スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第232回松本人志の放送室 - 14:肩こり

ダウンタウン松本人志の放送室第232回:肩こり (44:55~)
松本:肩こりが僕、あんたB型でしょう?
高須:うん。
松本:俺もB型やねんけど、
高須:寝てるもん!自分寝てるもん、それ!
松本:あははははは!(パン←膝を叩く音?)
高須:めっちゃ寝てるもん!そりゃあ、もう。だって、それはもう、肩こ、
松本:寝てる寝てへん関係ないやろう!肩こりに。
高須:寝てるよ!そら、もう、5時間で目覚めるけど後の2時、何、もう一眠り、
松本:肩こりの意味がわかれへんねん。
高須:俺も寝てたらなれへんよ!正月なんか何にもならへんもん!
松本:あ、そう。
高須:寝ててみ!これ。7、7時間寝てみ。7時間。7時間。
松本:うん。
高須:寝ててみ。大丈夫やもん。なれへんもん。俺。
松本:寝不足やったらなってくんのかい?
高須:なってくんねん。
松本:どういうことやねんな?
高須:…知らんやん。それ。
松本:あははははは!
二人:はははははは。
高須:びっくりすんねん。もう。頭痛なってくんねん。
松本:ちゃう、俺、もう、肩こりを説明してほしいねん。
高須:だから、もう、疲れやわ。ほんまは1日で何時間か寝て、
松本:違う、違う。「疲れやわ」って、それ原因やろう?俺が知りたいのは、
高須:うん。
松本:肩こりがどういうもんなんかがわかれへんねん。
高須:もうね、
松本:うん。
高須:張ってんねん。
松本:うん。
高須:ぱっんぱんやねん。
松本:うん。
高須:どんな、どういう感じ?これ。肩こりって。
松本:わかれへん。
高須:重いねん。
松本:うん。
高須:重いと言うかなー。何やろう。これ。
松本:何?何?
高須:ずーっと圧迫されてる感じやねん。血が通ってない感じやねん。鬱血してる感じやねん。
松本:どういうこと?どういうこと?
高須:もう、さっきから言うてるやん。結構。
松本:はははははは。
高須:そんなとこで「どういうこと?」言われても、
松本:はははははは。
高須:鬱血してるとか、もう、ぱんぱんや、
松本:どう、どんな感じなん?だから。それは。
高須:だから、鬱血やがな。
松本:動物で言うたら何やねんな?
高須:動物で?
松本:はははははは。
高須:なんかねー、
松本:サイとか、あんなんかいな?
高須:あ。ほんま、そんなんかもしれんわ。動物で言うとやで。
松本:えらいこっちゃやんか、自分!
高須:あはははは!なんでわかんねん。それで。
二人:ははははははは。
高須:普通わかれへんやろう。そんなん。はははははは。なんでそこでわかる、
二人:はははははははは。
松本:サイ言うたら、あんた、
高須:いや、そらそうや。
松本:よっぽどやんか。
高須:よっぽどやねん。わかってくれた!?ここで。
二人:あははははは。
松本:ずばっー!わかったわ。今。
高須:いや、
二人:はははははは。
高須:絶対わかってへんやん。腹立つわー。
二人:はははははは。
高須:めちゃめちゃ痛いのに。
松本:あ、そう。

◇関連トーク:もう1頭の「サイ」&動物にまつわるトークあれこれ。
自身の仕事「世界の珍獣」を語る。
2008.11.22放送 第373回松本人志の放送室 - 04_1:松ちゃんが語る「ええ仕事したなあ」 | その2 | その3 | その4

もう1頭「サイ」!
2008.9.6放送 第362回松本人志の放送室 - 02:生まれ変わったら何になりたい?

第4回カプリチョーザ杯!「魚」の山ちゃん&「動物」の後藤さん。
2005.9.11放送 第207回松本人志の放送室 - 03:今日は第4回カプリチョーザ杯!~フットボールアワー後藤さん | 04:今日は第4回カプリチョーザ杯!~南海キャンディーズ山里さん | 08_1:山ちゃん~「魚ってそういないですね」 | 08_2:山ちゃん.その2 | 08_3:山ちゃん.その3 | 08_4:山ちゃん.その4 | 09_1:後藤さん~「忙しいゾウー」 | 09_2:後藤さん.その2 | 09_3:後藤さん.その3 | 09_4:後藤さん.その4


← 第232回2006.3.11 - 13:「車乗る時はヘルメットがいるわ」 | → 第228回2006.3.11 - 15:トータス松本さんの相談


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1186-4a19c59c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。