スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第233回松本人志の放送室 - 07:デリカシーがあるのは誰?

ダウンタウン松本人志の放送室第233回:デリカシーがあるのは誰? (16:25~)
高須:デリカシーが、自分が思って、ある人って誰よ?芸人で。
松本:デリカシーがある。
高須:うん。
松本:「デリカシーがある」の反対、あのう、反対語は何?「ナイーブ」?
高須:ナイーブじゃない。デリカシー。そんなこと、反対語から考えんでもええやん。
松本:どっから考えたらええの?それ。
高須:デリカシーがある。あ、ちゃんとしてるってことですよ。
松本:ああ、それは、もう、完全に俺やろうね。
高須:いや、自分以外やがな。そんなもん。
松本:はははははは。
高須:自分以外で。
松本:はははははは。
高須:例えば誰で、誰、どんな感じですか?あなたが思うなら。
松本:デリカシーのあるやつ、、、いや、俺、でも、山崎もそんなにあるとは思えへんねんなー。
高須:じゃあ、これ、木村祐、
松本:あの車の散乱の仕方とか、もう、たまらんねんなー。
高須:じゃあ、木村祐一。木村祐一。
松本:あー。
高須:とは言いながらも、また違うとこもあるでしょう?これがまた。
松本:デリカシー、デリカシー、、、。うん。キム、、、がデリカシーあるとも言い難いとこ、
高須:さあー、誰ですか?デリカシーあるのは。
松本:デリカシー。、、、俺以外やろう?
高須:当たり前やがな。そんなもん。
松本:いや、ほんまに俺やねんて。俺が群を抜いてんねん!
高須:そんなことないよー。
松本:、、、めちゃくちゃデリカシーある。
高須:じゃあ、じゃあ、これ、芸人の枠とっぱらったら、意外と俺ちゃう?
松本:…うーん、、、。
高須:正直言うてみ。これ、もう。自分、ほら。もう、自分、ほら、おいで!
松本:はははははは。
高須:おいでよ。はははは。意外と。ちょっと考えてみ。周りで、
松本:デリカシー。
高須:周り見てみ。意外とデリカシーある人間、さあ、誰ですか?ってことですよ。これ。(ドン、ドン、ドン←机を叩く音?)
松本:…。
高須:もう、ええよ。ここ、変に考えんでもええがな。
松本:いや、でも、あのー、あれじゃないの?恐らくですけど、
高須:うん。
松本:ぐっさんとか、
高須:いや、いや、まあ、ぐっさんはええがな。もう、ぐっさんの話までいかんでもええがな。
松本:ぐっさんとか、田中とか、
高須:あー、あー、あー。なるほど。あの辺もあるな。
松本:亮とかあの辺は、
高須:あー、あー。あの辺もあるか。
松本:なんか、そうなんじゃないの?
高須:まあ、まあ、でも、あんま知らんやんか。
松本:うん。
高須:知ってる中でやんか。
松本:知ってる中でなあー。
高須:これ意外と、ほら。来た。
松本:知ってる、はははははは。
高須:正直、これ、
松本:いや、ごめんなさい。あなた、デリカシー数値は70ぐらいじゃないの?
高須:ええっ?!
松本:俺が、もう、100、、、の大台をもう。100に近いですけど。
高須:ちょっと待って、ちょ、ちょっと待って。したら、
松本:うん。
高須:えーと、俺のデリカシー。70?!
松本:70ぐらいじゃないのかな。たぶんね。
高須:ええっ?!
松本:宮迫もないもんなー。いまいち。
高須:宮迫、じゃあ、どれぐらいよ?
松本:宮迫は、もう、ほんと、ゴリラですね。
高須:30?
松本:もう2、30。
高須:2、30。山ちゃんは?
松本:山崎で40、50ぐらいかな。
高須:あ、じゃあ、俺の70、相当高いね。
松本:あー。まあ、そうやな。
高須:じゃあ、えっ、亮と俺は?
松本:いや、俺、亮をそんな知らんけど、まあ、でも、なんかたぶんあいつは、、、80ぐらいはあるんじゃないの?
高須:いや、いや、これ、亮、これまたわからへんよ。これ。
松本:ま、わからんけどね。
高須:うん。
松本:ま、何をもってやねん。それはもう、人それぞれ、あのー、感じ方の違いやから。デリカシーっていうのは。
高須:で、まあ、群を抜いてんのが自分やと。
松本:間違いなく俺やな。
高須:はー。
松本:ほんっとにもう、そんな自分がもう嫌で嫌でしょうがないもん。
高須:デリカシー。
松本:もう旅に出る、みんなでなんか旅行とか行く時に、俺にとって一番大きな荷物は「デリカシー」やもん。
高須:…。
松本:それを置いて行きたいわ。
高須:…見てみ。これ。誰1人、
松本:ははははは、
高須:くすりともせず。
二人:あははははは、
松本:いや別に、笑かそ思うてないわ。
二人:ははははははは。
高須:びっくりすら~。これ、もう。
二人:ははははははは。

◇関連トーク:「デリカシー」を語る&キム兄、宮迫さん、ぐっさん、ロンブー亮さんの話。
「すべては気遣いやねん。」
2008.6.14放送 第350回松本人志の放送室 - 04:デリカシー

キム兄。
2008.12.27放送 第378回松本人志の放送室 - 03:怒れるキム兄の話
2008.2.16放送 第333回松本人志の放送室 - 02:新番組「ゆるせない話」
2005.10.1放送 第210回松本人志の放送室 - 03:二人の厄年 | 04_1:松ちゃんの厄払い | その2 | 05:キム兄の厄払い | 06:松ちゃんの厄払い~「絶対、ばち当たるで」
2005.7.2放送 第197回松本人志の放送室 - 09_1:キム兄の話~「木村祐一ってすごいいいですよ」 | 09_2:キム兄の話~ダチョウ倶楽部with木村祐一
2002.8.22放送 第47回松本人志の放送室 - 03_1:キム兄の悲劇 | その2 | その3 | 
04:キム兄は「旅行運ないのよ」
「考えられへん」炸裂!「ゆるせない話」DVD情報
松ちゃんからのお祝いメールに涙。初監督長編映画「ニセ札」リリース!
キム兄登場「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」リリース!
キム兄再び「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン2」リリース!
キム兄&今ちゃん&ほんこんさん&ジュニアさんが語り尽くす「アメトーーク板尾伝説」!
キム兄、今ちゃん、東野さんや板尾さんも!「50周年!吉本新喜劇「ギャグ100連発」

宮迫さん。
2009.2.21放送 第386回松本人志の放送室 - 03_1:モスキート音 | その2
2009.1.17放送 第381回松本人志の放送室 - 07:アメトーーク
2008.12.20放送 第377回松本人志の放送室 - 03_1:天素の頃 | その2 | 04:松ちゃんとの関係 | 07:天素の話 | 09:宮迫さんの思い込み | 10:「すべらない話」のきっかけ
2008.8.16放送 第359回松本人志の放送室 - 05:宮川大輔のすごい話 | 06:ガキの使い・引きずられ部でも選手権 | 07:宮迫の選手権
2008.4.19放送 第342回松本人志の放送室 - 04:ロンブー淳 | 05:宮迫の「ご賞味あれ~」
2003.6.26放送 第91回松本人志の放送室 - 05:歌がうまいは芸人にとっての何か?

ぐっさん。
2008.3.29放送 第339回 - 06:浜ちゃんのドラマ「熱血教師SP 夢の見つけ方教えたる!」
ぐっさん、音楽活動を始動!

ロンブー亮さん。
2008.12.6放送 第375回 - 04_1:「笑ってはいけない新聞社」の収録裏話 | その2
2006.1.21放送 第225回松本人志の放送室 - 07:観客について

← 第233回2006.3.18 - 06_3:山ちゃんとフットボールアワー後藤さん~「ほいで?」 | → 第233回2006.3.18 - 08:ダウンタウンのデリカシー


☆クローズアップ Amazon

■ロンドンブーツ1号・2号 田村亮さん
放送室では結婚されたことや、その笑いや芸について「あいつ、まだ化けるからな」と見解が語られたことも。ピンでの活動も増えている亮さん。左は著書「子の背中を見て親は育つ」「いいことだけじゃなく、ダメなパパの部分も書く」を信条に、リアルで亮さんらしい「父親・夫」の顔が描かれています。「ガキ 笑ってはいけないホテルマン」に登場した楽天・マー君の父との対談も実現です!

「初めて自分の子どもを見た時の感動は想像をはるかに超えて、心が震えるというか、痺れるというか、とにかく、今までに味わったことのない幸せな気持ちが体中にあふれるような感覚だったことが忘れられませんでした」 (「立ち会い出産は難しい」より)

「これからどんどん成長するのに『どうせ出来ないもん』と長男が言ったことに腹が立った。高さ3mの恐竜のオブジェがあったので、やれば何でも出来ることを見せつけようと、『じゃあ、お父さんのぼってみるわ』といい、恐竜にしがみつく」 (「近くで遊ぶか、遠くで遊ぶか」より)
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1203-2ad6d0c5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。