スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第329回松本人志の放送室 - 04_1:空港に押し寄せるワイドショーの非礼~「社会人としてどうなのかねえ」

ダウンタウン松本人志の放送室第329回:空港に押し寄せるワイドショーの非礼~「社会人としてどうなのかねえ」 (3:20~)
松本:いやあ、僕は、もう、でも、やっぱ怒ってますわ。今年もねー。やっぱり。
高須:なんや、聞きましたら、あのー、グアム行ってらっしゃったみたいな感じで。
松本:あー、グアム行きましたよ。
高須:あのー、正月のニュース観てますとね、
松本:ええ。ええ。
高須:ワイドショーとか。
松本:ええ。ええ。ええ。
高須:なんや、あのー、「松本さんどこ、どちら行かれるんですか?」言うたら、
松本:うん。
高須:「アジア3周。」
松本:はい。
高須:っていう、どかーん!というね、
松本:どかーん。
高須:お茶の間どかーん!っていう。
松本:そうですよね。いや、僕ねー、
高須:うん。ははははは。
松本:実はあれでも怒ってるんですよ。
高須:あれ?何ですか?それは。
松本:あのー、ちょっと、なんかね、
高須:うん。
松本:どうなんかなあ。
高須:ほう。
松本:今更言うことでもないですけど、
高須:ほう。ほう。ほう。
松本:あれってね、
高須:うん。
松本:みなさん、テレビ観てる人はどう思ってはるか知らんけども、
高須:うん。
松本:一切、あのう、挨拶もないんですよ。
高須:あ、
松本:わかります?「ちょっとこれ、回させていただいていいですかね?」みたいなんがね、
高須:ないねや。
松本:ないんですよ。もう、角曲がってきたら、もう、
高須:もう、おんねや。
松本:もう、うわあっー当たり前みたいにおるんですよ。
高須:あー。
松本:それってね、
高須:ほんまやねえ。
松本:あのう、社会人として、大人としてどうなのかねえと。
高須:なるほど。
松本:で、ここでも我々は何かリップサービス的なことをやらなあかんのかいと。
高須:オフやのに!
松本:まず、まず、おまえらは誰やねんと。
高須:うん。なるほど。
松本:どこの局で、何の番組かもわからない。
高須:なるほど。
松本:「こんな感じで取材させていただいていいですか?」っていう挨拶もない。
高須:なるほど。
松本:勝手に回して来て、「どちら行かれるんですか?!」って言われてね、
高須:あー。
松本:なかなかね、
高須:なるほど。
松本:気持ちよく受け答えはできないですよ。
高須:なるほど。いやあ、それはね、僕ら知りませんでした。なるほどね。
松本:あの、ある時もあるんですよ。
高須:うん。
松本:で、この間はまったくなかったですねー。
高須:あの「アジア3周」。
松本:で、あのー、ハワイなんかは、
高須:うん。
松本:降りてきたら、なんかADみたいな人が来て、
高須:うん。
松本:「ちょっとさしてもらっていいですか?」みたいなのがあったりすんねん。
高須:おー。
松本:ほいで、わりとみんな立ち止まって。
高須:なるほど。
松本:いや、それはこっちもね、できるだけの協力は、まあ、まあ、まあ、
高須:時間があったらね。
松本:まあ、まあ、持ちつ持たれつでもあるから、
高須:うん。
松本:やるじゃないですか。
高須:うん。
松本:それならいいんですけど、
高須:うん。
松本:なーんにもなくね、
高須:なるほど。
松本:ほいで、あの後とかですよ、あれで「え、誰?」「誰?」みたいになるわけですよ。
高須:うん。
松本:ほいで、「あ、松本や」「松本や」ってなるじゃないですか。
高須:あー。
松本:ほいで、もう、勝手にやって、なーんにもなく「はい、次!」ってなもんで。「ありがとうございました」も、なーんにもなく去って行くんですよ。
高須:ああ、そう。
松本:残された我々、写メール撮りっ放し、もう、バッババッバ撮られて。
高須:なるほどね。
松本:この状況、これ、何?って。
高須:ああ、それ嫌ですね。
松本:これ、どうしてくれんの?
高須:へえー。
松本:おまえらおれへんかったら、ばれんで済んだものを。
高須:うん。
松本:せめて、これで、ワアーって、ま、軽いパニックになってんのを、
高須:うん。
松本:おまえら、何か、
高須:してくれやと。
松本:してくれよと。
高須:なるほどね。
松本:これはね、僕ね、もう、あの、
高須:あ、
松本:吉本通じて言おう思ってるんですよ。
高須:ほんまやね。それは嫌ですね。
松本:これはひどいと。人として。
高須:ほんまやね。あ、それ知りませんでした。
松本:いや、ほんま、怒りたいよ。
高須:うん。うん。
松本:いや、その前におまえら誰やねん!と。
高須:うん。うん。うん。
松本:それ、また撮られるわけでしょう?
高須:うん。
松本:で、また悪意があったら、それ流されたりしたら、
高須:なら、「松本、またこれ、愛想悪い」みたいなね。これ。
松本:また、こっち損やから。
高須:「何かあったんか?!」みたいなね。
松本:そうなんですよ。
高須:「フライデーは怒ってる」みたいな。
松本:でも、はははは、
高須:はははは。
松本:でも、なんか気持ちよく、なんか、取材できへん。俺も気持ちよく取材させてほしいと。どうせなら。
高須:なるほど。
松本:わかります?僕、
高須:いや、わかりますよ。
松本:1ミリたりとも!間違ったこと言ってないでしょう?
高須:それ、よう言いますけども、ま、確かに間違ってませんね。
松本:ははははは。
高須:今、聞いてたら。
松本:いや、ほんまに。
高須:うん。
松本:もうね、なんかねー、、、
高須:せめて、「どこどこの誰々ですけども」って言うてほしいねえ。
松本:ある意味、これ、ギャラも何にも出てない、何にも頼んで、こっちにプラス何にもないけども、仕事じゃないですか。ほんまは仕事じゃないけどね。
高須:うーん。うん。うん。うん。
松本:ギャラも発生してへんし。
高須:うん。うん。
松本:でも、まあ、これ、言わば、仕事始めみたいなもんじゃないですか。
高須:まあ、そうですね。
松本:カメラに映るということで言えば、
高須:そうですね。
松本:初、
高須:うん。
松本:初登場ですよ。
高須:うん。うん。うん。うん。
松本:こんな、なんか、嫌な感じで、、、
高須:で、出るのもなあ。
松本:嫌やなあーと思ってね。

◇関連トーク:ワイドショーの対応について語る。
2007.9.22放送 第312回松本人志の放送室 - 04_1:朝青龍~「ハイジですやん」 | 04_2:朝青龍~気持ちの悪いワイドショー
2003.7.3放送 第92回松本人志の放送室 - 07:ワイドショーへの怒り

← 第329回2008.1.19 - 03:「いまだに現役」?! | → 第329回2008.1.19 - 04_2:空港に押し寄せるワイドショーの非礼~「ここまでして報道せなあかんことなのかい?」


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1096-3a2b8679

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。