スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第247回松本人志の放送室 - 03_6:W杯を観戦~清水Pの視聴率予想

ダウンタウン松本人志の放送室第247回:W杯を観戦~清水Pの視聴率予想 (9:20~)
高須:えらいもんでね。
松本:うん。
高須:あのー、あの時の視聴率が49%。
松本:ほう。ほう。ほう。ほう。ほう。ほう。
高須:ね。
松本:ほう。
高須:横が「SMAP×SMAP」ですらですよ、
松本:うん。
高須:5.5でしたから。
松本:はははははは。
高須:5テゥ~ン、5でしたから。
松本:はははははは。
高須:ね。
松本:でも、ほんとはもっと獲れるはずやったんですよね。おそらく。
高須:ま、最後の、
松本:50以上は楽勝に考えてたでしょう。
高須:あ、かもしれませんね。
松本:だからやっぱりあの辺の、ジーコがやっぱハゲ散らかしてるから、もう、
高須:ハゲ散らかしてるから。思いのほか風が強かったっちゅうの、やっぱ、あんねやろなあ。あれ。
松本:はははははは。
高須:昼間やってんけど、風が強かったんや。
松本:はははははは。
高須:まいったなー。
松本:だって、絶対40台のわけないって、清水、清水が前の日かなんかに、
高須:黒清水。
松本:黒清水が、あの、
高須:うん。
松本:「これ、いけますねえー。」
高須:ま、あいつの、もう、そういう、
松本:「70は固いですねー」、あははははは。
高須:何を言うとんねん。もう、あいつは何にもわかってへんなあー。
松本:はははははは。
高須:わかってへんで。あいつ。なーんに、
松本:わかってへんやろう?当たったこと1回もないのに、
高須:ないよ。何を言うとんねん。
松本:何ー回も当ててきたみたいな顔で言いよるから、もう、
高須:1っ回も当ててへん!
松本:びっくりすんねん!
高須:1っ回も当たってへん。
松本:1っ回も当たってへんねん。
高須:テレビをやって、あいつ、1っ回も当たってへん!
二人:ははははははは。
松本:あいつが会議来えへんようなったら、数字、
二人:上がるっちゅう話や。
高須:これ。おかしな話や、これ。
二人:はははははは。
松本:疫病神やがな!あんなもん。
二人:ははははははは。

◇関連トーク:「放送室 in 武道館」にも登場した清水Pのあんな話、こんな話。
「よいお年をお迎え下さい。よいお年をお迎え下さい。」
2008.1.26放送 第330回松本人志の放送室 - 03_1:清水Pからの挨拶メール~たかすちゃんへ… | その2~松ちゃんにも!

清水さんを交えた飲み会の話。
2006.3.25放送 第234回松本人志の放送室 - 15_1:酔った松ちゃんのエピソード | その2~「東野、おまえはずるい」

「ちょっと聞いてくれる?あほの清水。」
2006.1.7放送 第223回松本人志の放送室 - 05_1:松ちゃんの気苦労~「すべらない話」裏話 | その2 | その3 | 06:たかすちゃんも目撃!清水Pの話 | 07:「一点張りかいな」 | 08:「ま、ええ思い出やん」 | 09:「『ミスした次』が大事なんですよね」 | 10:「ええこと言うてるやん、もうー」「入道雲見てたわ」

くりぃむしちゅーの番組ロケで…。
2005.10.1放送 第210回松本人志の放送室 - 07:清水Pの話

「あれも清水じゃないけど、結局、基本おかまなんでね。」
2005.7.2放送 第197回松本人志の放送室 - 09_1:キム兄の話~「木村祐一ってすごいいいですよ」 | 09_2:キム兄の話~ダチョウ倶楽部with木村祐一

松ちゃんが明かす、エレベーターでの清水P。
2004.11.18放送 第164回松本人志の放送室 - 04:清水P、駐車場にて

← 第247回2006.6.24 - 03_5:W杯を観戦~セナ?! | → 第247回2006.6.24 - 04:サムライボケー


☆クローズアップ Amazon

■フジテレビ清水プロデューサー
散々な話題(笑)も含め、トークに多数登場し、おなじみの清水P。放送室 in 武道館にはヘイポーさん、長さんと一緒に登場!CDの特典DVDでは清水P自らトークする姿や、松ちゃんたかすちゃんの楽屋裏など全編観られます。松ちゃんの元相方の伊東さん、電器屋藤井さん、和田さん、そして浜ちゃんもサプライズ出演! たかすちゃんがダウンタウンに願ったこと、いつか叶ってほしいです。CD-BOXは完全限定生産です!
もっと詳しく見る


■放送室の本
あわせて放送室の本もご紹介。これまで5冊出ています。たかすちゃんが「おもしろトークと、私、高須のノンストップトークが満載です。ページ数、山ほどあるよ」とおすすめの「放送室」は全3巻! どれもここでしか聴けない話が詰まっていて、思わずニヤリ☆です。
もっと詳しく見る



また、高須さんの著書「あまりかん。」には小学生の頃からのダウンタウンとの思い出、長く続く友人たちとの幼少時代が詰まっています。放送室を聴いているとおもしろさと親近感も倍増!高須さん著「ツレ」もあわせてお勧めです。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1280-1dc68929

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。