スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第223回松本人志の放送室 - 16:「まだ寒いねん」

ダウンタウン松本人志の放送室第223回:「まだ寒いねん」 (38:45~)
松本:ほいでね、まあ、ちょっと話ずれますけどね、
高須:うん。
松本:ちょっと前も「DX」でね、
高須:うん。
松本:あのー、男対女のなんか、こう、バトルトークみたいのあるでしょう?
高須:やりました。はい。はい。はい。やりました。うん。
松本:なら、女がさ、
高須:うん。
松本:女側がさ、
高須:うん。
松本:男は風俗行くのは許せないみたいになるじゃないですか。
高須:うん。「許せない」、なる。
松本:見事にみんな黙るでしょう?男側。
高須:うん。これは、もう、ここは松ちゃん行かなしゃあないがな。
松本:もう、ほんま、もう、僕、ああいうのがね、もう、嫌なんですよ。
高須:「よし、行くぞ」と。
松本:みんな、もうね、もう、もう、自分、
高須:かわいいから。
松本:自分かわいいから。
高須:うん。
松本:そこで反論したら、「あんた行ってんのかい」ってなりたないもんやからさ、
高須:うん。もんやから。イメージもあるし。
松本:もう、みんな、もう、それになったらもう、もう、ほんま、何にも言えへんなるやろう?!
高須:うん。たじたじなってもうてね。これは、松本人志は、もう、前出て行って。
松本:もうー、、、俺が言わなしゃあないやん。
高須:うん。
松本:俺かって、別にそんな言うほど行ってへんで。最近。
高須:最近やろう?
松本:いや、行ってへんし、あの、「いや、おまえ独身やからええがな」って思うてるか知らんけど、ほんまのこと言うたら、これ関係ないからね。別に。
高須:ほんまや。
松本:やろう?
高須:うん。まあね。
松本:俺、そんなんもやるやん。
高須:だから誉めてるがな。出足、あんだけ誉めたがな!俺。
松本:まだ足りひんねん。
高須:まだ誉めてほしいんかい。
松本:まだ寒いねん。
高須:えっー!?
松本:まだ、もっともっとミミズを入れてほしいねん。
高須:あははははは。
松本:口を開けとくから。
高須:ミミズでええんかい。
二人:はははははは。はははははは。
松本:ミミズ、ほんまにミミズ入れてどうすんねん!
高須:ミミズほしいんかい。
松本:報酬の例えやがな。そんなもん!
高須:ははははは、誰でもわかっとるわ。そんなん。ははははは。
松本:まだまだピーピー言わしてほしいねん。残りこれもう、あと何分あるか知らんけど、もう、
高須:うん。
松本:ずっとピーピー言うてるから、
高須:早よ、
松本:バンバン、
高須:早よ、もう、ミミズ入れてほしいねや。
松本:バンバン、ミミズを。
高須:次なるミミズを。活きのええミミズを。
松本:活きのええミミズをバンバン入れてほしいねん。横のやつが鳴いてても、横のやつは無視してええわ。
高須:うん。
松本:俺だけに入れてほしいねん。
高須:うん。何やの?それー。
松本:もう、落ちひんようにしといてほしいし。
高須:落ちひんよ。大丈夫や。
松本:鷹から守ってほしいし。
高須:あははは、それも大丈夫。
二人:ははははははは。
高須:腹立つわ。楽しそうやから腹立つわ、それ。
二人:はははははははは。

◇関連トーク:今週は「芸人は、もうナイーブやねんから。もう」
第223回松本人志の放送室 - 12:「温めてあげて!」

← 第223回2006.1.7 - 15:ボケは大変~「絶対にカットしてほしくないねん」 | → 第223回2006.1.7 - 17:ヘイポーさんとインフルエンザ


まだまだなもので。。。よろしければ(ペコリ☆)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fmhososhitsu.blog25.fc2.com/tb.php/1051-562958a7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。