スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第343回松本人志の放送室 - 02_1:いしだあゆみの気持ちがわかる?!

ダウンタウン松本人志の放送室第343回:いしだあゆみの気持ちがわかる?! (16:30~)
高須:でもあの頃のショーケンって、すっごいかっこよかったからなあ。
松本:知ってる?でも、ショーケンのその本ね、
高須:うん。
松本:そういうのってどこまで言うてええかわからんけど、
高須:うん。
松本:俺、びっくりしてんけど、
高須:うん。
松本:あのう、いしだあゆみさんと結婚したでしょう?
高須:うん。
松本:あん時もう、ふわふわふわぁ~っとあれして、結婚、婚姻届ももう出しといてくれみたいな感じの、そんな結婚やってんて。
高須:うんうん。
松本:そんでなんや、わぁーってもめて別れたやんか。
高須:うん。
松本:離婚したでしょう?ほいでその何年後かに、あの人再婚したんですね。
高須:うん。した、した。
松本:で再婚した時に、そん時に婚姻届出す時に初めて気づいたらしいんやけど、
高須:うん。
松本:いしだあゆみ、出してなかってんって。
高須:はあ。すごいねー。
松本:婚姻届。
高須:なるほどね。ということは初婚や。
松本:結婚してないねん。
高須:うわっ!でもそん時に一応、婚姻届書いて、渡したことは渡してんねや。あの、いしだあゆみさんには。
松本:なんでやと思う、でも?意味がわからへんねん。
高須:いや、いしだあゆみさんも別にその気持ちだけでよかったんちゃうの、別に?だって向こうは出してると思ってるから、自分だけでええねんもん。
松本:でも「うちのだんな許してください」みたいなこと言うて、涙ながらに会見してたやん。
高須:あ、ほんまや。
松本:だんなちゃうやん。
高須:でも気持ちの上でのだんなやろう。
松本:いや、でも、、、
高須:精神、、、
松本:ほいで離婚するや、せえへんやみたいな、結構ドタバタ劇があったやん。
高須:あったなあ。あったねえ。
松本:いや離婚するもなにも。
高須:はははは。
松本:出してないやん。
高須:ほんまやね。ああそうなんや。
松本:なんでやと思う?でも俺それ、なんでかいまだに、いまだにって言うか、その時はへぇー思っててんけど、意味がわからへん。
高須:いや、俺はなんかわかるけどね。相手は結婚、だってそれは紙切れあるかないかなんて、心の中のものだけやんか。
松本:すごいな、自分。放送作家の、40過ぎのおっさんが、
高須:ああ。
松本:いしだあゆみの気持ち、わかるんや。
高須:わかりますよ!それはもう!
松本:あははははははははは!
高須:それはわかるでしょう。
松本:それがすごいわ。あはははは。
高須:なんでや?
松本:「俺はわかるけどな」って。ははははは。
高須:いや、俺はわかりますよ。全然わかりますよ。
松本:なんでなんで?なんでよ?

松本:女って特に、添い遂げたいというか、結ばれたいと思ってんちゃうの?
高須:芸能人やで、あぁた。
松本:くうー。
高須:何よりね、僕、
松本:じゃああの人の涙はなんやったんや?
高須:いやほんまに、だから別れる時はそれは悲しいやんか。いろんな思い出があるわけやから。別に、あのう、籍を入れてへんから、
松本:だんな、だんな言うてたで。
高須:それはだって、心の上ではだんなでしょう。向こうはそのつもりでおんねやから。
松本:わかるんや、いしだあゆみの気持ち。
高須:わかるねえ、俺は。
松本:あはははははははは!ブルーライトヨコハマの気持ち。
高須:ブルーライトヨコハマの気持ち、わかるねえ。
二人:ははははははは。

← 第343回2008.4.26 - 01:今週の曲とオープニング | → 第343回2008.4.26 - 02_2:いしだあゆみの気持ちがわかる?!


☆クローズアップ Amazon

■いしだあゆみさん「ブルーライトヨコハマ」
「北の国から」や「金妻」など多くの作品で名演技を見せるいしだあゆみさん。歌手としても活躍され、「ブルーライトヨコハマ」はその代表曲です。左は横浜にまつわる歌を集めたアルバム「横濱ノスタルジー」。もちろん「ブルーライトヨコハマ」も収録。他にもユーミン、クレイジーケンバンド、サザンの桑田さん作「恋人も濡れる街角」など、ハマの風が感じられそうな曲が揃っています!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/116-bc2568e1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。