スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「板尾創路の脱獄王」、DVDリリース決定!


板尾さんが企画・脚本・主演も手がけた第一回監督作品「板尾創路の脱獄王」のDVDが登場!

初回プレスには映画監督についてはもちろん、幼少期までさかのぼり、俳優、作家、歌、そして芸人と多岐に渡り明かす20,000字に及ぶインタビューブック「板尾創路の弐萬字」がもれなく付いています!

もっと詳しく見る


【STORY】
その男は、どんな過酷な状況でも、脱獄を可能にする
なぜ脱獄を繰り返すのか ―

昭和初期。暗雲立ち込める空。稲光と雷鳴がとどろく。建物に直撃する激雷。その瞬間、照明が落ち、けたたましい警笛とサーチライトが辺りを支配した。

焦る声が響く。「あっ、たっ、大変です!」「どうした?!」「いない!いない…」― また、あの男が脱獄したのだ。

何度捕まっても脱獄を成功させる男。胸に逆さ富士の刺青を入れた、無口で物静かな囚人。その名は、板尾さん演じる鈴木雅之

ある日、鈴木が信州第二刑務所に移送されてくる。
「ここではそう簡単に行かないからな」と目を付けられるも、入所1時間も経たないうちに、またもまんまと脱獄!

刑務所はメンツをかけて必死に捜索し、ようやくほど近い場所で鈴木を取り押さえる。しかし、看守長・金村は「この男には何かある」という疑念に囚われていた。

その後も、鈴木はさまざまな厳戒態勢を潜り抜け、脱獄を繰り返す。どんなに時間が短くても、どんな手かせ足かせを付けられても、どんなに困難でも!

「なぜだっ!どうやって外した!?」
いかなる見張りの目もかいくぐる!もはや、彼にはいかなる拘束も存在しないに等しい。

その意表をついた独創的な計画、驚異的な身体能力、奇想天外かつ華麗な手腕に、やがて世間の人々は彼をこう呼び英雄視する ― 「脱獄王」

しかし、鈴木は脱走後はいとも簡単に捕まってしまう。通常ならとっくに釈放されている微罪にも関わらず、脱獄を繰り返す彼の刑期は計り知れないほど膨らんでいた。

一方、世間は戦争に向かい、不安定な空気をはらんでくる。看守長だった金村は、実直な仕事ぶりから政府高官に昇っていた。

ある日、金村がふと書類に目を落とすと、そこに「鈴木雅之」の名が。「監獄島送り」と記されている。

「監獄島」。そこは自然が造りだした鉄壁の監獄。そこに入れられた者は、戸籍すら抹消され、二度と社会に戻ることはない。

「鈴木もこれで逃げられないだろう」
金村はそう思いながらも、言いようのない気持ちに駆り立てられ、彼の最後を見届けようと自ら警護を申し出る。

再び出会う二人。金村は鈴木に告げる、「これからおまえが行くところは奈落だ」。しかし、そこは「最後」ではなかった ―

なぜ、鈴木はそれほどまでにして脱獄を繰り返すのか。
そして、なぜ捕まるのか。
果たして「脱獄王」と呼ばれるこの男の真の目的は何なのか?
そして、ラストに待ち受けるものは!?


「鈴木、おまえ、何から逃げているんだ?」
もっと詳しく見る



【CAST】  ※以下、敬称略
板尾創路、國村隼、石坂浩二、木村祐一、千原せいじ、宮迫博之、ぼんちおさむ、津田寛治、阿藤快、オール巨人、笑福亭松之助

鈴木(板尾さん)を追い続ける看守長・金村に名優、國村隼。なんと板尾さんとの付き合いは古く、台本の段階から、國村さんをイメージしてあて書きしたという夢のキャスティングが実現。
オール巨人さんには、「ほんと、有り難い先輩」と板尾さん。
津田寛治さんは、テレビ、映画、舞台と活躍するマルチ俳優。
そして、「ニセ札」で自身もメガホンを取ったキム兄や、千原せいじさん、宮迫さんも必見!
さらに石坂浩二さん、笑福亭松之助さんらベテランが、びしっと締めてくれます。他に考えられないほど、板尾さんの世界にぐいぐい惹きこんでくれるベストキャストです!


國村さん:「まさに『板尾創路』だと思った」
台本を読んだ時に、まさに「板尾創路」だと思った。昔からよ~く知っていて、大好きな人なので、彼の長編初監督作品に参加できてよかったです。(板尾さんの好きなところは)ギャグというイメージはなく、表情がないよう、心の中が揺れ動いているのがよくわかる。他の人とはちょっと違いますね。そういうところが彼の魅力ですね。

石坂さん:「とても慎重な監督ですね。」
(過去、共作した市川崑監督など有名監督と)極端に変わらないですね。衣装合わせなどをしている時に「ほほ~」と思いました。そこに描かれている人間が大切で、どこをぼかせば良いのかが勝負です。彼はリアルじゃなくて時間をごまかしている。緩急の付け方などもプロっぽかったですよ。とても慎重な監督ですね。

★板尾創路監督、新人監督賞を受賞~第29回藤本賞・第19回日本映画批評家大賞
映画製作者を中心に表彰する「第29回藤本賞」で高い評価を得て、本作で板尾さんが賞を受賞されています。
「練りこまれた脚本。個性的な文体と不思議なリズムで活写。
巧みなロケ設定。観客の目を捉えて放さない稚気あふれる異色の娯楽作である。」



【Interview】
脚本、主演、そして初映画監督-「大変やったのは脚本を作る作業かな」
板尾:僕は役者の方が自分では向いていると思っていました。でも今回は自分の好きなものを自由に撮っていいという話だったので、それやったらいいなと思って。その体制が決め手となって、監督に挑戦してみたんです。

主演と監督なので、「大変ですよ」と言われたこともあったんですけど、意外にもそうでもなかったですね。自分で書いて、自分で演出する。コントや漫才でそういうものの作り方をしてきたので、そこは気持ち的にはいつもと違う感じはなかったですね。

大変やったのは脚本を作る作業かな。お話をいただいてから、3ヶ月ぐらいかかりました

「行き着いたのは『脱獄』。エンターテインメントの要素が詰まっている。」
板尾:当初、沖縄映画祭で上映するために作ったので、何の構想もなく0から作りました。刑事もの、カンフーアクションなどのアイデアはあったけど、行き着いたのは「脱獄」。

マックィーンの「大脱走」や「パピヨン」など、脱獄映画がきっかけで映画が好きになったし、脱獄ものにはエンターテインメントの要素が詰まっている、ホラーではないスリルがあると考えて。

邦画にはあまりないジャンルやし、自分が観たくなるような脱獄映画を作りました。クラシックで映画の王道でもあるけど、渋めの映像で捉えて、最後は観る人の気持ちが解放されるようになるといいかなと。

「ちゃんと映画にしたかったんですよね。」
板尾:芸人が撮るっていうと、舞台やテレビでやってるギャグの映画版みたいに思われがちやけど、あの笑いを映画でやっても、僕はおもしろくないと思うんですよ。

笑えるシーンを入れるにしても、映画の段取りを踏まないといけないし、見せ方が違う。今回はちゃんと映画にしたかったんですよね。

脱獄のディテールから刑務所のセット、美術の細部に至るまで緻密かつ本格的に
板尾:見ている人が変なところでひっかかるのは嫌やったから、そこは気を遣いましたね。

それと今回は最終的にフィルムの色を脱色したくて、その想定で衣装の色などを選ばなきゃいけなかったので、カメラテストをして、1回フィルムに焼いて見てみる作業もしたんです。

そのほうがいきなり台本をポンと渡して、ちょこちょこっと打ち合わせして撮影に入るよりも、僕がどういうものを撮りたいのかわかってもらえるような気もしたし、みんなも「板尾さん、何かすごいところからこだわってはるなー」って、その気になると思って。

あくまでもシリアスな映像を基本に撮りたいということを伝えるのに、ちゃんと時間をかけたのはよかったと思いますね。


「ああ、『板尾創路の脱獄王』やったな。」
板尾:「板尾創路の」って付けることで、映画の世界観とかジャンルとか、いろいろ想像してもらえたほうがいいですよね。

それにここまで全部自分でやると、映画がほんまに「自分」になってしまう。僕の考えていること、性格、価値観まで出てしまっています(笑)

玄人受けしているみたいだけど、難しい話じゃないので、みんなに観てもらいたい作品です


☆クローズアップ Amazon

■板尾創路の脱獄王
昭和初期、「脱獄王」と呼ばれる奇才の囚人がいた。微罪を繰り返しながら、何故彼は逃げるのか。何から逃げているのか。そして、何故、脱獄を繰り返すのか ―

國村さん:「共演はそんなにないけれど板尾さんとは長い付き合い。初監督なのに堂々としているなと思っていましたが、さすがに最後のシーンだけは3パターン撮りました。」 
そのラスト、衝撃です!

【特典映像】
予告編・TVスポット・街頭ビジョン用スポット
メイキング オブ 「板尾創路の脱獄王」
~板尾さんがこだわり抜いた舞台裏が明らかに。
キャンペーン映像集
白いタキシードで登壇☆「吉本国際映画祭」や、プレミア試写会、大阪初日&東京初日の舞台挨拶など。板尾さんはもちろん、國村さん、石坂さん、オール巨人師匠、キム兄や千原せいじさんも登場します!


【初回限定特典】 
★板尾監督2万字インタビューBOOK「板尾創路の弐萬字」
~映画の話から始まり子ども時代の話まで遡り、お笑い芸人、俳優、作家、歌手など多彩な「板尾創路」を自ら語り尽くす超ロングインタビューが実現!
※初回版のみの特典です。数に限りがあります。

キム兄:まだここへ来ても板尾さんらしさを見せつけられるのかという驚きと喜びです。初めて会った時から変わっていないということが喜ばしかった…。

松ちゃん:「板尾らしいのが一番ええなぁ。」

板尾創路監督:キャストだけでなく、スタッフまで一丸となって撮影に臨んでくれて、ここまで来られたという感じがします。本当に自分の子どもみたいなので、皆さんに育てていただきたいです。2回目を観ると、冒頭から國村さんがめちゃめちゃおもしろい!約束します(笑)!
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1268-e56e1766

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。