スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第225回松本人志の放送室 - 04_5:駐車場にて~「なんや、このタイミング!」

ダウンタウン松本人志の放送室第225回:駐車場にて~「なんや、このタイミング!」 (14:40~)
松本:ほいで、ははははは、
高須:うん。
松本:とりあえず、
高須:うん。
松本:警察を呼んでくれと。
高須:まあ、そうか。
松本:もう、それしかないもん。
高須:そうか。知り合いの電話番号もわかれへんもんな。覚えてないもんな。もう。
松本:覚えてない。覚えてない。
高須:吉本もわかれへんし。
松本:そいで、「すいません」言うて、その女の人の携帯、
高須:110番?
松本:「携帯お持ちですか?」って言うて。
高須:うん。
松本:もう、しゃあないやん。
高須:よう110番なんか。鬱陶しいでー。年末で、なんかそんな。
松本:「はい、わかりました」って。まあ、いい人でね、
高須:うーん。
松本:やってくれたんですよ。
高須:うーん。
松本:でも、その、その女の人も、
高須:うん。
松本:その警察に「どうしました?」って言われた時に、
二人:なんて、
松本:説明していいか、
高須:そうやんなー。
松本:あの人も困ったと思うねん。
高須:うん。
松本:「男性が、」
高須:うん。
松本:「駐車場で、」
高須:「閉じ込められた」。
松本:「閉じ込められてまして」。「えー?!」みたいな。
高須:いやあ、そら、もう、
松本:向こうにしたら、ようわからんじゃないですか。
高須:かなり危ない、何か事件かもしれへんと思うね。
松本:あ、そう。「ま、男性って言っても、あのう、あのう、」
高須:「有名な方なんです。」
松本:「知ってる人なんですけど」。
高須:うん。
松本:その「知ってる人」もようわからんな、みたいな感じになるでしょう?
高須:なる。なる。
松本:「とにかく来て下さい」言うて。
高須:うん。もう、鬱陶しいわー。
松本:ほいで、また、これ、警察が暇やったんかなんか知らんけど、
高須:うん。
松本:5人ぐらい来やがって。
高須:うん。はははは。ええやんか。
松本:ほいで、「何してんの?!」
高須:うん。自分ってわかってんねや。松本ってわかってんねや。
松本:そう。
高須:うん。うん。さすが。
松本:「どう、どっから入ったの?!」
高須:いや、説明や。
松本:いや、どっから、ははははは、入った、
高須:はははは、また説明や。
松本:また、「いや、中にもう1個ね、」
高須:うん。うん。
松本:「これ、こっから見たらわからないでしょうけど、」
高須:うん。うん。
松本:「奥にもう1個ドアがあって、」
高須:うん。うん。
松本:「で、ここ、僕、住んでるんですけど」って、
高須:うん。うん。
松本:また、それを何っ回も説明して。
高須:全部言うて。して。
松本:ほいで、結局、警察がね、
高須:うん。
松本:あのー、表まで行って。表の玄関のほうから行って、
高須:はい。はい。
松本:あの、インターホンで、
高須:うん。
松本:全階の他の部屋も全部押してもうて。
高須:迷惑やわー。
松本:そうやねん。それが意外と出えへんかってん。誰も。
高須:いや、年末やし、なんかこんな時間に鬱陶しいわと思うから、もう、出たないねんて。
松本:そうやねん。で、やっとつかまった3階の人が、
高須:うん。
松本:「あ、わかりました」言うて、
高須:ええ人やないの。もうー。
松本:もう、くっそさぶいのに降りてきてもうて。
高須:いや、ほんま、何か持ってった?
松本:いや、ほんまやで。
高須:いや、俺が言うとんねや、それを!ははははは。あんたや。
松本:ほいで、やっとね、その、もう、ほんまもう、ごっつ腹立ってんけど!
高須:うん。
松本:3階のおっさんが降りてきて、
高須:うん。
松本:中からガチャッて開けた時に、
高須:うん。
松本:車で帰ってきたやつがおんねん!♪フィーフィーフィーフィーって、
高須:はははははは。
松本:シャッターをオープ~ン!や。
高須:あははははは!
松本:もうー、
高須:「わしゃ、何しとったんや!」
松本:「なんや、このタイミング!」っていうね。
高須:ひどいなー。

◇関連記事:この名トークの「ガキ」&「すべらない話」バージョンはこちら!
2008.9.24 - 「人志松本のすべらない話 ザ・ゴールデン」リリース!
「ガキの使い」DVDが300万枚達成!~第13巻情報 

← 第225回2006.1.21 - 04_4:駐車場にて~「すいませーん…」 | → 第225回2006.1.21 - 04_6:「ちょっとした『八甲田山』やったわ」


☆クローズアップ Amazon

■松ちゃんの駐車場閉じ込め事件
この後もトークはまだまだ続きます。たかすちゃんが「やったげて」と言った「ガキ」バージョンは左の「第13弾・爆笑革命伝!傑作トーク集」に収録!浜ちゃんと交わす「バイ~ン」は必見です!このDVDには、放送室で大爆笑しながらトークされ、「すべらない話」でも披露された「山ちゃんの奇病「『三輪さんになる』真剣に言うねんで!」)」も。トークだけでもなんと36本のボリュームです!

そして特典には名企画「松本人志挑戦シリーズ」の全記録!こちらも黒子に扮する浜ちゃんたち4人と、楽屋に引き戻る松ちゃんのやりとりが最高★5年間の歴史、たっぷり2時間のボリューム版です。さすが「ガキ」DVDトータル出荷枚数300万枚突破の記念盤。ダウンタウンの実力に改めて大笑いできるお得な2枚組です!
もっと詳しく見る


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1069-c4d132d9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。