スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松ちゃん、NHKで新作コント - コントを語る

松ちゃんがテレビで久々のコント番組!
5月上旬からネタ作りに着手し、企画・作・構成すべて手がけた新作5本を発表。NHKならでは、実際にあった過去のニュース映像を用いるネタも。
「1人コントにこだわった」という自らの希望で、出演は松ちゃんのみ。待望の新作コントです!

NHK:「松本さんでコント番組を作りたい」とラブコールした。こんな超大物芸人を単独でコント番組に起用したのは極めてまれ。夢のような企画。コントは松本さんの本領で、今の松本さんが見られるし、他局ではできないコントもお見せできる。何らかの形でレギュラー化も考えたい。
松本人志:これまでやってきた番組とどうしても比べられると思うが、この45分でその何年分に勝つつもりでやっています。すごく濃い45分だと思う。

■番組情報
タイトル:「松本人志のコント MHK」
放送日:2010.10.15(金) 22:00~22:43
前日には、「プロフェッショナル 仕事の流儀・松本人志スペシャル」が放送。
放送日:2010.10.16(木) 21:00~22:18

◇関連トーク:「ごっつ」「ザッサー」「KOC」「ドリームマッチ」…放送室で語られたコントへの思い。
「ごっつ」を語る。
2003.5.15放送 第85回松本人志の放送室 - 03_1:「ごっつ」のDVD | その2 | その3 | 07_1:「ごっつ」を振り返る | その2 | その3 | 08:監督は大変 | 09:「ごっつ」の裏で…

併せて「一人ごっつ」も。
2002.8.22放送 第47回松本人志の放送室 - 05_1:「一人ごっつ」 | その2

「ごっつ」の美術スタッフ林君は放送室を毎週聴いていたそうです。
2005.5.7放送 第189回松本人志の放送室 - 11_1:林君 | その2~「林君、毎回聴いてんねんで」 | その3~「こんなことになってくのもおかしいと思ってんねん」

コント作り、映画作り。
2005.12.24放送 第222回松本人志の放送室 - 07_1:松本組~クランク「イン」! | その2 | その3

2006年配信、板尾さんや宮川大輔さんとのコント「ザッサー」。
2006.3.11放送 第232回松本人志の放送室 - 06:「もうええわ、その話」

「ザッサー」のこと、「ごっつ」メンバーのこと。
2006.3.25放送 第234回松本人志の放送室 - 03:「ザッサー」 | 16:「ごっつ」のメンバー

たけしさんの「元気が出るテレビ」の裏で「ごっつ」は放送されていました。
2006.6.17放送 第246回松本人志の放送室 - 04_3:運は飲み干しちゃだめ~「ごっつ」の頃.その1 | その2

「ザッサー」のこと.2。
2006.6.24放送 第247回松本人志の放送室 - 07:第2日本テレビ「ザッサー」

たかすちゃん、即興コント?!
2008.2.9放送 第332回松本人志の放送室 - 07:ショートコント「亀は万年、鶴は千年」

「キングオブコント2008」の話、その1&「ごっつ」の話。
2008.7.19放送 第355回松本人志の放送室 - 02_1:「キングオブコント2008」について | その2 | その3 | 03:「ごっつ」のコント

「キングオブコント2008」の話、その2。
2008.9.13放送 第363回松本人志の放送室 - 06:ガキ・罰ゲーム、すべらない話、ドリームマッチ、キングオブコントに映画

「キングオブコント2008」決勝出場組決定時のトーク。
2008.9.27放送 第365回松本人志の放送室 - 03_1:キングオブコント2008、ファイナリスト決定 | その2 | 04:「芸人がピュアな部分を、僕は信じたいと思いますね」

「キングオブコント2008」の話、その3。
2008.10.11放送 第367回 - 03:キングオブコント、審査員のシステムについて

「キングオブコント2008」終了後、審査方法や来年の開催についてなどを語る。
2008.10.25放送 第369回松本人志の放送室 - 02_1:キングオブコント2008を終えて | その2 | その3 | その4 | 03:日本のバラエティ、再びキングオブコントのこと

「ドリームマッチ2009」を前に&自身が明かす「ええ仕事」は「世界の珍獣」と…。
2008.11.22放送 第373回松本人志の放送室 - 02:「ドリームマッチ」に「笑ってはいけない」 | 04_1:松ちゃんが語る「ええ仕事したなあ」 | その2 | その3 | その4

「『ごっつ』の頃よりもっとおもしろいコントをがっつり1時間やろう思うたらできるやんか。」
2008.11.29放送 第374回松本人志の放送室 - 11_1:バラエティの未来 | その2

ウッチャンとの「ドリームマッチ2009」を振り返って。
2009.1.10放送 第380回松本人志の放送室 - 02_1:ドリームマッチ09 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | 11:ドリームマッチ09の打ち上げ

「ほんとにおもしろいコント番組を作んのやったら、ノーギャラでもええ。」
2009.1.31放送 第383回松本人志の放送室 - 06_1:テレビへの思い | その2

「寸止め海峡ライブ(仮題)」の話。
2009.2.14放送 第385回松本人志の放送室 - 07:「柳田という男」

やっぱり「C-1」?!&「『ごっつ』も、俺ね、なんか一生懸命やってたやんか。」
2009.3.7放送 第388回松本人志の放送室 - 07:「『C-1』ですよね」 | 08_1:「松本人志はそこを目指すしかないんですよ」 | その2


☆クローズアップ Amazon

■松本人志、コントへの思い
テレビではほとんど聴けないコントや映画への思いや裏話など、貴重な話もたくさん飛び出した放送室。「オリジナルをやらなかったら生きている意味がない」と真摯な心情もじっくり語られてきました。特に第85回では浜ちゃん、今田さん、板尾さんらとの「ごっつ」のエピソードが。


DVD化にあたり、「全部観直した」「ベーター」や「兄貴」、「キャシー」や「アホアホマン」「産卵」「子連れ狼」「妖怪人間」や「トカゲのおっさん」を振り返ってのトークも。松ちゃん自身が明かすお気に入りのコントや、舞台裏話は必聴!そして、映画制作の話も。まさに貴重なトーク!左のCD-BOXに収録されています。ぜひお二人の声で聴いてみてください。完全限定生産です。
もっと詳しく見る



■ダウンタウンのごっつええ感じ
1991年スタート。毎週日曜20時が楽しみでした。今ちゃん東野さん板尾さんほんこんさんをはじめ、YOUさん篠原涼子さん、スタートの頃は西端弥生さん(古田新太さんの奥様)や松雪泰子さん奥田民夫さんも出演。

松ちゃんもたかすちゃんも「全部観直した」と厳選されたDVDには、「ベーター」「兄貴」「キャシー」「アホアホマン」「産卵」「子連れ狼」「妖怪人間」「トカゲのおっさん」など不朽の爆笑コントが詰まっています。放送室で明かされた裏話や、松ちゃんのコントへの思いとあわせて観ると、また感慨深くおもしろさも倍増です。
もっと詳しく見る




■VISUALBUM
「一瞬で消える笑いでなく、後々まで残る笑いを」 - 松ちゃんが自身で企画・構成したオリジナルコント作品集。98年~99年に「りんご:約束」「バナナ:親切」「ぶどう:安心」と3作発売されました。03年にはメイキングや会議風景、ビデオ未収録コントなど貴重映像の数々を収めた「めろん」や、NG集や松ちゃん自身による解説が付いたDVD BOX「完成」と生まれ変わりリリースされています。

「完成」収録話】本編 約249分+特典映像 約120分 ※限定4枚組
〔Vol.りんご〕
1.システムキッチン、 2.げんこつ、 3.古賀、 4.都、 5.ミックス
〔Vol.ばなな〕
1.ZURU ZURU、 2.マイクロフィルム、 3.む゛ん、 4.いきなりダイヤモンド、5.ゲッタマン
〔Vol.ぶどう〕
1.診療室にて、 2.寿司、 3.巨人殺人、 4.荒城の月、 5.園子
〔Vol.めろん〕
・メイキング映像 ・ビデオ未収録の映像 ・会議風景 ・『ZURU ZURU』ロングバージョンほか

その他NG集、松本人志による音声解説と作品解説映像付本編。松ちゃんや板尾さんの他、浜ちゃん、今田さん、東野さん、ホンコンさん、キム兄、そしてココリコ遠藤さん、田中さんが出演されています。
もっと詳しく見る


■一万円コントライブ「寸止め海峡(仮題)」
「頭頭」の翌年1994年に松ちゃんが作・演出・出演をこなし、今田さん、東野さん、板尾さんらと行ったライブ「寸止め海峡(仮題)」。お客さんがライブを選ぶのではなく、「演者が客を選ぶ」という意図でチケット1万円という設定も話題になりました。後に発売されたビデオも確か13,000円ほどしたと思います。松ちゃんは糸井重里さんとの対談で「『寸止め海峡』のビデオはもうちょっと売れると思ったんですけどね。あんまり売れてないんじゃないですかね。1万円以下で売っては、ライブに来てくれたお客さんに失礼やと僕は思ったので、えー、たぶん、なんぼやろ?「寸止め海峡」は1万4、5千円はしたんじゃないですか」と、その思いを語っています。
もっと詳しく見る



■一人ごっつ
96年から放送。背後に鎮座した倉本さんが声主の「大仏師匠」からのお題に、松ちゃんが一人で黙々と極限まで答えていくというスタイルで、平日毎日10分間放送されていました。後に「新・一人ごっつ」「松ごっつ」と変わり、「ごっつええ感じ」とはまた違う深いおもしろさが魅力。トークの「一人ごっつ展」はDVD化を記念して行われたイベント。入場料1,000円で松ちゃん直筆イラスト入り手ぬぐい付きでした。

各DVDは松ちゃん自らセレクトのスーパー傑作集副音声で松ちゃんと師匠の解説も聞けます。たかすちゃん絶賛の「紙猫」や「鬼ババ」、次のトークに出てくる「とんかつソースのかけ方」も収録!他にも「写真で一言」や「マネキンコント」…。お二人が珍しく「買ったほうがいいですよ、お得ですよ」「価値のある」と語るほど、まさに名盤です!松ちゃん著「定本・一人ごっつ」もお見逃しなく!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1315-67193087

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。