スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第189回松本人志の放送室 - 09_2:「『古っ!』っておもしろいね」

ダウンタウン松本人志の放送室第189回:「『古っ!』っておもしろいね」 (33:05~)
高須:僕、だから、あんまりディズニーランド自体が、そんなにね、僕、もう、ないんですよ。
松本:どういうこと?
高須:何、何もそんな別に。
松本:おるねー。たまに、その、ディズニーランド嫌いみたいな。
高須:嫌いまでいかないですけど、何のために行きたいのか、わかんないんですよねー。
松本:ええっー!もう、めちゃくちゃやん。そんなこと言い出したら、もう、何だってそうやで。自分。
高須:いや、たぶん、あれはたぶん子どもが行きたいから、子どもに付いて行くためのもんでしょう。
松本:いや、そんなことない。
高須:子どもが喜ぶもんでしょう。
松本:これはちょっと、やっぱ、違うな。
高須:おー!
松本:やっぱ、あれはあれで、あのー、別の世界、、、やな。
高須:あら。「お笑い界のピーターパン。」
二人:あははははは。
高須:「松本人志です。どうぞよろしく。」
松本:それ、山崎やがな。「お笑い界のピーターパン」は。
高須:あははは、そうかい。はい。はい。うん。
松本:うん。
高須:ああ、そうですか?
松本:あれはあれで、別の世界ですね。
高須:いや、確かにね、
松本:うん。
高須:あのー、いろんなことをきっちりやってるのはすごいと思うんですよ。
松本:きっちりやってる。
高須:他の、あのー、ああいうテーマパークよりも、すべてがちゃんとしてる!
松本:すべてがちゃんとしてる。
高須:うん。そこは、やっぱし、「あ、すごいな」と。
松本:あれ、あのー、愛・地球博がね、
高須:うん。
松本:自分が今度レポート行くと言われている、あの愛・地球博はね、
高須:うん。
松本:結局、あの、はははは、弁当を、
高須:うん。
松本:「うん」って。もう、流すんや。そこ。
二人:はははははは。
松本:疲労困憊(こんぱい)やん。
高須:違う、ははははは、困憊じゃないよ。
松本:はははははは。
高須:もう、そこ引っかかってたら、また、これ、ややこしなるな思うて。
松本:はははははは。
高須:次の話に流したほうがええな、
松本:倦怠期にさしかかっとるやん。もう。
高須:あははは、違うがな。
二人:はははははは。
高須:全然受けとるがな。うん。何?何?何?愛してるよ!まだ。
二人:はははははは。
松本:愛・地球博だけに。
高須:うん。そう。
松本:あの、弁当が、
高須:うん。あかん言うてた、
松本:あかん言うてたんが、OKになったんですよ。
高須:うん。そう。そうですよ。
松本:ディズニーランドだけは、絶対なれへんもんね。
高須:ああ。なるほどね。
松本:ディズニーランドは、もう、昔からそうですよ。絶対、弁当持込みもコンビニもへったくれもないですよ。
高須:持ち込んだらあかんの?!あれ。
松本:持ち込んだらだめですよ。
高須:持ち物検査あんの?!
松本:って言うか、もう、そこでもう、そんなとこ座って、なんか、なんかおにぎりみたいな食べてるだけで、もう、もう、そらもう、
高須:「こらっー!」って言われんの?
松本:もう、ミッキーにもう羽交い絞めされますよ。
高須:ええっー!?はははは、あのミッキーに?
松本:夢の世界やのに。
二人:ははははははは。
高須:あかんがな。
松本:うん。
高須:ああ、そう。
松本:はい。
高須:へえー。そうなん?
松本:それだめなんですよ。絶対に。
高須:はー。
松本:それは。
高須:やっぱ、ちゃんとしてんなあ。
松本:うん。
高須:ディズニーシーとか、自分、やっぱ、行ってんの?
松本:はははっ。まあ、僕、まあ、行ったことはあります。
高須:ええっー!もう、行ったことないわ。あんなとこ。
松本:真っ暗ですけどね。夜。
高須:へえー。
松本:大人の感じやで。あれ。
高須:いいの?デートスポットにええんかいな!?
松本:デートスポットにいいかどうかは知らんけど、はははは、
高須:うん。うん。
松本:こんなパンフレットみたいなもらうんですけど、
高須:うん。うん。
松本:あのー、夜とか行ったら、見えないっすよ。
高須:え、意味ないやん。
松本:…うん。意味ない教かいな。
高須:古っ!
二人:ははははははは。
高須:そんな何も言うてへんやん。古いなー。自分ー。
二人:ははははははは。
高須:「古っ!」っておもしろいね。
二人:はははははは。

◇関連トーク:たかすちゃんが行くと言われてる?!今週の「愛・地球博」トーク。
07_1:たかすちゃん、愛・地球博レポート?! | その2~「ごっつ鬱陶しいやろうな」

← 第189回2005.5.7 - 09_1:「古っ!」 | → 第189回2005.5.7 - 10:カプリチョーザはおいしい


☆クローズアップ Amazon

■ピーター・パン
ロンドンの街外れに、ウェンディという優しい女の子が住んでいました。子ども部屋で過ごす最後の夜、ウェンディのもとにピーターパンとティンカー・ベルがやって来てます。


ピーターパンはずっと12歳のままの不思議な少年。「ネバーランド」に招待してくれます。ティンカー・ベルの粉をちょっと振りかけて、右から二番目の星を目指してまっすぐに飛んで行けば…そこは大人にならなくていい島「ネバーランド」!

ところが、そこへピーター・パンを目の敵にしている海賊フック船長が現れて、、、さあ、夢と冒険のはじまり!
「すべてがちゃんとしてる」ディズニーの傑作中の傑作。新たに制作された左のDVDで、デジタルリマスターした美しい映像や、世界一の作り手が魅せるメイキングや音声解説まで楽しめます!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1262-4c1b7a09

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。