スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第189回松本人志の放送室 - 11_2:林君~「林君、毎回聴いてんねんで」

ダウンタウン松本人志の放送室第189回:林君~「林君、毎回聴いてんねんで」 (46:00~)
高須:これ、林君、毎回聴いてんねんで。知ってた?
松本:はははははは、
高須:全ー部持ってるらしいで。この、俺らがしゃべってるの。
松本:あ、ははははは、あ、はははは、そうなんや。
高須:うん。はははは、全部。
松本:あ、そう、それが初めて自分の名前が出た時に批判やで。自分。
高須:批判じゃないねん!だから、林君、
松本:俺は考えられへん。
高須:はははは、林君は、
松本:あんーな仕事に実直な、
高須:違う、違う、
松本:なんやろう。
高須:そうよ。
松本:うん。
高須:そうよ。だから、林君の仕事とは、
松本:鼻くそ取、今、鼻くそ取ったよね?今。自分。
高須:はははは、取ってないよ。違う、はははは、
松本:今、思いっきり、自分、鼻に指、ガッバー入れたよ。
高須:取って、入ってない、はははは、
松本:ガッバー入れたよね?!それは、それは、
高須:ちょっと、ははははは、
松本:それは認めて。ガッバー入れたよね?
高須:うん、うー、、、入れたよね。
松本:あははははは。
高須:でも、違うがな。俺は、
松本:何や。
高須:その、林君、
松本:あんーな、このラジオを愛してくれてる林君の話で、
高須:林君、ははははは、
松本:鼻くそほじくるか。
高須:違う、違う、林君は、
松本:ははははは。
高須:なんか、ほら、美術やんか。作る。美術じゃないねん!電化製品やねん!向こうが。電化製品って言うのか、その、
松本:はははははは。
高須:モニター、、、とかやねん。だから違うねん!仕事が。
松本:規模が?
高須:規、規模じゃない。規模じゃない。
松本:はははははは。
高須:その、あれが。あの、分野が違うねん。
松本:ふーん。ふん。能力?
高須:能、はははは、お、おまえ、ほんま、
二人:ははははははは。
高須:林君、聴いとんねん。これ。
二人:はははははは。
高須:気まずなるわ。
松本:はははははは。
高須:よう会うねん。フジテレビで。
二人:はははははは。(パン←手を叩く音?)
高須:ちょくちょく、ちょくちょく。林君と。
松本:俺かって会うよ。
高須:気、はははは、気悪いわ。林君も。
二人:はははははは。
松本:だって、自分が言うからやんか。
高須:違うねん!だから、
松本:はははははは。
高須:ノ、ノリやがな!そこはー。そこはノリやがな。
松本:あ。ノリかいな。
高須:ノ、あははははは!
松本:はははははは。
高須:そらそうや。はははははは。そらそうやろう。
松本:あー、びっくりした。
高須:ああ、もう。
松本:マジかな思うてやな。
高須:はははははは。ノリやがな。
松本:あ、ノリかいな。
高須:ノリ、ノリ、ノリ。もうー。
松本:あー。そうですか。
高須:自分、頼むわ!もうー。
松本:はははははは。
高須:止めてー。林君、ほんまに聴いてんねん。

← 第189回2005.5.7 - 11_1:林君 | → 第189回2005.5.7 - 11_3:林君~「こんなことになってくのもおかしいと思ってんねん」


☆クローズアップ Amazon

■林君
「ごっつ」で美術を務めていた方。放送室では他にも「ごっつ」メンバーとの裏話やコントのこと、オジンガー橋爪さんへの思いなど多々語られています。

特に、第85回では浜ちゃん、今ちゃん、板尾さんらとのエピソードや、それぞれのコントを振り返ってのトークがぎっしり。林君も持ってる二人のトーク、ぜひ聴いてみてください。全10巻、完全限定生産です。
もっと詳しく見る


■「ダウンタウンのごっつええ感じ」
1991年スタート。毎週日曜20時が楽しみでした。今ちゃん東野さん板尾さんほんこんさんをはじめ、YOUさん篠原涼子さん、スタートの頃は西端弥生さん(古田新太さんの奥様)や松雪泰子さん奥田民夫さんも出演。

松ちゃんもたかすちゃんも「全部観直した」と厳選されたDVDには、「ベーター」「兄貴」「キャシー」「アホアホマン」「産卵」「子連れ狼」「妖怪人間」「トカゲのおっさん」など不朽の爆笑コントが詰まっています。放送室で明かされた裏話や、松ちゃんのコントへの思いとあわせて観ると、また感慨深くおもしろさも倍増です。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1265-f469cd88

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。