スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第167回松本人志の放送室 - 05:流行語大賞「チョー気持ちいい」

ダウンタウン松本人志の放送室第167回:流行語大賞「チョー気持ちいい」 (14:00~)
高須:何もニュースなんかないでしょう?今。
松本:何もニュースないですよ。流行語大賞の発表がありましたよ。
高須:「チョー気持ちいい」やろう?
松本:うん。ははは。
高須:ようわかれへん。あれ。全然ええと思えへんわ。
松本:あと、「なんたら侍」ですよ。
高須:あー。波田陽区?
松本:そう。そう。そう。そう。
高須:まだ波田陽区のほうがええわ。
松本:その辺ですよね。
高須:俺は。あ、波田陽区獲られへんかったんちゃうの?大賞は獲られへんかったのか。
松本:大賞は、まあ、そやね。
高須:あー。「気持ちいい。チョー気持ちいい。」
松本:ははははは。
高須:絶対、嘘や。
松本:はははははは。
高須:絶っ対、人工的やもん。
松本:あははははは。
高須:あんなん、おかしいって。
松本:まあ、人工的やけどな。全部。
高須:いや、いや、いや。そらま、
松本:流行語はね。
高須:いや、そうやねんけど、
松本:うん。
高須:なんかこう、
松本:まあ、確信犯ですね。あれは完全。
高須:とっさに出たことばじゃないですよ!
松本:うん。それをね、
高須:うん。
松本:たぶんね、いろんなとこで言われてんねん。あいつ。
高須:うん。
松本:元々考えてたやろうって。
高須:だからあんまりおおっぴらによう言わんやろう?今。
松本:いや、だから、あいつ、
高須:うん。
松本:挨拶で、
高須:うん。
松本:こう、大賞獲った挨拶でもう、もう、あえて言うとんねん。
高須:あ。
松本:「あんな何にも考えてなく、自然に出たことばが流行語になるなんて夢にも思ってなかった」みたいなこと言うてんねん。もう、こいつねー、
高須:怒ってるねー。
松本:ちょっと腹立つねん。
高須:腹立つなー。
松本:「嘘つけ、ぼけぇ」思うねん。
高須:いや、ほんま思うな。
松本:安易にちょっとなんかその元々考えてたやろうって言うやつを、ちょっと、こう、
高須:なるほどね。
松本:ちょっと言うてんねん。
高須:絶対嘘や。いや、
松本:知ってる部分があるわ。
高須:でもね、みーんなわかってるよ。
松本:なあ。
高須:悪いけど、みーんな。あれ絶対自分で作ってるもん。
松本:おかしい。おかしい。
高須:だって、しっかりあれ言おう思ってるもん。
松本:いや、何やったらツレに聞いてるよ。何日か前に飲んでた時に、
高須:何人かにやな。
松本:何か、何かええ感じのこと言いたいねんけどなみたいなこと言うて、
高須:あー。
松本:あれ、誰かが、
高須:言うとんな。
松本:うん。
高須:知恵付けとるな。
松本:そう。オオタガキかなんかが言うたわ。
高須:オオタガキ先生が言うたんかいな。
松本:はははは、ちゃう、先生かどうか知らんけど。
二人:あははははは。あははははは。
松本:ニレサワが言いおったわ。
高須:あー。ニレサワが言われたら、これ厳しいなあー。
松本:はははははは。
高須:聞かざるをえーへんな。
二人:はははははは。
松本:絶対せや。わかってあんねん。
高須:あー。
松本:うん。
高須:「ニレサワ」?
松本:「ニレサワ」ってな。もうちょっと普通の名前でもよかったよね。
高須:うん。なんか「ニレサワ」言われたら、
松本:はははははは。
高須:はははは。名前と思われへんぐらいやもんね。
松本:何かないんですか?
高須:ちょっと待って。ちょっと。オオタガキ先生っておったな。
松本:あはははは、オオタガキ先生っておった。
高須:どんな先生やったっけ?
松本:まったく顔は浮かべへん。
高須:顔を全ー然出てけえへん。
松本:全然浮かばないですけど。
高須:「オオタガキ先生、オオタガキ先生!」って言うたことあるで。俺。何回も。この口。
松本:言いましたね。
高須:オオタガキ。おったなあー!

← 第167回2004.12.9 - 04_2:今年の「笑ってはいけない」は大掛かり! | → 第167回2004.12.9 - 06_1:女は怖い


☆クローズアップ Amazon

■北島康介さん
このトークはアテネオリンピックがあった2004年。男子100m平泳ぎで金メダルを獲得した北島康介選手が、プールから上がって述べた感想が「チョー気持ちいい」でした。

ご本人はゴール直後には1位かどうかわからず「応援席の盛り上がりを見てとりあえずガッツポーズ」と裏話も披露されています。
もっと詳しく見る



■「現代用語の基礎知識」選 ユーキャン新語・流行語大賞
毎年、「現代用語の基礎知識」の読者アンケートからノミネートされ選出。この年は「冬ソナ」や、波田陽区さんが「ヨン様って言うじゃない…ヨン様と結婚したら名字がペだから、残念!」と受賞を披露。

他に五輪で活躍した浜口京子親子の「気合だー!」、村上春樹さんの「ノルウェイの森」を抜いて小説過去最多部数の大ヒットを記録した片山恭一さん著「世界の中心で、愛を叫ぶ」の略「セカチュウ」などが受賞し、ヒロインを演じた長澤まさみさんが登場しています。


書籍「現代用語」では、「04年6月時点で306万部。柴咲コウ、大沢たかお主演で映画化され、興行収入歴代ベスト10入り。
TBSが7月の連ドラ(綾瀬はるか)に。初恋の人が白血病という純愛ストーリーブームのはしりとされる。なおタイトルはハーラン・エリスン著のSF『世界の中心で愛を叫んだけもの』にオマージュを捧げたアニメ『エヴァンゲリオン』の最終回にオマージュを捧げたもの」といった各用語の詳しい解説を読み解くことができます。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1343-1d2c5f85

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。