スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さまぁ~ず初主演映画「かずら」、DVDリリース!


公開初日から大盛況、ロングラン
を記録したさまぁ~ず初主演映画「かずら」のDVDが登場!

初回限定版は特典映像DVD豪華46組「かずら式いろはかるた」が付いたスペシャル版です!

もっと詳しく見る


★こんなお話★
三村さん演じる森山茂、35歳。普通のサラリーマン。でも、毛むくじゃらの犬がうらやましい、「薄い」ということばにびくっとしてしまう…。

そう、彼の悩みは若はげ。コンプレックスを常に抱え、生きることすべてに前向きになれずにいた。

「さあ、あなたもチェンジ・ザ・ライフ!」。転勤を機に、意を決して大手かつらメーカーへ行く森山。しかし、高額な料金や納期の長さに現実を思い知らされる。転勤は目前、一度出会ったら、急に髪型が変わるなんてできない…。

「お金もない…。時間もない…」。落ち込む彼の前に、妙なチラシが。「早い。安い。うまい。あなたのカツラ作ります」

わらにもすがる思いで訪ねると、風変わりな店が。名は「大和田カツラ」。森山を迎えたのは、大竹さん演じる無愛想な店主・大和田

怪しい雰囲気ながら大和田は言う、「ウチは即日渡し」。料金もまずまず、見た目も大手メーカーのと変わらない。― そして、森山だけのかつらが出来上がった。

初めての髪型で迎えた入社当日。「自分は本当に変じゃない?気付かれてない?」不安でたまらない森山は、大和田へ電話をかける。

「初めはみんな不安になる」「もっと自信を持って」と、自分のかつらを被るお客の気持ちをすべて見透かしたように応える大和田。

それからも、何かあるとどこからともなくスペアを持って現れるなど、大和田は森山を頼もしくも不気味に見張りフォローしていく。

そんなある日、若くきれいな女性・牧田涼子が入社してくる。一緒に仕事をする二人。やがて、森山は涼子に好きになる。

でも、どうしてもコンプレックスにとらわれてしまう。「彼女と付き合いたい。でも、かつらだけは絶対にバレたくない」

葛藤の中、涼子との距離は少しずつ縮まってゆく。
なんと、彼女から休日デートのお誘いが。行き先は遊園地…、そう遊園地!そこにはジェットコースター、突風、、、危険だらけ!

今度こそバレる!それなら自分から堂々と言うべきなのか。いや、本当の自分がわかったら嫌われる。それなら告白までなんとか隠し通すか…。


かつらを被る恋する男・森山。
かつらを被らせた謎の男・大和田。

ワケありな男たちによる「頭上最大」の戦い!
そして、恋の行く末は!?


男でも女でも、誰でもみんな、1つはコンプレックスや悩みがありますよね。好きだから、隠したいことも。そんな気持ちを、さまぁ~ず的な笑いで楽しく、最後はちょっぴりジーンな感動と共に観られる満足度◎◎◎◎◎のムービーです!

もっと詳しく見る


★キャスト★ ※以下、敬称略
さまぁ~ず三村マサカズ、大竹一樹
芦名星、ベンガル、田中要次、正名僕蔵、酒井敏也、載寧龍二、岩松了、丘みつ子、麿赤兒
芦名さんはマドンナ・涼子。ほんとにきれい!
田中さんは木村拓哉さんドラマ「HERO」で、「あるよ!」
丘さんは、放送室で「好きなドラマ」と語られた「池中玄太80キロ」に出演のベテラン。
麿さんも奇才溢れる超ベテラン俳優(大森南朋さんのお父さんです)。
岩松さんはオダギリジョーさん「時効警察」の課長さん!見応えある俳優陣です。


★原案・脚本・監督・音楽★
【原案】 小林信也 「カツラーの秘密」「恋するカツラ」
~「僕は27歳でもう禿げていた」―
自ら、かつらであることを「『髪ングアウト』」した話題作。


【監督】 塚本連平
~「時効警察」「ドラゴン桜」「特命係長・只野仁」「アットホーム・ダッド」「アルジャーノンに花束を」「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「着信アリ2」など

【脚本】 福田雄一
~「東京DOGS」「猿ロック」「33分探偵」「THE 3名様」ほか、「爆笑レッドシアター」「いきなり!黄金伝説。」などの放送作家でもあります。

【音楽】 藤岡孝章 ~「崖の上のポニョ」の「藤岡藤巻」さん! 

【主題歌】 かりゆし58
~大輔さんも出演したドラマ「銭ゲバ」の主題歌「さよなら」も彼ら!


★三村さん、大竹さん★
「ぜひ、見ていただきたい!1回は観ていただきたい!!」
三村:(かつらを被る役は)どういう気持ちでやればいいのかなと考えたのだけど、「人が気にしてないのに、自分が気になること」って、例えば「買った服がうっかりレディース合わせだったら、もしかして、それに人も気付いてるのか?」と不安になりますよね!?そんな感じのことを、他に2、3個考えながら演じました。
大竹:この作品は、役者として90%くらいの力でがんばりました。
三村:100じゃないのかよ!
大竹:100%出しちゃうと、感じが違っちゃいますから。「そんなにアゲなくていい」って監督にも言われたので、90くらい。ぜひ、見ていただきたい!1回は観ていただきたい!!

芦名:(カツラーとの恋愛について)気付いてしまいますよね。好きになった人となら、密になっていけば必ず…。でも、それでもいいんです、好きなら大丈夫。という映画ですね。

(さまぁ~ずとの共演は)楽しかったです。お二人ともそのままでいてくださるので、勉強になりました。難しい役作りを、「作って」しまったら嘘になってしまう。お二人は「そのまんま」なんだけど、心の中から言葉を発してくれました。とても楽しい現場だったので、それが観てくださる方にも伝わればいいなと思います。


大竹:この映画を観そうもない人から、「『かずら』観たよ!」って言ってもらえたらいいですね。
三村:レイトショーから全国へ、そして世界へ…みたいなね。カンヌ?いいですねー。行きたいです。ヨーロッパ行ったことないんで!
大竹:旅行しろよ。

マスコットキャラクター・ほおべにちゃん!「ファンタジーだよね」
三村:よく、「大竹のカツラ待ち」ってあったよね?
大竹:三村のは、スヴェンソンさんのフィットするかつらだったからいいけど、こっちはありものからピンを50本くらい刺して作ってるから、すごい大変だったんだよー!
そうそう、「ほおべにちゃん」に気づいた?
三村:「ほおべにちゃん」?
大竹:服にワッペンがついてたでしょ。あれでマジックみたいにかつらに目がいかないようにしてたわけ。ファンタジーだよね。

「乞うご期待!」
三村:みなさん、おもしろかったですか?
大竹:10点中9点って言ってくれていいです。
三村:2回、3回と観てもらって大丈夫だよね。
大竹:そうそう。1回目は三村、2回目は俺、3・4回目はいろいろ、5回目はつぶやきの目線でも楽しめるしね。乞うご期待!


☆クローズアップ Amazon

■かずら
頭皮に悩みを抱える男・森山は、路地裏の店「大和田カツラ」でかつらを作る。それからというもの、彼の頭にピンチが訪れるたびに、見張っていた店主の大和田がすかさずフォローにやって来て…!

実体験のエッセイを原案に、さまぁ~ず&独特の世界観を創りだすスタッフが集結!大笑いできて、温かな気持ちも届けてくれる傑作ムービーです!

【収録内容】
★本編
特典映像もたっぷりDISK1枚!
〔封入特典〕
★その1:「ほおべにちゃん」オリジナルグッズ!
~大竹さんのトークにも登場した「かずら」のマスコット♪
★その2:「かずら式いろはかるた」
~なんと豪華46組!じっくり楽しめるプレミア「かずら・かるた」
※赤字は初回限定版だけの特典です!限りがあります。
もっと詳しく見る

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1250-3dbd1871

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。