スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第234回松本人志の放送室 - 03:「ザッサー」

ダウンタウン松本人志の放送室第234回:「ザッサー」 (1:20~)
高須:どうですか?最近は。
松本:最近は、ほんとにもうー、あれですねえ。
高須:うん。
松本:あのー、なかなかのもんですよ。
高須:うん。え?
松本:映画もせまってき、せ、あの、
高須:はははは。
松本:あのー、相変わらずですし。
高須:もうねー、
松本:うん。
高須:もう、コントも撮ってるしねえ。これ。
松本:コントも撮ってるし。
高須:ねえ。
松本:うん。
高須:「ザッサー」~!って言うね。
松本:コントを撮ってるんですけどね。
高須:実はね。
二人:はははははは。
高須:これね、でも、おもしろいコントですからね。
松本:うーん。
高須:期待してほしいですね。
松本:いや、おもしろいですねー。
高須:久々におもしろいのができそうですね。これね。
松本:うーん。
高須:しょう、、、まあ、まあ、
松本:ま、「久しぶりにおもろいこと」って言われたら、ちょっと俺も嫌やけど。
高須:何、
松本:「久しぶりにコントやんのに、こんなにおもしろいですよね」っていう話でしょう?
高須:「久しぶりにおもしろいコントができますよね」っていう意味じゃない。
松本:なんか、それまで最近ずっとすべったコント作ってたみたい。
高須:違うわ。あんたのこと言うてんちゃうやん。おもしろい、その、全般、
松本:世の中?
高須:コン、コント全般、
松本:世の中のコント批判かいな。いきなり冒頭で!
高須:はははは、
松本:それはー、ひどいわ。
高須:はははははは。
松本:ひどい。
高須:批判まで、
松本:心が痛いわ。俺はもう。そんな。
高須:批判までしてないやん!ほいで。
松本:後輩たちとかをそこまで言われると。志村さんのこととかも言うての?それは。
高須:言うてないわ!うわっ!自分、それはあかん。
松本:あはははは!なんでやねんな。はははははは。
高須:今、何、何、何、
松本:違うがな!
高須:その言い方、何なん?自分。
松本:はははは、なんやねんな!
高須:何にも言うてないのに。
松本:俺も何も言うてへんよ。
高須:いや。いいよ。
松本:「言うてんの?」って聞いて、
高須:流してもうていい。全然、流してもうていいよ。僕は。
松本:はははは。ええ。
高須:ただ、今の、
松本:ははははは。
高須:今のことはあかんわ。
松本:いや、それは、
高須:うん。
松本:あのー、自分、あかんわ。
高須:何が?
松本:自分が、もう、
高須:うん。
松本:完全に言わしたやん。
二人:あははははは。
高須:「言わした」ってどういうこと?
松本:いや、志村さんはもうええわ。
二人:あはははははは。
高須:まあね。なるほど。
松本:いきなりね、そうやって批判めいた感じから入んのはいいと思いますよ。でも。
高須:うん。いや、いや、僕はねー、
松本:うん。
高須:ちょっとおもしろいコントやなと思ったので。
松本:おもしろいですよ。
高須:久々に。僕、あんまりね、コントでそんな最近笑ってなかったので、
松本:うーん。
高須:あー、おもしろそやなあと思ったのでね。うれしい話ですよ。これはね。

◇関連トーク
先々週の「ザッサー」の話。
2006.3.11放送 第232回松本人志の放送室 - 06:「もうええわ、その話」

「そんなネーミング言われたら、俺、ごって損やん。」
2008.11.29放送 第374回 - 02:ごって損やん | 06:たかすちゃんの好きなドラマ

たかすちゃんが「志村けんになりました。」
2008.12.6放送 第375回松本人志の放送室 - 01:「わたすは貝になりたい」

松ちゃんが挑む志村けんさんのものまね!
2008.8.23放送 第360回松本人志の放送室 - 04:斬新!松ちゃんのものまね  | 05:たかすちゃんもものまね?! | 06:Wモリケン | 07:ブルース・リーのものまね! | 08:続いて松ちゃんの志村けん! | 09:その頃、松ちゃんが憧れていたもの

◇関連トーク.2:松ちゃんが作るコントの話あれこれ。
「ごっつ」を語る。
2003.5.15放送 第85回松本人志の放送室 - 03_1:「ごっつ」のDVD | その2 | その3 | 07_1:「ごっつ」を振り返る | その2 | その3 | 08:監督は大変 | 09:「ごっつ」の裏で…

併せて「一人ごっつ」も。
2002.8.22放送 第47回松本人志の放送室 - 05_1:「一人ごっつ」 | その2

コント作り、映画作り。
2005.12.24放送 第222回松本人志の放送室 - 07_1:松本組~クランク「イン」! | その2 | その3

たかすちゃん、即興コント?!
2008.2.9放送 第332回松本人志の放送室 - 07:ショートコント「亀は万年、鶴は千年」

「キングオブコント2008」の話、その1&「ごっつ」の話。
2008.7.19放送 第355回松本人志の放送室 - 02_1:「キングオブコント2008」について | その2 | その3 | 03:「ごっつ」のコント

「キングオブコント2008」の話、その2。
2008.9.13放送 第363回松本人志の放送室 - 06:ガキ・罰ゲーム、すべらない話、ドリームマッチ、キングオブコントに映画

「キングオブコント2008」決勝出場組決定時のトーク。
2008.9.27放送 第365回松本人志の放送室 - 03_1:キングオブコント2008、ファイナリスト決定 | その2 | 04:「芸人がピュアな部分を、僕は信じたいと思いますね」

「キングオブコント2008」の話、その3。
2008.10.11放送 第367回 - 03:キングオブコント、審査員のシステムについて

「キングオブコント2008」終了後、審査方法や来年の開催についてなどを語る。
2008.10.25放送 第369回松本人志の放送室 - 02_1:キングオブコント2008を終えて | その2 | その3 | その4 | 03:日本のバラエティ、再びキングオブコントのこと

「ドリームマッチ2009」を前に&自身が明かす「ええ仕事」は「世界の珍獣」と…。
2008.11.22放送 第373回松本人志の放送室 - 02:「ドリームマッチ」に「笑ってはいけない」 | 04_1:松ちゃんが語る「ええ仕事したなあ」 | その2 | その3 | その4

「『ごっつ』の頃よりもっとおもしろいコントをがっつり1時間やろう思うたらできるやんか。」
2008.11.29放送 第374回松本人志の放送室 - 11_1:バラエティの未来 | その2

ウッチャンとの「ドリームマッチ2009」を振り返って。
2009.1.10放送 第380回松本人志の放送室 - 02_1:ドリームマッチ09 | その2 | その3 | その4 | その5 | その6 | 11:ドリームマッチ09の打ち上げ

「ほんとにおもしろいコント番組を作んのやったら、ノーギャラでもええ。」
2009.1.31放送 第383回松本人志の放送室 - 06_1:テレビへの思い | その2

「寸止め海峡ライブ(仮題)」の話。
2009.2.14放送 第385回松本人志の放送室 - 07:「柳田という男」

やっぱり「C-1」?!&「『ごっつ』も、俺ね、なんか一生懸命やってたやんか。」
2009.3.7放送 第388回松本人志の放送室 - 07:「『C-1』ですよね」 | 08_1:「松本人志はそこを目指すしかないんですよ」 | その2

← 第234回2006.3.25 - 02:オープニング | → 第234回2006.3.25 - 04_1:おもろい星~「またや」


☆クローズアップ Amazon

■「ザッサー」
2006年「第2日本テレビ」で配信された日テレ土屋さんと手がけた松ちゃん5年ぶりの新作コントで、板尾さんや宮川大輔さんも。8ヶ月経て完成させたそうです。左は変革期にあるテレビについて、インターネットの視点を絡め、各界の先駆者が対談で考えを語り合う「CONTENT'S FUTURE~ポストYouTube時代のクリエイティビティ」土屋さんも登場し、「ザッサー」のことを。ものづくりやコンテンツビジネスに興味のある人にお勧めの1冊です。
もっと詳しく見る


■コントのこと
テレビではほとんど聴けないコントや映画のこともじっくり語られた放送室。「オリジナルをやらなかったら生きている意味がない」と熱く語ったことも。特に第85回では浜ちゃん、今田さん、板尾さんらとの「ごっつ」のエピソードや、「全部観直した」「ベーター」や「兄貴」、「キャシー」や「アホアホマン」「産卵」「子連れ狼」「妖怪人間」や「トカゲのおっさん」コントを振り返ってのトークや、「大日本人」監督の話が。貴重な1回!左のCD-BOXに収録されています。ぜひお二人の声で聴いてみてください。全10巻、完全限定生産です。
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1218-ad4d9b75

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。