スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第149回松本人志の放送室 - 04_2:「ガキ 泥レス」企画での受難~悶絶地獄!

ダウンタウン松本人志の放送室第149回:「ガキ 泥レス」企画での受難~悶絶地獄! (5:45~)
高須:ちょうど俺が、もう、ほら、楽屋で見た時には、
松本:うん。
高須:だいぶ落ち着いたけど、なんかすごかったんでしょう?最初は。
松本:もう、すごかったよ!
高須:ねえ。
松本:ほんでね、
高須:うん。
松本:あのー、結局、
高須:うん。
松本:こう、パンツの中とかに入ってくるわけ。
高須:うん。うん。
松本:その泥が。
高須:まあ、まあ、ね。
松本:でね、そのね、パンツに入った泥がたち悪いねん。
高須:へー。
松本:これが、あのー、肌と、
高須:うん。
松本:そのパンツと、こう、ぴちゃっと密着してるとこに、
高須:うん。
松本:泥が間に入ってきて、
高須:うん。
松本:で、これ暴れるでしょう?
高須:うん。
松本:これがこすれるもんやから、
高須:こすれて。うん。
松本:もうね、全身にサンドペーパーかけたみたいになってんねん。
高須:ほー。ほー。ほー。なるほど。
松本:もうね、3人目、もうね、ほんまのこと言うたらもう止めたかったのよ。
高須:うん。まあ、ゲスト来てるから。
松本:「ちょっと、もう、ほんま無理やでー」って。
高須:うん。
松本:言うててんけど、もう、ゲスト3人目までは我慢しよう思うてんけど、
高須:うん。
松本:あれ、ま、オンエア観た人わかると思うけど、
高須:うん。
松本:もう、ほとんど全員動けてへんねん。
高須:痛くて。
松本:もうね、ちょっと触れただけでもう「痛っ!った!った!った!った!」なんねん。
高須:ええー。
松本:だって、
高須:まあ、まあ、そうやわなあ。
松本:もう、今でもケレッイド状になってるやろう?これ。
高須:何状?
松本:ケ、ケロイド状や。
高須:いや、ケロイド状になってないよ。
松本:ははははは、なってるがな。
高須:ケロイドまではなってないやんか。
松本:いや、もうね、こんなんが全身やねん。
高須:なるほど。なるほど。
松本:もう、ほんま、なーんでこんな目にあわなあかんねん思うてね。
高須:はははは。ほんまやなあ。ほんまですよ、それは。いや、でも、しょうがないじゃないですか、これ、もう。たぶんスタッフも、僕が聞いたのは、
松本:「しょうがない」、、、。はははは。
高須:ははははは、いや、いや、いや、済んだものはもうしょうがないじゃない。済んだものは。
松本:ほいでね、もうね、結局、あのグレコローマンの格好通りに!
高須:うん。
松本:やけどしてるわけですよ。
高須:すれて。
松本:要は。
高須:はあー。
松本:まあ、他にももちろんしてますよ。いっぱい。
高須:うん。うん。
松本:でも、あっこが一番ひどいんですよ。
高須:あー。
松本:で、「靴履こうか」言うてた、これまた仇になってるのか、ま、履いてよかったかわからんけど、靴のあの、
高須:うん。中で。
松本:あの中でもまた、ものっすごいことなってて。
高須:あー。
松本:ほーいで、「はーい、OKー」言うて。OKやあれへんけども。
高須:うん。まあね。
松本:んで、もう、「痛い!痛い!痛い!痛い!」。今度ね、これがね、キンタ○が、悶絶キンタ○地獄やねん。
高須:はははははは。うん。「悶絶キンタ○地獄」?
松本:悶絶キンタ○地獄やねん。これ、
高須:キンタ○、どう、
松本:キンタ○も、
高須:うん。
松本:パンツに入った泥が、
高須:うん。
松本:キンタ○をも!
高須:痛めつけた?
松本:キンタ○でも!
高須:ははははは。痛めつけたの?
松本:痛めつけることになって、
高須:うん。
松本:悶絶キンタ○地獄やねん。
高須:ほおー。
松本:ほいで、もう、そのシャワー室まで行くのに、
高須:うん。
松本:歩かれへんねん。キンタ○が痛すぎて。
高須:なんでよ?ま、キンタ○がそんなすれることないからな。
松本:そうやねん。
高須:初めての出来事やから。キンタ○にしたら。
松本:初めての出来事やねん。
高須:大事に大事に育てられたもんやからな。パンツの中、
松本:大事に、大事に。手塩にかけて育てられた、
高須:ははははは。ほんまや。
松本:あのキンタ○が。
高須:ははははは。あのキンタ○が。
松本:悶絶キンタ○地獄やねん。
高須:キンタ○地獄。あははははは。
松本:ほんで、
高須:うん。
二人:あはははははは。
松本:ほいで、
高須:うん。
松本:シャワーうわあー。
高須:うん。
松本:それもな、もう、
高須:うん。
松本:ものっすごい、もう、
高須:うん。
松本:おかまみたいな、
高須:はははははは。
松本:おかまのシャワータイムやんか。もう、そんなもん。
高須:シャァ~♪。
松本:シャァ~♪やんか。
高須:はははははは。うん。
松本:もう、それももう、「痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い、痛い…。」
高須:バシッー!とはいけへんねや。
松本:ははははは、バシッー、
高須:はははははは。
松本:でも、これ、泥全身付いてんねん。
高須:はははははは、取れへん、
松本:そんなもんで取れるわけない。でも、もう、「痛いわ~。」
高須:うん。
松本:「痛いわ~」っていう取り方をしてかなあかんわけ。
高須:ははははははは。うん。
松本:ははははは、ほいで、ぱっと見たら、
高須:うん。
松本:これが俺、一番引いたんですけど、
高須:うん。
松本:あのね、
高須:うん。
松本:尿道が、
高須:うん。
松本:擦り切れてんねん。
二人:ははははははは。
高須:悶絶?!
松本:悶絶、
二人:あははは、
松本:尿道えぐれやねん。
高須:ははははははは。

◇関連記事:「痛いわ~」は「笑ってはいけない温泉旅館」の「パンツないわ~」風です。
「ガキの使い」DVDが300万枚達成!~その5:「温泉旅館」DVD情報!

◇関連トーク:その「パンツないわ~」のその後は…!
2003.10.9放送 第106回松本人志の放送室 - 06:「笑ってはいけない」の後遺症

← 第149回2004.8.5 - 04_1:「ガキ 泥レス」企画での受難 | → 第149回2004.8.5 - 04_3:「ガキ 泥レス」企画での受難~「いやさ、高須光聖よ!」


☆クローズアップ Amazon

■松ちゃんの言い方
「痛いわ~」は「ガキ 笑ってはいけない温泉宿」に登場した外国人の「パンツないわ~」風のイントネーション!松ちゃん一行が露天風呂へ。裸のお尻に吹き矢を打たれ、やっと脱衣所に上がったメンバーを待ち受けていたのが、体の大きな黒人・ボブ。「パンツないわ~、パンツ」とかわいくつぶやきウロウロ。松ちゃんはまたまた「OUT~♪」でお尻吹き矢に!

大笑いして喜ぶ・仕掛け人ドS浜ちゃんも必見!奇跡の結末、「罰ゲーム決定戦 寿司ロシアンルーレット」藤原女将も参加、みんなで振り返る「あの頃は…」、そして傑作トーク集まで付いた充実の1本です!
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1303-9e3f47dd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。