スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第329回松本人志の放送室 - 07:ファイナルもファンタジーも

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:ファイナルもファンタジーも (23:15~)
高須:うーん。ひどいなあ。
松本:ええ。
高須:ああ、そんなひどい?
松本:ひどいでしょう?
高須:うわあー。これ。
松本:まあ、俺が一番やっぱ笑うたのはそこですけどね。
高須:はははははは。
松本:片言になってもうてんねんもん。
高須:いやあ。それも思い切ったなー。
松本:ははははは、思い切った、ははははは、
高須:思い切ったでー。そいつも。
松本:はははははは。
高須:基本、わかってんねんもん。
松本:はははは、
高須:安住、言うたったらええねん!「自分ベラベラやったやん、昨日!」っつって。
松本:はははははは。
高須:それ、なんで安住言わへんの(トン←机を叩く音?)。そこで。
松本:まあ、まあ、まあ、ね。安住自身の経験値は上がってないですから言えなかったんじゃない、
高須:もうー。安住の経験値、低すぎんねん。
二人:ははははははは。
高須:もっと経験値、上げとけよ!
松本:ははははははは。
高須:それ、その時に言わなどないすんねん。
二人:ははははははは。
高須:後で言うてどないすんねん。
二人:ははははははは。
松本:ま、僕もゲーム好きなんでね。わかりますよ。
高須:いやー。
松本:PSP盗られた。これも彼女にもうたやつやったりするしね。
高須:あー。
松本:ね。
高須:嫌やねえ。
松本:で、そんなんもわかるし。あと、そのゲームの、あのう、どんどん、ま、僕、あんまりロールプレイングしないですけど、
高須:うん。
松本:どんどんね、あれ、ああいうのって、
高須:そう。あれ大変なんですよ。
松本:大変でしょう?
高須:やっと、こっからが、
松本:うーん。
高須:溜めて溜めて、自分が強なって、
松本:そうやね。
高須:やっとファイナルを迎え、
松本:そうですよ。
高須:ファイナルのファイタジーを迎えようと、
松本:あははは、ファンタジーを、ははははは。
高須:する時に、はははは、それは辛いですよ!
松本:ファイナルもファンタジーも盗られとるから。
高須:うわ。もう、最悪や。もうー。
松本:あはははははは!
高須:何のために費やした時間かちゅう話ですよ。これ。
松本:腹立つやろう?!
高須:虚しいよ。その時間が。すべて。
松本:腹立つやろう?!
高須:その瞬間だけちゃうねん!(トン、トン←机を叩く音?)
松本:うん。
高須:始めた時からの時間が全部無駄やねん!
松本:うん。うん。うん。腹立つやろう?
高須:腹立つなあ。
二人:はははははは。
松本:腹立つねん。腹立つねん!
高須:うわあ。俺ね、あのね、例えば仕事で行ったとするやんか。
松本:うん。
高須:仕事でも嫌やで。
松本:うん。
高須:体疲れてるし。
松本:うん。
高須:でも、もうね、たまの休みで、
松本:うん。
高須:気持ちよく、こう、
松本:うん。
高須:リフレッシュしたいわけやん!こっちは。
松本:うん。
高須:だから、ちょっと贅沢して、
松本:うん。
高須:ここやったら大丈夫やろうって行ってるわけやもんな。
松本:うん。

◇関連トーク:今週は散々なグアムのホテルについて。安住さんのPSPが…、その時支配人は!?
第329回 - 05_6:怒りのグアムホテル~「ファイナルファンタジー」もない! | 05_7:怒りのグアムホテル~「ドウ、シマシタカ~?」

← 第329回2008.1.19 - 06:「プロの仕事にお金払いたいじゃないですか」 | → 第329回2008.1.19 - 08:「完全なるぺったんであ~る」


☆クローズアップ Amazon

■ファイナルファンタジー
松ちゃんのお正月のグアム旅行。宿泊したホテルでは、くわえ煙草の従業員に火を貸してくれと言われたり、昼寝中に突然スタッフが入ってきたり、外出先から戻ったらベッド脇に置いておいた松ちゃんのお金、そして後輩安住さんのPSPがなくなっていたりと散々な目に。左はPSPピアノ・ブラック(PSP-3000PB)。かっこいいなあ。FF以外にも遊びたいソフトがいっぱいです!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1106-cde4c430

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。