スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第232回松本人志の放送室 - 08_4:ヘルメットいる?いらない?~「あははは、そればっかりやがな」

ダウンタウン松本人志の放送室第232回:ヘルメットいる?いらない?~「あははは、そればっかりやがな」 (26:20~)
高須:でも、メットは、基本は大人になったらいらないですよ。もう。そら、わかる、
松本:総括。
高須:「そこはわかるでしょう?」ってことですよ。
松本:お。総括したな。
高須:そう。子どものうちはメットいるかもしれんけど、大人になったら「もう、それもわかっていってるんですよ。生きてるってことはそういうこと。二十歳過ぎたらそうなんですよ!」ってことですよ。「責任持っていきなさいよ!全てのことにおいて!」
松本:っていうことなの?
高須:はい。
松本:あ、じゃあ、なんでバイクはメットいんのよ?
高須:だから、それだけは車が横からボーン!来たら、
松本:あははは、そればっかりやがな。
二人:あはははははは。
松本:そればっかりやがな。
高須:いや、ほんまや。横から車ポーン来た時にコーンと当たったら、
松本:はははははは。
高須:やっぱ、頭カーン打つから、それだけはやっぱ危ないねん。
松本:はははははは。
高須:道路の公道でのそういうの。
松本:それ「だけ」は危ない。
高須:それだけはやっぱ危ないねん。そこだけ。
松本:工事現場で、あれ、メットしとるがな。
高須:…あれなんでや?
松本:うん。うん。
高須:あんなもん、だから、おかしいやんか。あれ、もう。あれ、だって、そういう、
松本:はははは、どっち側やねん。
二人:はははははは。
松本:メットおかしい側に回ってきとるがな。
高須:違う。あれは、
松本:うん。
高須:もう、あれはしょうがないんですよ。
松本:なんで?
高須:あれは、
松本:うん。
高須:もう、落ちてくる頻度が、やっぱり、はんぱやないから。
松本:はははははは。
高須:はははは、いろんなものが上から落ちてくる頻度が。
松本:ひ、頻度
二人:はははははは。
高須:はんぱやないんですよ、はははははは。上からね、「あっー!」っつっても、もう、
松本:はははははは。
高須:ただね、上から物落ちてきたら、あんなヘルメットじゃ、もう、済まんけどね。
松本:絶対無理なんですよね。あれ。
高須:あれー、
松本:あれ、何なんですか?
高須:気休めですよ。落ちても、
松本:はい。
高須:上から落ちて、はははは、ヘルメットなんて、
松本:ありえへん。
高須:そんなもんね、気休めなんですよ。
松本:あんなもんはね、あのー、なんや、責任回避だけ。
高須:ただ、まあ、ちょっ、
松本:何かに言われた時に、
高須:うん。
松本:「私はメットをつけろと言いました」みたいなね。
高須:ただ、ま、ボルトとかがね、上からポーンと落とした時に、
松本:うん。
高須:それぐらいやったら、ちょっと、カーンとね。
松本:まあ、まあ、まあ、まあね。
高須:うん。まあ、そら、
松本:うん。
高須:でっかいもん落ちてきたら、もう、そらもうアウトですからね。
松本:うん。いやー、メット。もうちょっとそこをねー、しっかりしてほしいなと思うんです。やっぱり。メットいる、いらんっていうのをね、もうちょっと明確にしないと。僕は危ないなって思うことがいっぱいありますね。
高須:そんな明確にせなあかんもの、たくさんあるよなあー。確かに。
松本:たくさんあるでしょう?
高須:うん。

◇関連トーク
「じゃあ、そろそろ高須さんの社会ネタをズッバリズバズバ切るコーナー」
2008.6.28放送 第352回松本人志の放送室 - 03_1:テレビ局の腹立つ駐車場 | その2 | 04:エンディング

「あるし、ない。」
2006.2.11放送 第228回松本人志の放送室 - 03:「あると言えばあるし」

← 第232回2006.3.11 - 08_3:ヘルメットいる?いらない?~「なんやろう?この話。全然おもろないけどおもろいな」 | → 第228回2006.3.11 - 09:「5.1チャン」ってなんやねん


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1180-a21b4831

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。