スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第247回松本人志の放送室 - 08_2:W杯の裏~松ちゃんの後悔

松本:いや、俺はほんとやるべきやったと思ってんねんー。
高須:ああ、まあ、そらそうかもしれませんね。そうかもしれませんね。
松本:ええー。
高須:そうか。
松本:だって、まあ、、、30分トークやったら負担もそんなないしね。番組に。
高須:うーん。まあ、そら、しゃべる、
松本:コスト的な負担も別にないやんか。
高須:しゃべる二人が、やっぱ、あれやし、編集もまだ、まあ、ね。
松本:そうでしょう?
高須:うん。言うても、まだ、あれやけどね。
松本:もうほーんま、もう、俺、後で考えるとちょっとなんか、自分で自分にちょっと腹立ってきて。
高須:あ。かっこええなー。
松本:いや、ほんまやねん。いや、「かっこいい」って言うか、こんな時の方が、
高須:こそ!
松本:こそ、なんか、ねえ?
高須:「違うな」と思わせな。
松本:何も気にせんとできるやんか。
高須:なるほど。
松本:ええ。
高須:で、なんぼ数字いくか、
松本:それをうまく、
高須:おもしろいもんね。
松本:おもしろいやん。これでほんま、0.0なんぼやったって、
高須:ったら、ちょっと笑う、
松本:もう、全然かめへんし。
高須:そうやな。
松本:うん。
高須:ほんまやなあ。
松本:そうやねん。俺、もう、ちょっと間違ってた。今からでも何とかしたいぐらいや。ほんまに。
高須:お?今から何とかなるかな?
松本:なれへんねん。それが、もう、どうしたって。だってもう、みんな、もう、休みに入っとるやん。「ガキ」のスタッフ。
高須:まあ、ほんまやなー。
松本:そうでしょう?
高須:うん。そうやな。
松本:うん。
高須:ほいで、まあ、その日は観とるわ。ほんで。サッカー。
松本:サッカー観とるわ。その日。
高須:絶対、観、
松本:「ガキ」のスタッフもね。
高須:「ガキ」のスタッフも、「ガキ」録って観とるわ。
松本:うーん。そやねん。ちょっとほんま、後悔してんねん。もう、今度はもう絶対こんなことないようにしようと思ってね。
高須:4年後。ワールドカップ。
二人:はははははは
高須:大変。それ、裏くるかどうかわかれへんからな。こんなことが、もう。
松本:いや、ほんまにねー。
高須:うーん。
松本:ど真裏やからね。今回は。
高須:ど真裏ですよ!驚くとこですよ。ははははは。
松本:うーん。
高須:まあ、まあ、まあ、しょうがないですわ。
松本:ああ、あかん。俺、でも、ほんまに腹立ってんねん。ほんまに腹立ってんねん。
高須:いや、それ、もう、「腹立ってる、腹立ってる」って言ってももうしょうがないじゃないですか。もう。
松本:うーん。
高須:あと、生でやるしかもうないぐらいですよ。
松本:嫌がられるやろなー。今、急に俺がここで、
高須:「生でやりたいねん」言うたら、
松本:「今度の『ガキ』生でやりたいねん」言うたら、もう。
高須:いや、ほんまね、そら「松ちゃん、それはちょっと、ほんま、」
松本:「ええ…?」
高須:「いや、みんなサッカー観たいねーん…。」
松本:はははははは。
高須:「みんなサッカー観たいねーん…。」
二人:はははははは。
松本:しかも、生でトークやったりしたらボロッボロやったりなんかして。
高須:ははははは、ボロボロ、
松本:「あっ、あっ、あっ、あっ、あっ、あっ」みたいなってもうて。
高須:うわ。もう、ひどい。
二人:あはははははは。
松本:かいたこともないような汗かいたりなんかして。
高須:頼むで。頼むで!
松本:あはははははは。
高須:生や。隠されへんのやから!
二人:あはははははは。
高須:ほんま、客もちらほら帰ってくぐらいの、もう。
松本:そう、そう、そう。そう、そう、そう。もう、あのー、襟の色変わってんのわかるぐらい汗かいてもうて。
高須:うわあー。もう、脇の下も、
松本:あははははは!
高須:胸の辺まで侵食されてもうて。
二人:あはははははは。
松本:ありますよね。
高須:そんなんありますね。そんな汗かきね。
松本:ええー。
高須:ありますよー。
松本:キャンディーズを聴こうと思うんやけど。
高須:はい。じゃあ、行きましょうか。「アン・ドゥ・トロワ」、キャンディーズ。

◇関連トーク
たかすちゃん「久々にクレームの嵐ですわ」、松ちゃん「わかっとるわい、っていう話ですよ」。
2008.7.19放送 第355回松本人志の放送室 - 04:ガキの使い「勃起王」

← 第247回2006.6.24 - 08_1:W杯の裏~松ちゃんの後悔 | → 第247回2006.6.24 - 09_1:最近のニュース~「高須が言った驚愕の答えとは何っ~!?」


☆今週の曲 Amazon

■アン・ドゥ・トロワ / キャンディーズ
1970年代に一世を風靡した3人組アイドル・キャンディーズの15thシングル。作曲は吉田拓郎さん。ご自身もアルバム「大いなる人」でセルフカバーされています。

「アン・ドゥ・トロワ」は、仏語で「1.2.3」の意味。恋する人を思う気持ちを「♪アン・ドゥ・トロワ 踊りましょうか アン・ドゥ・トロワ 流れるように…」と切なくかわいく歌っています。左の「解散コンサート」DVDにも収録されているので、ぜひ観てみてください。これぞ、頂点を極めた女の子グループの先駆け!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1289-4ecd67bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。