森田健作がよう「吉川君」って言うてたやんか。
高須:ちょっちょっ、どういうの?どういうの?どうやんの?
松本:いや俺、別にやってもええけどな。
高須:ああじゃあ、それが一番聞きたい。おお。俺、わからへんから。どんな感じかな思うて。
松本:うーん。
高須:お願いします。ちょっとお願いします、じゃあ。
松本:・・・
高須:ははっ。
松本:いいですか?
高須:お願いしますよ。
松本:僕は、あの、言うたって、
高須:森田健作、
松本:やりますよ、それは。
高須:森田健作のものまねですよね。
松本:そうです、そうです。
高須:はいはい。「吉川君」言うやつやね。「吉川君」って言うやつ?
松本:いいですよ、全然。
高須:うん、うん。じゃあ、ちょっと。
松本:「あ~い!」
高須:ははは…
松本:「吉川く~ん!」
高須:あははははははは!
松本:はははははは。
高須:聞いた?
松本:ほら、ね?
高須:考えられない!
二人:ははははははは!
松本:どうですか?僕、
高須:うわあ!
松本:僕、顔赤いでしょ?
高須:斬新!
二人:あははははははは!
高須:斬新!斬新です!
松本:そうでしょう?
高須:さすがやわ。何でもできるね。
松本:もちろんですよ。
二人:あはははははは!
高須:すごいなあ。あはははははは!

← 第360回2008.8.23 - 03:松ちゃんの©「いごっそう」 | → 第360回2008.8.23 - 05:たかすちゃんもものまね?!


☆クローズアップ Amazon

■吉川君
松ちゃんがものまねで呼んだ「吉川君」は、千葉県知事になった森田健作さん主演の青春ドラマ「おれは男だ!」のヒロイン。剣道部の熱血高校生・森田健作さんと、吉川君こと早瀬久美さんが繰り広げるこのドラマは1971年に放送され、モリケンは一躍青春のアイドルに。本作の後、「おこれ!男だ」などシリーズ化されました。原作は津雲むつみさんのコミックです。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/145-f9e525a8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。